錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭全仏オープン2016試合直前インタビュー!初戦はボレリに決定!

スポンサードリンク

n5

全仏オープン2016開幕!

 

いよいよ待ちに待った全仏オープン2016が、22日の日曜日より開幕します。

今シーズンの錦織圭は、ここまで大きなケガもなく、棄権敗退もまだ一度もない状態で、

この全仏に挑めるということは、とても素晴らしいことですし、

最低限体力面で不安がないということが、応援する我々としても、

まずは大きな安心材料になりますよね。

昨年の全仏では、自身初のベスト8まで行きましたが、

フルセットの末、惜しくもツォンガに敗けてしまいました。

そして、今年の全仏ではどうなるのかというところが、最大の見どころになるわけですが、

クレーシーズンに入り、3大会すべてでベスト4以上という成績を挙げている錦織圭

特にジョコビッチとは、2週連続マスターズの準決勝で対戦し、

攻略まで、あともう一歩というところまで追い込んできているという、

非常に良い状態をキープしていますよね。

そういったことから、今回かなり期待を裏切らない展開まで、

頑張ってくれるのではないかと思っています。

 

大会直前インタビューで錦織が語ったこととは?

n7

さて今日、錦織が全仏前ということで、記者会見を開き、

現在の心境や状態について、インタビューに応じたとの情報が入ってきました。

錦織のインタビューですが、以下にまとめてみました。

 

今シーズンについて

「これまでで、一番充実したシーズン」

「テニスの内容が昨年、一昨年よりすごく良くなった。

大事な試合に競り勝つことが増え、成長を感じる」

安定感が増した理由について

「この数年、強くなるためにすべきことを何となく理解し始めた。

私生活、食事、トレーニングで、昔はしなかった小さいことを意識している。

小まめにストレッチしたり、ランニングでも何でも手を抜かなかったり、

球が重くなった」

全仏で目指すのは4強以上

「(球足の遅い)クレーでの5セットマッチは四大大会で最も体力が必要になる。

精神的にもタフにならないといけないが、去年は自己最高の成績を残せたし、

今は赤土でも、得意のハードと変わらないほどいいプレーができている」

現在の調子について

「精神的にも体力的にも疲れがたまっていたが、だいぶ戻ってきた。

練習も軽めにこの数日間はやって。

昨日ぐらいからしっかり2回、練習して。

体調面は問題ない。

テニスもまたいいリズムで来ている。

準備はできている」

イタリア国際で痛めた股関節の状態について

「心配な部分があったが、大丈夫そうなので」

1回戦の相手がボレリということについて

「芝より(赤土は)はるかに自分の時間を持ってプレーできる。

自分のテニスが出来ると思う。

しっかり作戦会議をして1回戦に臨みたい。」

テニスがここまで安定している要因について

「クレーでサーブの入りが良かったり、

ストロークアンフォーストエラーが徐々に減ってきている。

その中でも攻撃的にプレーできたり、自分の思い描いているプレーは出来てきている。」

今季のクレー3大会で、すべてベスト4以上の成績について

「例年以上にクレーで出来が良かった。

自然といい形でここに入れた」

 

n4

錦織圭の初戦の相手はボレリに決定!

 

⇒全仏オープン2016ドロー発表

今大会、第5シードで迎える錦織圭

初戦の対戦相手は、世界ランク116位の、

シモーネ・ボレリ(イタリア)に決定したとのこと。

追記:試合時間が決定しました。

錦織の初戦は、開幕日22日の20時以降に試合開始予定です。

ボレリとは、過去2戦2勝と、いずれもウィンブルドンでの対戦ということで、

錦織が勝ってきている相手ではあるのですが、いつも5セットまでもつれる

激戦の上の勝利ということで、かなり厄介で気が抜けない相手なのです。

初戦ということで、多少の緊張感もあるかもしれませんが、

まぁそれでも、ここまでの錦織の試合を観る限りでは、全く問題ないでしょう。

また、このまま順調に勝ち進んでいくと、4回戦でキリオスかガスケと対戦が濃厚で、

そこに勝つと、準々決勝でマレーとの対戦。

そして、マレーに勝てたら、恐らくワウリンカとの対戦で、

勝てれば最後は、ジョコビッチと今季5回目の決戦なるかというドローになります。

そう考えると、決して楽なドローではないのですが、

いずれにしても、クレーコートを完全に自分のものにしつつある錦織が、

昨年の雪辱を果たし、ベスト4以上、できれば優勝をするためには、

今大会何ができるか?

どんな戦略で、どう戦うのかよいのか?

そこが注目ポイントであり、毎試合の観戦が非常に楽しみだなと思っています。

とにかく集中して、この全仏オープン初制覇に向けて頑張って欲しいですね。

n1

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

スポンサードリンク