錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭リオオリンピック結果速報!メダルに王手でベスト4進出!準決勝はマレー!

スポンサードリンク

n7

モンフィスに大逆転でベスト4!

  

先程、リオオリンピックの準々決勝が行われ、

 

第4シードの錦織圭が、第6シードで世界ランク11位の

 

ガエル・モンフィス(フランス)を、

 

7-6(7-4)、4-6、7-6(8-6)で破り、準決勝進出を決めました!

 

おめでとうございます!

 

n8

 

ヨッシャー!!

 

2時間53分の大熱戦の末の大逆転勝利で、もう本当に感動しました!

 

これで日本人として96年ぶりのベスト4進出が決定したわけですね。

 

いや~、最後の最後までどうなるかわからない戦いだっただけに、

 

最後のタイブレークを制した時は、もう観ていて感極まりました。

 

感動しましたね~。

 

とりあえず勝てて本当に良かったです。

 

ありがとう錦織圭! 

 

雨でまた遅延のリオデジャネイロ

n

 

今日の試合は、コート1の第2試合ということでしたが、

 

リオデジャネイロは今日も雨。

 

当初は、8月13日(土)午前0時から第1試合(マレーVSジョンソン)が

 

始まる予定でしたが、また雨で試合が遅れていました。

 

その後雨が止み、第1試合が始まったのが、午前0時50分くらいで、

 

そうなると、自ずと第2試合の開始時間も遅れることになりますよね。

 

ただ、第1試合の第1セットが、6-0でマレーが破り、

 

20分程であっという間に終わってしまったことから、

 

案外早く第1試合が終わるかも?!と思っていたのですが、

 

ジョンソンが第2セットで粘って、セットを獲り、

 

第3セットまでもつれる展開になったことから、

 

第2試合は1時間程度の遅れという予想を上回り、結局、第2試合が始まったのが、

 

午前3時20分くらいでしたね。

 

本当にテニスの試合は、時間が読みづらいです。

 

お陰で今日も寝不足ですが、頑張ってリアルタイム観戦しました!

  

試合の振り返り

  

さて、実際の試合を振り返ってみましょう。

 

n

 

第1セットは、錦織のサーブで試合が始まりました。

 

第2ゲームから、第12ゲームまでお互い一歩も譲らず、キープ合戦となり、

 

その殆どがラヴゲームキープという展開で、まさに一進一退の攻防が続きます。

 

そして、6-6でタイブレークに突入します。

 

今までストレートで勝ってきていますから、なんとしても、

 

この第1セットは落としたくない思いもあり、ミスもありましたが、

 

なんとか苦しみながらも、ストロークで粘り、結局錦織がタイブレークでを制し、

 

第1セットを獲ることに成功!

 

n2

 

続いて第2セットに突入。

 

モンフィスのサービスで始まります。

 

第1ゲームでいきなり錦織が粘ってブレークし、このまま乗ってくると思いきや、

 

その次の第2ゲームで、お互い多彩なショットで譲らない展開でしたが、

 

この時に、モンフィスがネットに引っ掛けるミスを犯した際、ミスの照れ隠しなのか、

 

コート上で腕立て伏せをするというパフォーマンスで会場が笑いに包まれます。

 

6度のデュースでお互い粘りますが、最後は錦織にミスが出て、

 

モンフィスがブレークバックをし、また降り出しに戻ってしまいます。

 

n

 

その後、第9ゲームまでは、第1セット同様に、お互いキープが続く展開に。

 

迎えた第10ゲーム。

 

錦織のサービスゲームで、錦織が3連続ポイントで、40-0としたところで、

 

モンフィスに粘られ、ダウンザラインを決められ、結果、ブレークを許し

 

第2セットを奪われてしまいます。

 

n9

 

運命のファイナルセットに突入します。

 

今大会では、初めてのファイナルセットですが、第2セットをイヤな形で

 

獲られてしまいましたから、なんとかこれ以上流れが、

 

モンフィスに行かないで欲しいと思い、祈りながら観ていました。

 

第3セットも、第1セット同様に、キープ合戦となり、お互い一歩も譲らない大熱戦の展開に。

 

結局、タイブレークに突入します。

 

ただ、錦織にミスが続き、モンフィスに4連続でポイントを奪われ、いきなり0-4の劣勢に。

 

もうダメなのかと思いましたが、すごいロブショットが決まり、1ポイント返します。

 

その後、3ポイントを連取し、3-4。

 

モンフィスにサービスエースを決められ、3-6とマッチポイントを握られてしまいます。

 

ここで終わりか?と諦めかけたのですが、錦織も粘りを見せ。5-6。

 

1ポイントまで迫り、それでもモンフィスのサーブが決まれば終わりという

 

マッチポイントで、モンフィスがまさかのダブルフォールトで6-6。

 

錦織はここでドロップショットなどで攻め、7-6と逆転に成功。

 

逆に錦織はマッチポイントを握ると、モンフィスのショットがアウトになり、

 

5連続ポイントで大逆転勝利を納め、感動のベスト4進出を決めたのです! 

 

錦織の試合後のコメントとは

n6

「1セット目をいい形で取って、2セット目もう少しギアを上げるべきでしたけど、

 

彼(モンフィス)の守備も攻めもだんだんと良くなっていた。

 

最後まで勝負はもつれて、特にファイナルはほぼ劣勢だったので、

 

きわどい場面もたくさんありながらの逆転勝利。

 

ひとまず嬉しいですね。

 

一瞬信じられなかったですね。

 

(最終セットのタイブレークで)3-6だったし、ずっと劣勢だったので。

 

逆転勝利できたのはすごく嬉しかったです。

 

ここからがメダルが懸かる試合になるので、マレーというあんまり得意ではない、

 

苦労している選手なので、しっかり頭をクリアにして臨みたい」 

 

ファーストサーブはどうだった?

n5

 

それではいつものように、錦織のファーストサーブの確率など、

 

どうだったか検証してみましょう。

 

※左がモンフィスで、右が錦織のスタッツです。

n10

 

実際スタッツを見ると、ファーストサーブの確率は、

 

50%ということで、今日はファーストサーブがあまり入らず、けっこう苦戦しましたね。

 

それでも、ストロークでモンフィスを圧倒したり、ミスを誘ったりしながら、

 

第1セット、第2セット共に、自身のサービスゲームはキープしてこれたのは、

 

素晴らしかったですね。

 

ただ、相当集中力が必要だったでしょうし、今大会初のファイナルセットまで

 

もつれた試合だったということや、約3時間の大熱戦だったこともあり、

 

錦織も最後はすごく疲れていたと思います。

 

n1

 

でも今回は、テニスの神様に味方されましたよね。

 

こんな大逆転めったにないですよ。

 

2回戦のミルマンの時も、タイブレーク時に、0-4での劣勢から、

 

怒涛の追い上げで7ポイント4連取してセットを獲っていましたが、

 

その時とはまた違って、ファイナルセットの最後の最後で、

 

かなり錦織も追い込まれてからの大逆転勝利ですからね~。

 

本当に奇跡が起きたといっても過言ではないでしょう。

 

ただ、第3セット後半から、足に痛みがあったのか、

 

けっこう気にするそぶりが見られましたよね。

 

大事に至らなければいいのですが、少々心配です。

 

とにかくこれで、日本人として、96年ぶりのベスト4進出ということで、

 

今日は本当に錦織に感動を与えてもらったわけですが、

 

ここで気を抜くわけにはいきません。

 

メダルに限りなく近づいたわけですが、まだメダルを獲ったわけではありませんから。

 

次戦は、いよいよ最大の山場となる準決勝の試合です。

 

準決勝で勝てばメダル確定ですが、敗けたら3位決定戦ということで、

 

銅メダル争いが待っています。

 

どの道、あと2試合が待っているわけですから、最後まで気を抜かず頑張って欲しいですね。

 

n4

 準決勝の相手はマレー! 

 

さて、準決勝の対戦相手ですが、錦織の前の第1試合で、S・ジョンソンに勝った、

 

第2シードで世界ランク2位のA・マレーと対戦します。

 

マレーは、前回のロンドンオリンピックの金メダリストです。

 

しかも、錦織は今まで7度マレーと対戦していますが、1勝6敗と、

 

マレーにまだ1度しか勝ったことがないという、

 

どちらかというと苦手な相手なんですね。

 

今年のデビスカップ国別対抗戦で対戦していますが、

 

その時はかなり善戦したものの、惜しくも敗けてしまいましたので、

 

やはり勝ててないんですよね。

 

ただ、そんなこと言ってる場合ではありません。

 

ここまで来たら、もう何としてもなりふり構わず勝つことが目的なのですから、

 

疲労感でいっぱいだと思いますが、なんとか明日は気合いで是非勝って欲しいなと思います。 

 

準決勝に勝ち上がった4人の選手とは

 

これで準決勝に勝ち上がった4人の選手が決定しました。

 

・第2シード、世界ランク2位のA・マレー(イギリス)

 

・第3シード、世界ランク5位のR・ナダル(スペイン)

 

・第4シード、世界ランク7位、錦織圭(日本)

 

・世界ランク141位、J・デルポトロ(アルゼンチン)

 

この中で、過去にオリンピックで金メダルを獲っているのは、

 

マレー(ロンドン)、ナダル(北京)で、

 

デルポトロもロンドンで銅メダルを獲っているので、

 

錦織圭だけが、初メダルを獲れるかどうかが注目ポイントですね。

 

しかし、こう見てみると、デルポトロって今回凄い快進撃ですよね。

 

初戦で、ジョコビッチを破ってから破竹の勢いで、

 

ベスト4まで勝ち上がってきたのですから。

 

現在世界ランク141位とは到底思えない飛躍っぷりに、

 

ナダルとの準決勝も注目ですね。 

 

試合日時やNHKの放送予定は? 

 

準決勝の試合日時ですが、8月14日(日)の深夜の時間帯になると思われます。

 

連日の深夜の生中継に、本当に寝不足ですが、昼間しっかり寝て、

 

深夜に備えたいと思います。

 

NHK・BS1も恐らく生中継してくれると思いますが、

 

詳細な時間が決まりましたら、後程アップしますね。

 

見逃さずに精一杯応援しましょう!

 

追記:準決勝に試合日時が決定しました。

 

8月14日(日)午前0時に試合開始予定です。

 

今回はセンターコートの第1試合ですので、雨が降らない限り遅れることはないでしょう。

 

楽しみですね。

 

BS1では現在のところ、午前2時35分より録画放送の予定です。

 

ネット中継しかLIVEで観る方法はないかもしれませんね。

 

追記:錦織の準決勝が、

 

NHK総合で生中継が決定したようです。

 

良かった〜。

 

これで思う存分応援出来ますね。

 

n1

  

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。
 

スポンサードリンク