錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭ロジャーズカップ2016結果速報!ついに決勝進出!優勝に王手!対戦相手は?

スポンサードリンク

n10

ついに決勝進出!

 

先程、ロジャーズカップ2016準決勝が行われ、錦織圭が、第2シードの

スタン・ワウリンカ(スイス)を、7-6、6-1のストレートで破り、

ついに決勝進出決めました!

おめでとうございます!!

やったー!!!

n2

ワウリンカとは、2014年全米オープン準々決勝で初めて勝ったのを最後に、

その後は勝ててない相手で、どちらかというと、

あの片手バックハンドの威力に毎回押され気味という感じでした。

それがどうしたことか、今日はワウリンカのファーストサーブが、

思いの外入らず、また、凡ミスにも助けられ、そういった少しの隙間を

錦織は上手く突いていき、要所のポイントでギアを上げ、

一気に畳みかけて、ストレートでワウリンカを破ったということですね。

連日の深夜スタートの試合でしたが、格上のワウリンカに勝ったことで、

もう気分は最高です!

中々そう簡単には勝てない相手ですから、観ていて超気持ち良かったですね。

これで、ワウリンカとの通算成績は、錦織から2勝3敗となりました。

とにかく今日は勝てて本当に良かったです

 

試合の振り返り

n8

さて、今日の試合を振り返っていきましょう。

n1

第1セットは、序盤から、終始ワウリンカの早いペースに押され気味で、

やはりワウリンカは強いなぁという印象でした。

第4ゲームでは、錦織の少しのミスに対して、ワウリンカに先にブレークを許すという

劣勢の展開に。

その後はサービスゲームをキープし合い、迎えた第9ゲーム。

ここでワウリンカにミスが増え始め、錦織がブレークバックに成功!

そして結局タイブレークにまでもつれ込みます。

タイブレークでも、一進一退の攻防となり、錦織もミスはあったのですが、

今日は錦織以上にミスが多かったワウリンカに助けられ、

タイブレークを制し、第1セットを奪います。

n11

n3

第2セットは、第1セットをまず制した錦織のサービスからスタートでしたが、

なんとここから、錦織が怒涛の5ゲームを連取します。

心なしか、錦織には表情や立ち居振る舞いから自信がみなぎり、

一方のワウリンカは、多少気落ちした感じが伺えましたね。

特に第4ゲームでは、観客もびっくりするくらい、ワウリンカがありえないミスをして、

ワウリンカ自身も、恥ずかしくて思わず来ていたユニフォームで顔を隠してしまった程。

今日のワウリンカは、ファーストサーブが入らないのと、

凡ミスがかなり、第2セットに入ってからは、焦りとともに、プレーが雑になり、

錦織にどんどんポイントを奪われる展開に。

結局第2セットはあっという間に、錦織がセットを取り、試合に勝った感じでしたね。

それでも格上のワウリンカ相手に、ストレートで勝てたのは、

本当に大きかったと思います。

左脇腹の故障など、全く感じさせることなく、本当に素晴らしい試合でしたね。

試合直後の錦織のガッツポーズは、

いつも以上に大きいものだったのが印象的でした。

試合時間は、1時間28分でした。

n12

ワウリンカが試合後に、落胆した様子でこんなコメントを言っていました。

「チャンスはたくさんあったが、生かせなかった。

簡単なミスを続けてしまった」

一方の錦織は試合後に、

「第1セットは劣勢だったが、

1ポイントずつサーブもストロークも焦らないように心掛けた。

風が強くてやりにくさもあったが、途中から意識してラケットを振った」

自分のテニスに集中していたんだなというのがわかります。

やはり第1セットを先に取ったことは、大きなアドバンテージになったと思います。

先手必勝!焦らず自分のテニスに集中して戦えば、優勝も手に届くところにあるはず。

決勝でも焦らずに、今日と同じようなプレーが出来るように、頑張って欲しいですね。

 

ファーストサーブはどうだった?

n9

今日のファーストサーブの確率はどうだったのでしょうか?

いつものように詳細スタッツを見てみましょう。

n4

錦織の2セット平均のファーストサーブの確率は64でした。

今大会一番確率的には良い数字になりました。

もちろん、左脇腹の状態は完治してはいないと思うので、

サーブの速度は全盛期程出ていないものの、それでも今日は、

サービスエース5本取り、ダブルフォルト2本に抑え、

今まで以上にファーストの入りを増やすことが出来たのは、本当に大きいですね。

一方のワウリンカのファーストサーブは44%しかありませんでした。

アンフォーストエラーの数も、錦織の倍以上あり、

錦織にとっては、これ以上ない位のチャンスでしたが、そのチャンスを、

しっかりものにすることが出来たわけですから、自信になりますよね。

さぁいよいよ念願のマスターズ初優勝まで、あと1つです。

今日のように、良い状態を明日も続けて、是非マスターズ初制覇して欲しいですね。

 

決勝の対戦相手は?

 n1

ついに明日、ロジャーズカップ2016の決勝となるわけですが、

対戦相手は、この後行われる、ジョコビッチとモンフィスの勝者と行います。

恐らく決勝の対戦相手は、第1シードのジョコビッチになるのではないかと思うのですが、

果たしてどうなるでしょうか。

決まり次第追記しますね。

追記:明日の決勝戦の対戦相手は、第1シードの

ノバク・ジョコビッチセルビア)に決定しました。

8月1日(月)午前5時に試合開始予定です。

 

錦織とジョコビッチのこれまでの経緯

AS20140628000067_comm

今シーズン5度目のジョコビッチとの対戦です。

過去11度の対戦のうち、錦織から2勝9敗で、最後にジョコビッチに勝ったのは、

2014年全米オープン準決勝の時以来となり、そこから8度対戦していますが、

いずれもすべて敗けているということで、現在8連敗中の対戦相手です。

今シーズンでいえば、全豪オープンマイアミオープンマドリードオープン

そしてBNLイタリア国際と、グランドスラム1回、マスターズ3回ということで、

合計4度の対戦をしてきました。

全豪やマイアミではほぼ自滅でしたが、マドリードで一歩前進、

そしてBNLイタリア国際では、完全に互角の戦いをしての敗戦でした。

錦織が、ローマで戦った時の感触をまだ覚えているのなら、

今回のトロントでは、ジョコビッチに勝てるのではないかと思ってます。

気負わず、焦らず、自分のテニスに徹し、集中して攻撃的にジョコビッチを攻め続ければ、

勝てる可能性は十分にあります。

そろそろ、その時が来てもおかしくないですし、

その時が明日の決勝なのではないかと思うのです。

マスターズでは今シーズン4度目の対戦で、決勝はマイアミ以来2度目の対戦です。

ジョコビッチとの決勝前のインタビューで、

錦織はこんなことを言っていました。

 「もうかなりの間、ハードコート上でノバクを倒していない」 

「ノバクとふたたび決勝で対戦するというのは、

僕にとって素晴らしいチャレンジだ。

僕らはマイアミの決勝で対戦し、そのときには彼が試合を支配した。

だから今回はその雪辱を果たせるよう祈っている」

錦織の晴れやかな優勝スピーチが聞きたいですね。

是非、頑張って欲しいです。

全力で応援したいと思います。

 

試合日時とテレビ放送は?

n7

試合日時は、8月1日の午前の時間帯行われます。

時間の詳細については、まだ未発表ですので、

決定次第追記します。

追記:8月1日(月)午前5時より試合開始予定です。

テレビ放送に関しては、NHKGAORAが、決勝の大舞台も引き続き

生のLIVE放送の予定です。

今日の試合が終わって、中1日の休みもなく決勝ですから、

疲労も当然あると思います。

ただ、いつもの錦織ペースの試合展開に持ち込めれば、

どちらにしても、絶対に勝てない相手ではないと思います。

ここまで来たら、あと1つ頑張って勝って、悲願のマスターズ初優勝

してもらいたいですね。

頑張れ!錦織圭‼︎

n12

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク