錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭ゲリーウェバーオープン2016結果速報!逆転で初戦突破!2回戦の相手は?

スポンサードリンク

n9

逆転で初戦突破!

  

先程行われた、ゲリーウェバーオープン2016の1回戦。

 

第2シードで世界ランク6位の錦織が、

 

世界ランク29位のリュカ・プイユ(フランス)を、

 

6-7、6-1、6-4で逆転で破り、

 

グラス(芝)コートのシーズン初戦を突破しました。

 

まずは、おめでとうございます。

  

全仏から約2週間経ち、休養やトレーニングなど、

 

また新たなサーフェスに切り替える調整をして、グラスコートシーズンに

 

挑んできたのだと思います。

 

ウィンブルドンの前哨戦と言われるこのゲリーウェバーオープンで、

 

昨年とは違う錦織圭が観たいという思いと、

 

今日はグラスコートの初戦ということで、

 

どんな戦いを魅せてくれるのかという期待感を思って、

 

今日は久々、テレビの前を陣取って観戦していました。

 

全仏でも雨による中断や延期など、最後まで悩まされた天候でしたが、

 

ここドイツ・ハレでも、今日はあいにくのお天気でしたね。

 

試合開始直前でも雨模様で、またサスペンデッドになるのかと心配していましたが、

 

今日は屋根があるセンターコートだったので、助かりました。

 

とりあえず試合が出来て良かったです。

 

それにしても今日は、第1セットがタイブレークまでもつれ、

 

惜しくもセットを落としてしまった時には、一瞬、

 

初戦敗退の文字が脳裏をかすめました。

 

しかし、そこはやはり世界6位の錦織圭ですよ。

 

そう簡単には敗けません!

 

(たまに簡単に敗ける時もありますが・・・)

 

まぁ初戦ということでの緊張感だったり、グラスコートのサーフェスに慣れる準備のための

 

第1セットだったのでしょう。

 

その後の2セットは、いつもの錦織の攻撃的プレーで、

 

内容もかなり良かったと思います。

 

まぁ初戦ですし、1年ぶりの芝コートに慣れるため、ある意味手探りといいますか、

 

そんな感じもあったのではないでしょうか。

 

22歳のプイユは、若手の中でも成長著しい選手ですし、

 

中々手強かったですよね。

 

第1セットのタイブレークでも、勝てると思ってたところに、

 

あれよあれよと挽回され、結局セットを落としてしまったのは、

 

かなりもったいなかったなと思いました。

 

でもまぁ、タイブレークの場合はしょうがないですよね。

 

でもだからといって、敗ける気はしませんでした

 

第2セット以降には、必ずブレークチャンスは来るだろうと思っていましたし、

 

錦織が絶対ギアを上げてくると思ってましたからね。

 

案の定、第2セットは圧巻のプレーだったと思います。

 

ただその喜びもつかの間、第2セット終了後に、

 

メディカルトレーナーを呼ぶという事態に。

 

えーっ!!まさかのまたケガ???

  

錦織の身体に異変?

n8

 

シーズンも中盤にさしかかってくると、蓄積疲労だったり、

 

ケガなどが起こりやすくなってくるんですよね。

 

だからこそ錦織は、シーズン中でもトレーニングを欠かさず、

 

行っていると言っていました。

 

ただ、そんなトレーニングやメンテナンスをしても、

 

やはりケガは避けては通れない部分もありますよね。

 

圧巻のプレーで6-1と第2セットを取った直後、トレーナーを呼び、

 

左脇腹辺りを指さし、何やら深刻な話をしていました。

 

その後メディカルタイムアウトを取り、その患部をクリームを塗ってもらいながら、

 

錦織は横たわってマッサージされていたわけですが、

 

n10

  

またこの時期にケガ?!

  

実際、本当にケガをしたのかどうなのかですよね。

 

結局第3セットに入り、フォアを打つときに若干の痛みがあるのか、

 

少し手で押さえたりする場面も見受けられ、心配しましたが、

 

途中から立ち直り、第3セットも危なげなくセットを奪って、

 

見事、初戦突破を果たしたわけです。

 

とりあえず、中断することなく最後まで試合が終えられて、正直ホッとしました。

 

というのも、昨年もこの大会で、左足ふくらはぎの痛みのため、

 

準決勝で棄権敗退してしまい、その後のウィンブルドンでもそのケガが影響し、

 

2回戦で棄権敗退してしまいましたからね。

 

とにかく、大したことないことを祈りたいと思います。 

 

試合の振り返り

n7

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

n2

 

まずは、第1セット。

 

今日の試合は、日本時間の19時からの試合開始予定でしたが、

 

開始直前に雨が強く降り出し、屋根を閉じたり、芝のメンテナンスのため、

 

約1時間近く延期され、20時前くらいにようやく試合が開始されました。

 

まぁ試合途中よりは、試合開始前だったので、まだ良かったかなと思います。

 

それでも、錦織にとっては、大事な芝コートでの初戦ですし、

 

緊張感はそれなりにあったと思います。

 

だからか、第2ゲームで、自身のサービスゲームをいきなりブレークされ、

 

0-3になった時には、ヒヤッとし、どうなるかなと思いました。

 

でもその後、錦織もブレークバック含む3ゲーム連取をし、

 

お互いキープ合戦で、タイブレークまでもつれたわけです。

 

まぁタイブレークも惜しかったですが、しょうがないですね。

 

第1セットは、プイユの粘り勝ちということになりました。

  

第2セットに入り、もうこのセットは落とせないぞ!

 

という錦織の気合いが伝わってきましたね。

 

第4ゲームのプイユのサービスゲーム以外のゲームを、一気に連取し、

 

6-1という圧巻のプレーで第2セットをものにします。

 

渾身の力を振り絞ってのサーブ、そして、ウィナーもバンバン決まっていましたね。

 

そして、第3セットに入る前に、メディカルタイムアウトで、

 

脇腹のマッサージをされる事態に。

 

なんとか事なきを得て、第3セットへ。

 

n4

 

続く第3セット。

 

フォアの時など、脇腹を手で押さえるような場面もありながら、

 

なんとか調子を取り戻し、ショットやウィナーが決まります。

 

第6ゲームまでは、お互いのサービスゲームをキープし合いますが、

 

第7ゲームで錦織がようやくブレークに成功し、勝負あり。

 

結果、6-4でこのセットを取り、逆転で2回戦進出を果たしたわけです。

 

途中のメディカルタイムアウトの時は、本当にどうなるのか心配でしたが、

 

なんとか勝って、初戦を終えられて良かったと思います。

 

ファーストサーブはどうだった?

  

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n6

 

詳細なスタッツを見ると、3セット平均で66ということで、

 

この数字は中々良かったと思います。

 

特に今回の試合では、あまりミスが少なかったのと、

 

ウィナーも決まってましたし、ショットも安定していましたよね。

 

錦織は、本当にどのサーフェスでもアジャストできる器用な選手だなと思います。

 

ハードでもクレーでも、そしてこのグラスでも、自分の感覚に慣れれば、

 

どんどん難しいショットも積極的に打っていきますからね。

 

そこがまた錦織の素晴らしいところでもあると思います。

 

全体的には、ファーストサーブが安定していたので、

 

良かったですよね。

 

この調子で次戦からも、頑張って欲しいと思います。

 

n5

錦織の試合後のコメント

  

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「(試合開始が遅れ)簡単ではなかったが、勝ててよかった。

(自分にとっては)ここから芝のシーズンを迎える。

2回戦に向けて集中したい」

 

やはりどうしてもシーズン中盤になれば、疲れは出ますよね。

 

大事に至らなければいいのですが、どうでしょうか。

 

ただウィンブルドンも控えていますから、無理は禁物ですし、

 

次戦まで中2日ありますから、うまく調整して欲しいのですが、

 

今大会、錦織はダブルスにもエントリーしています。

 

どうするのでしょうか。

 

大事をとるなら、ダブルスは棄権がいいと思いますけどね~。

 

なんとか少しでも体を休めて欲しいなと思います。

  

次戦(2回戦)の対戦相手と試合日時は?

  

錦織の次戦(2回戦)の対戦相手ですが、まだ決まっていません。

 

ブライアン・ベーカー(アメリカ)と、フロリアン・マイヤー(ドイツ)の

 

勝者と対戦予定です。

 

2回戦の試合日時は、中2日空いて、

 

恐らく日本時間の6/16(木)の夜になると思います。

 

時間の詳細が決まったら、また追記しますね。

 

追記:2回戦の対戦相手が決定しました。

 

世界ランク192位のフロリアン・マイヤー(ドイツ)と対戦予定です。

 

 

 

マイヤーはドイツ人ですから、地元の選手ですし、

 

芝コートを得意としているということで、世界ランク192位でも、

 

決して侮れない選手だと思います。

 

錦織の左脇腹の状態も気になりますが、上手く調整してもらえたらなと思います。

 

追記:試合日時が決定しました。

 

6/15(水)21時より試合開始予定です。

 

また、ダブルスの試合は、6/15(水)22時からの予定です。

 

シングルスが終わって、すぐのダブルスですが、体調などは大丈夫なのでしょうか。

 

とりあえず、応援するしかないですね。

 

やるからには、頑張ってもらいたいと思います。

 

錦織の2回戦をBS朝日が21時より生放送決定!!

  

錦織圭は、左脇腹痛が回復せず、

 

棄権敗退となりました!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

 

スポンサードリンク