錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭マドリードオープン2016結果速報!ガスケに初勝利でベスト8進出!

スポンサードリンク

  

苦手ガスケに初勝利でベスト8!

  

先程、マドリードオープン2016の3回戦が行われ、

 

第6シードの錦織圭が、第10シードのリシャール・ガスケ(フランス)を、

 

6-4、7-5のストレートで初めて破り、4年連続ベスト8進出を決めました!

 

おめでとうございます!

 

やった~!!

  

錦織圭はとうとう天敵ガスケを破り、初勝利を挙げました!

 

良かったですね~。

 

本当にようやく勝ててホッとしましたよ。

 

しかし錦織は、BIG4の選手にだって最低でも1度は勝っているというのに、

 

なぜ格下のガスケに1度も勝てないのかと、ずっと不思議に思っていたんですよね。

 

それがようやく、このマドリードの地で、クレーコートで勝てたというのは、

 

本当に大きいことだと思います。

 

さて、今日は頭にバンダナを巻いた出で立ちで登場した錦織圭

 

バンダナを巻いているせいか、見た目から、絶対今日は勝ってやる!

 

という強い決意が感じられましたし、表情もいつもに比べて気合いが

 

入っているのを感じました。

 

過去6戦全敗の苦手ガスケにどこまで迫れるのか、いや迫るのではなく、

 

勝つためにどうしたらいいのかを、昨日フォニーニに勝った直後から、

 

ずっと考えていたのではないでしょうか。

 

特に、昨日のフォニーニ戦での勝利は、相手の凡ミスに救われて

 

勝てたようなところもありましたから、

 

そういう意味でも、余計に気合いが入ってたように感じます。

 

試合については、最後ヒヤヒヤする場面もありましたし、

 

錦織の快勝と表現する程の内容ではなかったにせよ、

 

苦手ガスケに、ストレートで勝てたのは大きいですし、

 

今日はかなり攻めていたと思います。

  

ガスケに勝てた要因は?

 

昨日フォニーニに勝った直後から、当然ですが、ガスケ対策は練られていたと思いますし、

 

試合前も、ボッティーニコーチの見守る中、ガスケ対策のための練習は

 

しっかりとしていたようですからね。

 

(ちなみにマイケルチャンコーチは、今回のマドリードには帯同していないようですね。)

 

ガスケとは、昨年11月に行われた、BNPパリバマスターズ以来の対戦でした。

   

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

   

昨年はいいところまでいくも、左脇腹痛のため途中棄権してしまったんですよね。

 

ただ、体調が万全だったら勝てた可能性は十分あったと思う試合内容だっただけに、

 

すごく残念だったのですが、今回それ以来の対戦ということで、

 

今回は体調も万全ですし、初めてのクレーコートでの対戦ということで、

 

強くなって戻ってきた錦織も、今回かなり自信を持って、気合いを入れて

 

試合に臨んだことと思います。

 

錦織自身も試合前インタビューで、こんなことを言っていました。

「いつも何かがうまく働かない。少し作戦を変えて臨みたい」

ボッティーニコーチと共に、かなり戦略を練ったことが奏功したようですね。

 

とにかく今日は攻めていたと思います。

  

まず、第1セットも昨日と同じように、第1ゲームからブレークに成功し、

 

幸先良いスタートを切っていましたよね。

 

第6ゲームでブレークはされましたが、直後の第7ゲームでブレークバックをし、

 

その後は落ち着いてセットを取っていましたから、今日は勝てるなと確信しました。

 

ただ、昨日も第1セットは2ゲームアップで圧勝だったのに、

 

第2セットで大苦戦しましたから、油断はできないですよね。

 

ましてや相手は天敵ガスケですから!

 

と思い、私も気合いの正座で観戦してました。(^_^;)

 

ただ、第2セットに入っても今日の錦織は落ち着いていました。

 

第3ゲームでブレークをして、その後はお互いキープ合戦でしたが、

 

これで難なく勝てると思った第10ゲーム!

 

Serving for the matchの錦織のサービスゲームで、

 

錦織の凡ミスと驚異のガスケの粘りで、

 

ここにきてブレークを許してしまうという展開に!

 

おいおいお~い!

  

言葉は違えど、こんな風についテレビの錦織に叫んでしまった人は私だけではないはず。

 

最後に決めきれないって、何やってんだよ~って感じですよね。

 

でも今回は、今までの錦織ではありませんでした。

 

直後の第11ゲームで、すぐさまブレークバックをし、

 

最後の第12ゲームでしっかりキープして、ようやくガスケに勝てたという内容でした。

 

本当に錦織って、ある意味面白い?!試合にしてくれる選手ですよね。

 

とにかく勝てて本当に良かったです。(^_^;)

 

ファーストサーブはどうだった?

  

いつものように錦織のファーストサーブをどうだったか検証してみましょう。

  

今日の試合は、ファーストサーブも割と良かった印象でしたね。

 

実際スタッツを見ると、65%ということで、昨日と同様に好調をキープしています。

 

特にファーストサーブの獲得ポイントが良かったですよね。

 

とにかく、苦手ガスケに勝ったことで、錦織自身も

 

大きな安堵感を今、感じているのではないでしょうか。

 

ただ、個人的な見解ですが、ガスケという選手は、やはり錦織が苦手としていただけあって、

 

世界ランキング的には格下ですが、センスの良さをすごく感じますし、やっぱり上手いですよね。

 

動きも早く、ストロークがいいですし、今回は錦織が勝ちましたが、

 

サーフェスが変わると、また勝てない時が来るかもしれません。

 

決して侮れない選手だなと思いました。

 

錦織の試合後のコメントとは

  

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「(後方に)下がってラリーをしても負けるので、中に入ってどんどん打っていけた。

試合前には少し苦手意識が出ていたが、払拭(ふっしょく)できた。

 自分が強くなっているのを感じることができた。

 勝ったことのない選手に勝てたのはうれしい」

 

3度目の正直ならぬ、7度目の正直というのもアレですが、

 

それでも、自他共に苦手と思っていた相手に勝てたのは、

 

今後の自信に繋がりそうですよね。

 

錦織はまだまだ、どんどん強くなっていますよ!

「中に入ってどんどん打っていけたのが良かった。

相手に時間を与えないことが一つのテーマだった」

 

やはり、今回の勝利の要因には、素早い攻撃がテーマだったのですね。

 

その戦略が奏功して良かったですね。

 

準々決勝の相手と試合日時は?

  

さて、準決勝の対戦相手ですが、現在行われている、

 

N・キリオス(オーストラリア)と、P・クエバス(ウルグアイ)の勝者

 

と対戦予定です。

 

試合日時は、日本時間5月6日(金)夜ということは決まっていますが、

 

詳細の時間はまだ発表されていません。

 

わかり次第追記します。

 

追記:たった今、錦織の準々決勝の相手が決まりました。

 

世界ランキング21位のニック・キリオス(オーストラリア)です。

 

時間の詳細はわかり次第追記しますね。

 

追記:時間の詳細も決定しました。

 

錦織の準々決勝は、

 

本日5月6日(金)21時30分頃から試合開始予定です。

 

 最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

 

スポンサードリンク