錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭全英オープン2016結果速報!ストレートで初戦突破!2回戦の相手は?

スポンサードリンク

n12

ストレートで初戦突破! 

 

先程行われた、全英オープン(ウィンブルドン)2016の1回戦。

 

第5シードで世界ランク6位の錦織が、

 

世界ランク124位のサム・グロス(オーストラリア)を、

 

6-4、6-3、7-5のストレートで破り、

 

全英オープン初戦を、5年連続で突破しました。

 

試合時間は2時間9分でした。

 

まずは、おめでとうございます。

 

n10

 

全英オープン前哨戦のゲリーウェバーオープンで、左脇腹を痛めてから2週間、

 

休養やトレーニングなど、出来る限り万全の調整をして、

 

このウィンブルドンの地に乗り込んできたのだと思います。

 

n8

 

ただ、全英オープン開幕前のインタビューでは、

 

まだ100%ではないが、100%に近い。

 

まだ1日あるので大丈夫。

 

と、言っていましたね。

 

その言葉を聞いて、正直ホッとしていたのですが、

 

今日の初戦、2セット取ったところで、トレーナーを呼び、

 

左脇腹のメディカルタイムアウトを取る場面が。

  

えっ?

 

100%に近い状態だったんじゃなかったの?

  

やはり、まだ治っていなかったようですね。

 

ただ、マッサージを受けた後の第3セットは、痛みなどを気にすることもなく、

 

普通にプレー出来て、結果的に勝てたのですから、

 

良かったと思いますが、まだ心配や不安は残りますよね。

 

初戦の相手は、世界最速サーブを持つ、サム・グロスということで、

 

メディアも煽りますし、錦織自身も一番やりたくない選手と言っていたので、

 

世界ランク124位とはいえ、多少の心配はありましたが、

 

しかし、そこはやはり世界6位の錦織圭ですよ。

 

サーブさえ攻略して、ストロークに持っていけば、お手のもの。

 

実際にグロスは、確かにサーブのスピードこそ速かったものの、

 

ミスも多く、それ程驚異には感じませんでしたね。

 

まぁ初戦ということで、緊張感からくるミスは、錦織自身もありましたが、

 

このウィンブルドンのサーフェスにれる準備と捉えました。

 

錦織のプレースタイルは、基本的に積極的に攻撃していくタイプですが、

 

今日の試合内容も、サーブ&ボレーや、ドロップショットなども随所に織り交ぜ、

 

プレー内容も良かったと思います。

 

n7

錦織の左脇腹は大丈夫なのか?

  

第1セット、第2セットと順調に勝って、さぁこれから第3セットというところで、

 

トレーナーを呼び、左脇腹のマッサージを受けるという場面が。

 

3分間のメディカルタイムアウトを取り、

 

錦織は横たわってマッサージをされていました。

 

要は、2週間前のゲリーウェバーオープンで痛めたケガが、

 

まだ完治はしていなかったということですよね。

 

試合後のインタビューで、錦織は左脇腹についてこんなことを言っていました。

 

「まだ少し痛みあるので、

 

痛みと戦いながらのウィンブルドンになると思いますけど、

 

明日どうなるか(様子を)みて。

 

多分大丈夫だと思います」

 

やはり痛みがあったのですね。

 

確かに、ファーストサーブも痛みのせいからか、

 

テレビ越しからもわかるくらい、思い切って打っていないような気がしていましたし、

 

数字的にも、160kmくらいしか出ていませんでしたから、

 

いつもより弱い感じがしていました。

 

とりあえず、まずは初戦を無事にストレートで勝つことができたことは、

 

良かったですが、中1日で迎える次戦までに治るとも思いませんので、

 

錦織の言う通り、痛みと共に、試合をこなしていくことになるのでしょうけど、

 

でも本当に大丈夫なんでしょうか。

 

昨年のウィンブルドンでも、左ふくらはぎの痛みで、

 

結局2回戦の試合前に棄権を発表していましたからね。

 

痛みの度合いは、昨年よりも良いにしても、結局棄権してしまうのであれば、

 

状況は同じですからね。

 

痛みと共に、プレーを続けることを選ぶのであれば、

 

大事に至らないことを祈りながら、応援していきたいと思います。

 

試合の振り返り

  

試合前に髪を短髪にして臨んだ初戦はどうだったのでしょうか。

  

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

まずは、第1セット。

 

今日の試合は予定通り、日本時間の23時過ぎから試合が始まりました。

 

ウィンブルドンは快晴で、とても気持ちが良さそうでしたね。

 

青々とした新しい芝も光っていて、とてもキレイでした。

 

そして、錦織の試合はNO.1コートで行われました。

 

錦織にとっては、5年連続でのウィンブルドンの舞台。

 

大事な初戦ということで、緊張感はそれなりにあったと思います。

 

ミスも最初は錦織の方がグロスよりも多く、大丈夫かなと思いましたが、

 

何とか持ち直し、第5ゲームでなんとかブレークし、第1セットをそのまま取りました。

  

第2セットに入り、いきなりブレーク!

 

波に乗れるかと思いきや、すぐさまブレークバックを許してしまう展開に。

 

それでも、第5、第9ゲームでの要所をきっちり決めきって、ブレークし、

 

2セットアップで、第2セットも取ります。

 

渾身の力を振り絞ってのサーブ、そして、リターンエース、ウィナーも、

 

バンバン決まっていましたね。

  

そして、第3セットに入る前に、メディカルタイムアウトで、

 

脇腹のマッサージをされる事態に。

 

なんとか第3セットへ。

 

試合に入ると、痛みを気にする様子もなく臨んだ第3セット。

 

第2ゲームで錦織が先にブレーク!

 

ヨッシャー!と思うもつかの間、第2セット同様、

 

すぐさまブレークバックを許してしまいタイに。

 

その後、キープ合戦が続き、タイブレークはイヤだなと思った、最後の第12ゲーム。

 

錦織がブレークに成功し、勝負あり。

 

結果、7-5でこのセットを取り、無事にストレートで2回戦進出を果たしたわけです。

 

途中のメディカルタイムアウトの時は、本当にどうなるのか心配でしたが、

 

なんとか勝って、初戦を終えられて本当に良かったです。

 

n1

  

ファーストサーブはどうだった?

  

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n14

 

詳細なスタッツを見ると、3セット平均で68ということで、

 

この数字は中々良かったと思います。

 

一方の、グロスの確率は52%と、あまりファーストサーブが入っておらず、

 

正直助かったなという印象がありました。

 

ただ、さすがにビッグサーバーだけに、サービスエースは錦織の1本に対して、

 

15本と、圧巻でしたね。

 

錦織は、試合前に、芝のコートはあまり好きではないとか、苦手と言っていましたが、

 

個人的には、十分アジャストできる器用さは持ち合わせている選手だと思います。

 

恐らく、昨年もそうですが、ケガなどでいつも上位まで勝ち上がれない

 

イメージが強いことが、苦手だと思ってしまう最大の要因に

 

なっているのだろうと思います。

 

ハードやクレーのサーフェスと同様に、錦織自身が、

 

自分の感覚をこの芝で掴んで、勝ち上がることが出来れば、

 

そういった苦手意識を、一気に払拭できるのではないかと思いますけどね。

 

全体的には、ファーストサーブが安定していたので、

 

スピードは出ていなかったですが、初戦は良かったと思います。

 

この調子で次戦からも、頑張って欲しいと思います。

 

n11

 

錦織の試合後のコメント

 

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「まずはストレートで勝ててホッとしてます。

 

彼(グロート)もすごいタフなプレーヤーなので。

 

特にサーブが入った時はなかなか取れなくて。

 

その選手に3セットで、タイブレークに行かず勝てたのは良かったと思います。

 

いいテニスはできている。この芝で行けるところまで行きたい

 

あれだけタフなサーバーを相手に、あれだけいいリターンが返せたのはいい収穫。

 

リターンが良かったおかげであれだけブレークできた。

 

その分ブレークもされたので修正しなければいけないが、いい出だしだった。」

 

左脇腹について、棄権の可能性は?

 

「約束は出来ないですけど、そうならないといいですね」

 

やはり心配なのが、左脇腹の具合ですね。

 

大事に至らなければいいのですが、どうでしょうか。

  

中1日で次戦になりますから、なんとか少しでも体を休めて欲しいなと思います。

 

n5

次戦(2回戦)の対戦相手と試合日時は? 

 

錦織の次戦(2回戦)の対戦相手は既に決まっています。

 

世界ランキング547位のジュリアン・ベネト―(フランス)と対戦予定です。

  

ベネトーとの対戦について

 

対戦は久しぶりの感じもする。

 

思い出さないといけない。

 

きょうよりストローク戦になる。

 

リターンからもっと攻めていければいいと思う。

 

と、コメントした錦織。

 

グロスよりは、ストロークで勝負する選手の方がやりやすいですよね。

 

べネトーは、世界ランク547位ということで、

 

楽勝のイメージですが、錦織には左脇腹に爆弾を抱えていますから、

 

決して侮れないですね。

 

試合まで上手く調整してもらえたらなと思います。

 

試合日時は、日本時間の6月29日(水)夜の時間になるでしょう。

 

時間の詳細が決まったら、また追記しますね。

 

追記:試合日時が決定しました。

 

6月29日(水)23時30分より試合開始予定です。

 

錦織の2回戦は、雨により翌日(6/30)に延期になりました。

 

6月30日(水)21時より試合開始予定です。

  

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク