錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

ジョコビッチが左手首の故障でシンシナティーマスターズを欠場!全米OPは出られる?

スポンサードリンク

n3

左手首の故障でシンシナティー欠場!

 

世界ランクNO.1のノバク・ジョコビッチセルビア)が、

 

左手首の痛みを理由に、来週8月14日(日)~21日(日)アメリカ・シンシナティ

 

 

欠場するということを発表したというニュースが入ってきました。

 

マスターズ大会ですから、グランドスラムの次に大きな大会ですし、

 

8月29日(月)から開幕する全米オープンの前哨戦という位置付けの大会です。

 

確かにジョコビッチは、先日行われたリオオリンピック初戦となる1回戦で、

 

一番の金メダル候補だったジョコビッチが、100位以下の格下選手の

 

J・デル ポトロ(アルゼンチン)に、まさかのストレート敗けを喫し、

 

涙で会場を後にしていましたよね。

 

ジョコビッチ自身も、まさか初戦で負けるとは思ってなかったでしょうし、

 

まだオリンピックで金メダルを獲ったことがないジョコビッチの夢は、

 

4年後の東京オリンピックまで持ち越しになってしまったわけです。

 

敗けたことが原因でかなり動揺したのか、その後行われた、オリンピック男子

 

ダブルスの試合でも、初戦で敗退という屈辱。

 

シングルスで敗れた動揺感は、彼のモチベーションを大きく左右したようです。

 

もちろん人間ですから、調子の悪い時や、コンディションが整わない時というのは、

 

当然あると思います。

 

ただ、ジョコビッチですよ。

 

彼は基本的に、殆ど敗けない選手ですし、ましてや初戦敗退なんて、

 

めったにあることではありません。

 

いったいどうしたというのでしょうか。

 

来週から開幕する『ウェスタン&サザンオープン』のシンシナティー大会を前に、

 

ジョコビッチは手首に痛みがあるということを理由に、

 

回復するための時間が必要とのことで、欠場の発表したのです。

「今年は多くの試合をこなし、けがが再発した。

 

回復のために休む必要がある」

 

恐らく全米オープンの出場を優先したと思われます。

 

まだ優勝したことがないシンシナティ

5f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5

 

ただ、ウェスタン&サザンオープン』は、年間9つあるマスターズ大会の中で、

 

唯一ジョコビッチが未だ優勝したことがない大会なんですよね。

 

昨年も決勝でフェデラーに敗けていましたから、

 

出来ることなら、今年は優勝目指して、出場する意志も恐らく持っていたと思います。

 

ですから、今回の欠場は本当に残念ですし、ジョコビッチ本人としても、

 

きっと不本意な決断だったでしょう。

 

全米オープンには出場できるのか?

n5

 

しかし、実際手首の痛みというのが、どれくらいの痛みなのかですよね。

 

その痛み度合いによっては、その後の全米オープンにも大きく影響が出てくると思います。

 

手首の故障といえば、オリンピックでようやく復帰してきたナダルも手首の痛みで、

 

n5

 

全仏オープン途中の3回戦を棄権していましたよね。

 

そこから、ウィンブルドンも欠場し、

 

今回のオリンピックまで復帰できなかったわけですから、

 

痛み度合いによっては、案外やっかいな場所かも知れません。

 

フェデラーも、今年2月に膝の手術をしてから、中々復活できず、

 

n4

今年の残りの全試合をリハビリに充てるため、欠場を発表しましたよね。

 

果たして、ジョコビッチシンシナティーだけでなく、

 

全米オープンも欠場してしまうのでしょうか?

 

そこは大きな注目ポイントになりそうですね。

 

もちろん、ジョコビッチがいない方が、我らが錦織圭にとっては、

 

朗報ということになるのかも知れませんが、

 

ただ、錦織もジョコビッチがいない全米オープンで戦うよりも、

 

ジョコビッチを破っての全米制覇の方が、その価値は何倍もあるでしょうからね。

 

完全に錦織が全米を制覇する前提で話してますが、(^_^;)

 

もちろんそこを一番狙って頑張るわけですからいいのです♪

 

できれば全米オープンでは、いつもの強い世界NO.1のジョコビッチ

 

戻ってきて欲しいですし、その強いジョコビッチを破って優勝する錦織圭が、

 

今年は絶対に観たいのです!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

スポンサードリンク