錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭ロジャーズカップ2016結果速報!ストレートで初戦突破!3回戦の相手は?

スポンサードリンク

n8

ストレートで初戦突破!

 

本日深夜0時から行われた、ATP1000ロジャーズカップ2016の2回戦。

第3シードで世界ランク6位の錦織にとっては初戦となる対戦で、

どんな戦いになるのか注目していましたが、

世界ランク131位のデニス・ノビコフ(アメリカ)を、

6-4、7-5のストレートで破り、

ハードコートのシーズンの初戦を突破しました。

まずは、おめでとうございます。

n3

ウィンブルドンから3週間が経ち、休養やトレーニングなど、

また新たなサーフェスに切り替える調整をして、ハードコートシーズンに

挑んできた錦織圭

ゲリーウェバーで痛め、ウィンブルドンで更に悪化してしまっている、

左脇腹の具合はどうなのか。

過酷な夏のシーズン且つ、ハードコートの初戦。

今年の目標の1つでもある、マスターズでの優勝に向け、

昨年ベスト4まで勝ち上がった、このロジャーズカップで、

どんな戦いを魅せてくれるのかという期待感を思って、

久々に、夜な夜な熱い思いで観戦しました。

今日のトロントは、風はあったようですが、良いお天気でしたよね。

全仏、ウィンブルドンと、悪天候で何度も中断や延期だったことを考えると、

良い天候での試合は、観ている側としても、安心して試合観戦できますし、

気持ちがいいですよね。

それにしても今日は、第1セット序盤で、2ブレーク含む4ゲーム連取で、

これは楽勝か?!と思いきや、

まさかの4ゲーム連続で取られてしまうという展開に。

この展開にはさすがにびっくりしましたが、これもハードコートシーズンに入って、

錦織劇場の幕開けだと思うことにします。(^_^;)

(勝ったからこんなこと言えるんですけどね。)

前にもこういう展開、何度か観たことありましたよね。

楽勝で第1セットを取った後に、第2セットで崩れてしまったり。。。

サーブが入らなくなったり、凡ミスが増えたり。。。

たぶん錦織って、気を抜いちゃうんじゃないのかなと。

でも劣勢になって初めて、ギアを一段上げて、持ち直して勝ったりとか、

恐らくトップ選手が、かなり格下ランクの選手と戦う時って、

モチベーションの持っていき方とか、ある意味難しい部分もあるのかも知れませんね。

まぁ今日の内容は、初戦ということでの緊張感だったり、久しぶりの試合でもあり、

ハードコートサーフェスに慣れる準備のための試合だったのでしょう。

それにしても今日の課題は、やはりファーストサーブでしたね。

22歳のノビコフも、世界ランク131位とはいえ、中々のビッグサーバーでしたし、

時々いいショットを打ってくる時もありましたが、

基本的にミスが多かったですし、錦織自身もそのミスに

助けられたところがいくつもありましたよね。

とにかく、今日はストレートで初戦を突破出来て良かったと思います。

 

試合の振り返り

n

それでは改めて試合を振り返っていきましょう。

まずは、第1セット。

n4

今日の試合は、日本時間の深夜0時からの試合開始予定でしたが、

予定通り試合が開始されました。

錦織にとっては、大事なハードコートシーズンでの初戦ですし、

正直、緊張感はそれなりにあったと思います。

それでも第1セット序盤は、素晴らしい展開で、第1ゲームからいきなりブレーク!

その後も、ことごとくノビコフのビッグサーブにも合っていて、

リターンエースがいくつも決まったり、緩急をつけたサーブも効き、

ノビコフに突け入る隙を与えませんでしたよね。

結果、4ゲーム連取!

これは楽勝の展開じゃないか?と思ったのですが、

ここから錦織の悪い癖?が出始めます。

きっと楽勝だと思ったので、若干気を緩めてしまったのでしょうか。

凡ミスが出始め、ファーストサーブが決まらなくなり、

今度は反対に、2ブレーク含む4ゲームを連続で取られてしまいます。

これにはさすがの錦織も、若干ヤバイ!と思ったのではないでしょうか。

でもその後、錦織は改めてギアを入れ直し、ブレークバック!

錦織思わずガッツポーズ!

そして、サービスゲームをキープし、ようやく第1セットを取ることができたわけです。

とりあえず、ホッとしました。(^_^;)

n6

そして第2セット。

できれば、ストレートで勝ちたいですから、このセットは早めにブレークして、

優位に進めたいところですよね。

第1ゲームこそ、ノビコフのキープで始まりましたが、

第3ゲームで、錦織がブレーク!

これはいける!と思いきや、次の第4ゲームで、2度もダブルフォルトを犯し、

またもやブレークを許してしまうという歯がゆい展開に。

その後は、お互いサービスゲームをキープし合い、一進一退の攻防に。

迎えた第11ゲームで、ようやく錦織がブレーク。

ここで勝負あり。

今日の試合は、ハードコートの初戦ということもありましたが、

格下選手との対戦で、モチベーションの持っていき方と、

自身のファーストサーブの課題が浮き彫りになった試合内容だったなと思いました。

 

ファーストサーブはどうだった?

n1

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

今回の調子はどうだったのでしょうか?

n10

詳細なスタッツを見ると、2セット平均で49ということで、

ここ最近の試合では、かなり悪い数字でしたね。

それもそのはず、ダブルフォルト6本もありましたから。

ただ、ストロークはさすがに素晴らしかったですよね。

でもファーストサーブの確率が悪いと、ダブルフォルトになってしまったり、

試合の主導権を握れませんよね。

優位に試合運びも出来ませんし、ブレークを許してしまうことにもなりますから、

やはりできるだけ高い確率で、安定したファーストサーブが欲しいですよね。

グランドスラムのように、中1日の休みがあるわけではありませんから、

連日の試合となる今大会で、ファーストサーブを、次戦までにどう修正してくるのか、

そういったところが、3回戦の注目ポイントになるのではないでしょうか。

 

錦織の試合後のコメント

 

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「(試合前は)ケガ明けで自信をなくす場面もあるかと思っていた。

こうしてタイトな場面をクリアしていけば、これから良くなると思います」

やはりまだ、左脇腹に痛みが残っているようですね。

試合前のインタビューによると、試合の数日前まで、満足にサーブさえ打てなかったとのこと。

でもここ数日で、快方に向かい、サーブも打てるまに回復はしたらしいですが、

それでも実際は、今日のサーブ速度も170kmくらいで、

強めのサーブとまではいかない感じでしたよね。

まだサーブを強く打つのが恐いから、今日もダブルフォルト

たくさん犯してしまったということなのか、

それとも、痛みで力があまり入らないのか。

状態は非常に気になりますね。

なんとか今大会のロジャーズカップは、左脇腹の痛み具合も、

最後まで持ってくれると信じていますが、

来週から開幕するオリンピックに、本当に出場できるのか、まだ不安が残りますね。

とりあえず、今はこれ以上痛みが悪化しないことを祈りつつ、

頑張って欲しいなと思います。

 

番狂わせなロジャーズカップ?

 

今回のロジャーズカップですが、早くも番狂わせが起きているようです。

錦織が順調に勝ち進んでいけば、準々決勝で、第8シードのチリッチと対戦予定でしたが、

チリッチが早くも初戦(2回戦)敗退してしまいました。

他にも、第6シードのティエムも棄権敗退、

第9シードのジョン・イスナーも敗戦ということで、

どうしたことかシード勢が、早くも初戦で姿を消すという展開に。

これは錦織にとっては追い風なのでしょうか?

とりあえず、そう捉えて前に進んでいきましょう!(^_^;)

 

次戦(3回戦)の対戦相手?

 

錦織の次戦(3回戦)の対戦相手は、世界ランク118位

ラジーブ・ラム(アメリカ)に決まりました。

初戦に続き、アメリカ人選手との対戦ですね。

また100位以下の格下選手との対戦ですが、

昨日はプイユをストレートで破って勝ち上がってきた選手ですから、侮れませんね。

しっかり勝ち切って欲しいと思います。

 

試合日時とNHKのテレビ放送は?

n

試合日時ですが、7月29日(金)午前0時から試合開始予定になります。

GAORANHKBS1共に、午前0時より生放送の予定です。

今日も見逃せません!

連日の試合となりますが、頑張ってしっかり勝ち切ってもらいたいと思います。

頑張れ!錦織圭!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

スポンサードリンク