錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭ウィンブルドン2016大会展望!左脇腹の痛みは?初のベスト8以上は可能か?

スポンサードリンク

n

ウィンブルドン(全英オープン)2016開幕!

  

日本では梅雨シーズン真っ盛りの6月のこの時期、

 

ATPツアーも中盤のグラス(芝)コートシーズンに入り、

 

まさに熱戦が繰り広げられている中、

 

いよいよグランドスラムの雄である、

 

ウィンブルドン(全英オープン)が来週から開幕します。

 

会場は、イギリス・ウィンブルドン。

 

テニスファンであれば誰もが憧れるこの地、ウィンブルドンですが、

 

言わずと知れた、テニス界で最も歴史のある大会になります。

 

そして当然ながら、テニスプレーヤーであれば、

 

このウィンブルドンでプレーすることはもちろんのこと、

 

この伝統ある大会での優勝というのが、

 

誰もが夢見る最大の目標になっているのではないでしょうか。

 

そして、今年もこのウィンブルドンで、数々のドラマが生まれることでしょう。

 

そしてそのドラマに、我らが錦織圭には、メインキャストとして、

 

今年は是非ともたくさん出演して欲しいと願っているのですが、果たして・・・。 

 

今年も一軒家を借りた?

  

実はウィンブルドンは、試合会場から選手が泊まるホテルまで、

 

けっこう距離があるのですが、全仏の時のように、試合中、雨などによる途中中断などを

 

余儀なくされるケースというのも、けっこうあるのが、このウィンブルドンなんですよね。

 

というのも、この時期のウィンブルドンは、雨季ということで、

 

雨が非常に多いようなのです。

 

トップ選手になってくると、試合会場近辺に一軒家を借りて、リラックスしたり、

 

そこで寝泊りをしているとのこと。

 

一軒家だからか、ホテルよりもくつろげるからという理由で、

 

選手には人気なんだとか。

 

確かに試合会場や練習会場まで近いところに住めるというのは、

 

時間の節約にもなりますし、

 

そこがホテルよりもくつろげる空間であれば、尚更いいですよね。

 

錦織も昨年から一軒家を借りて、お母さんにご飯など作ってもらっていたようなんですね。

 

今年は、噂の彼女も帯同しているのでしょうから、

 

昨年と同じ環境ではなく、その彼女の手料理ということにもなるのでしょうか。 

 

錦織の左脇腹痛の状態は?

n1

 

先週まで行われていた、いわゆるウィンブルドン前哨戦の、

 

ATP500ゲリーウェバーオープン。

 

錦織は初戦で左脇腹を痛め、大事を取り、2回戦の開始前に棄権敗退をしました。

 

錦織は試合後の会見で、ウィンブルドンまでには間に合うと言っていましたね。

 

確かにウィンブルドン本戦まで、その時点から2週間ありましたから、

 

休養とリハビリに努めれば、なんとかギリギリ間に合うという計算だった

 

のかも知れませんが、それでも一度脇腹を痛めると、癖になるとも言われている部位。

 

正直慎重な調整が必要かとも思います。

 

現在の状態はどうなのでしょうか。

 

錦織の公式アプリによると、順調に回復しているようで、

 

練習動画がアップされていました。

  

既にウィンブルドン入りし、ダンテ・ボッティーニコーチと練習しているようですので、

 

左脇腹の状態も、随分良くなっているのでしょうね。

 

正直ホッとしました。

 

ただ、老婆心ながら思うこととしては、仮に治ったとしても、芝コートの特性上、

 

球足も速い上に滑りやすく、またいつ再発するとも限りません。

 

できるだけ最善の準備と調整をして、ウィンブルドンに臨んで欲しいなと思います。 

 

未知数の全英オープン初のベスト8以上なるか?

 

昨年の錦織の全英オープンの成績は、2回戦棄権敗退でした。

  

昨年は、やはりゲリーウェバーオープンで左脚ふくらはぎを痛めた傷が回復せず、

 

無念の棄権を余儀なくされたんですよね。

 

敗けるのも当然辛いですが、ケガなどで棄権というのが、

 

本人としても、一番辛く悔しい選択だと思います。

 

そして今年、2016年の全英オープン。

 

錦織のウィンブルドンの最高位は、一昨年の4回戦進出ということで、

 

グランドスラムの大会で唯一、この全英オープンだけ、

 

まだベスト8まで進出したことがないんですよね。

 

ちなみに日本人の全英オープン最高位は、松岡修造氏が持つベスト8なので、

 

今年は是非とも、ベスト8以上の成績を期待したいですね。

 

もちろん最大の目標は全英オープン優勝ですから、

 

ベスト8とは言わず、優勝してもらってもいいのですよ。(^_^;)

 

実際ケガさえなければ、錦織はこの芝のサーフェスにもアジャストできる

 

オールラウンダータイプの選手ですから、

 

ドローの運と、他の選手の状態次第では、もちろん優勝も夢ではないと思います。

 

とにかく今年は、最低でも初のベスト8以上を期待したいですね。 

 

ウィンブルドンの優勝賞金が3億円!

n

 

ウィンブルドンの賞金が発表になり、今年は昨年より5%増になったとのこと。

 

全豪や全仏もそうですが、グランドスラムの賞金が年々増えてきてますよね。

 

それは、会場に足を運ぶお客さんの数だけでなく、スポンサーやチケット代金、

 

テレビ放映権などが影響しているのでしょうか。

 

確かにウィンブルドンなどは、一番歴史のある大会ですから、世界中のテニスファンが

 

足を運びますし、テレビ観戦もするでしょう。

 

そうなると、スポンサーもたくさん付きますし、テニス連盟としては安泰ですよね。

 

賞金額を見ると、本当に高額の賞金ですから、そういう意味では、

 

テニスは本当に夢のあるスポーツなんだなぁと思います。 

 

世界NO.1ジョコビッチが、今年も優勝か?

 

さて、ウィンブルドン(全英オープン)2016の展望としては、

 

やはり優勝オッズが最も高いのは、やはり世界NO.1のジョコビッチになるでしょう。

 

今年のグランドスラムで、全豪と全仏の既に2勝をしていますし、

 

昨年も優勝したこのウィンブルドンでも、必ず決勝まで勝ち上がってくることは

 

ほぼ間違いないでしょうね。

 

ただ、もちろんすんなりとジョコビッチに優勝させてしまうのは、

 

なんとも歯がゆいですから、ジョコの優勝を阻止する選手、

 

予想を覆す選手が出てくることを期待したいですよね。

 

もちろん、それが錦織圭であって欲しいわけですが。。。 

 

他のBIG4選手の状態は?

  

このジョコビッチ以外のBIG4選手では、マレーがやはり堅いですね。

  

マレーは、先週行われていたAEGON選手権で優勝していますし、

 

今年は、ジョコビッチと何度も決勝で対戦し、高いレベルで凌ぎを削ってきています。

 

まさに優勝候補の2番手といってもいいでしょう。

 

2013年のウィンブルドンでは、77年ぶりに、ジョコビッチを破って、

 

このウィンブルドンで初優勝していますから、地元の声援を後押しにして、

 

今年も虎視眈々と優勝を狙ってくるでしょう。

 

n7

 

次にフェデラーですが、2月に膝の手術をし、その後背中や腰を痛め、

 

全仏を欠場していましたが、得意の芝コートに入り、ようやく復帰しましたね。

 

ただ、前哨戦2試合で優勝することが出来ず、まだ本調子ではないと想像します。

 

それでも得意の芝コートで、ウィンブルドンで、身体の状態さえ悪くなければ、

 

いいところまで勝ち上がってくるとは思いますので、フェデラーにも期待したいですね。

  

そしてナダルです。

 

残念ながら、全仏で痛めた左手首の状態が思わしくなく、

 

ウィンブルドンも欠場が発表されましたね。

 

クレーで、全盛期の勢いや調子を取り戻しつつあっただけに、

 

今回の欠場は本当に残念だなと思います。 

 

BIG4を脅かす若手選手の台頭など

n9

 

BIG4以外の選手で、注目選手は、やはりワウリンカでしょう。

 

ただ、ワウリンカはクレーコートやハードコート巧者ですので、

 

どちらかというと芝コートは苦手のようで、

 

今までも良い成績を芝コートでは残せていないようです。

 

n8

 

そして今年一番注目しているのが、ドミニク・ティエム選手(オーストリア)です。

 

今シーズンブレイクしてますよね。

 

最新の世界ランキングも現在8位ということで、先週からとうとうトップ10入りしている、

 

成長著しい若手選手です。

 

昨年もツアー3勝していましたが、今年は既に4勝上げています。

 

どちらかというと、クレー巧者の選手ですが、

 

芝コートでも、先日のメルセデスカップで優勝していますから、

 

芝も問題ないのでしょう。

 

ちなみに錦織は、このティエムにまだ負けたことはないのですが、

 

まだ若い22歳の選手ですし、これからどんどん力を付けてきそうですから、

 

今後も油断は絶対できない選手になりますね。

 

若手の勢いで、BIG4を脅かす存在になったら、もっと面白くなると思います。

 

ウィンブルドンでも期待したいですね。

  

他にも、先日のゲリーウェバーオープンで惜しくも準優勝になってしまった、

 

19歳の若手、アレクサンダー・ズベレフ選手(ドイツ)

 

n10

 

この選手も近い将来、間違いなく上位ランキングに入る選手になるでしょうね。

 

現在の最新世界ランキングも、自己最高位の28位まで上がってきています。

 

まだATPツアーで優勝はしていませんが、今年も2度の準優勝と、

 

波に乗っていますよね。

 

昨年は年間最優秀新人賞も受賞しているとのこと。

 

今後注目したい選手ですね。 

 

優勝するのは、実力はもちろん必要ですが、ドローの運も当然あります。

 

今年のウィンブルドンを制するのは、誰になるのでしょうか。 

 

本当に楽しみですね。 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク