錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭W&Sオープン2016結果速報!トミックにストレートで敗れ3回戦敗退!

スポンサードリンク

n1

ストレートで3回戦敗退

  

先程、ウェスタン&サザンオープン2016の3回戦が行われ、

 

第5シードで世界ランク7位の錦織圭が、

 

世界ランク21位のバーナード・トミック(オーストラリア)に、

 

6-7(1-7)、6-7(5-7)のストレートで敗れ、

 

ウェスタン&サザンオープン2016の3回戦で敗退してしまいました。

 

残念!!

 

n2

 

錦織は、昨日の2回戦の試合中に首痛を発症していたらしく、

 

更にオリンピックからの移動や連戦の疲れが、

 

ここにきて出てきたといった感じの内容でしたね。

 

途中ラケットを投げつける場面もあり、錦織としても中々体が思うように動かず、

 

イライラしているのがわかりました。

 

普段の錦織だったら、勝てた試合だったと思いますが、

 

こういう時もありますよね。 

 

試合の振り返り 

 

それでは改めて試合を振り返っていきましょう。

 

まずは、第1セット。

 

n3

 

最初にトミックのサービスで試合が始まりました。

 

第4ゲームまでは、お互いキープ合戦でしたが、

 

第5ゲームで、長いラリーなど競った争いが続くも、最後はドロップショットが決まり、

 

錦織が先にブレーク。

 

ミスはけっこう見えたものの、これはなんだかんだ言っても勝てるかもと思って迎えた

 

serving for the setの第10ゲーム。

 

40-15でセットポイントまで来るも、ダブルフォルトと自身のミスなどで、

 

トミックにブレークバックされてしまいます。

 

結局タイブレークに突入。

 

完全に流れがトミックに行ってしまったことから、錦織にミスが目立ち、

 

タイブレークで1-7の大差で、第1セットを落としてしまいます。

 

相当疲れが見える内容に、ここにきて蓄積疲労が見えてきた感じです。

 

それでもこのセットを獲れていれば、疲労度合いは全く違っていたはず。

 

勝てた試合だっただけに、すごく残念でした。

 

続いて第2セット。

 

n4

 

できれば、ストレートで勝ちたかったですが、第1セットを獲られてしまいましたから、

 

このセットは早めにブレークして、セットを獲りたいところ。

 

錦織のサービスで始まった第1ゲーム。

 

第2ゲームで、錦織の動きが更に鈍くなりだします。

 

錦織も疲労で苦しみながらも、自身のサービスゲームはなんとか死守し、

 

キープし続けるも、ミスが目立ち、トミックのサービスゲームをブレークできません。

 

結局、第12ゲームまでキープ合戦となり、再度タイブレークに突入します。

 

最後まで錦織は粘るも、力尽き、タイブレーク5-7で敗れ、

 

W&Sオープン2016は3回戦で敗退となってしまいました。 

 

ファーストサーブはどうだった? 

 

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n5

 

詳細なスタッツを見ると、2セット平均で66ということで、

 

昨日に続き、悪くはない数字ではありましたが、

 

今日はファーストサーブよりも、アンフォーストエラーが35個と、

 

めちゃめちゃ多く、ミスによる自滅という感じでしたね、

 

恐らく、疲労から体が動かず、イライラし、そこからミスが増えるという悪循環。

「あそこのゲーム(第1セットの第10ゲーム)を落としてから流れが変わってしまった。

 

脚を使えなかった。(今大会の)ボールにも全然慣れていなかった。

 

早くポイントを終わらせようとした時にミスが出てしまった」

 

錦織も試合後このように語っていました。

 

昨日のように、体は疲れていても、しっかり要所を抑え、集中していれば、

 

違った展開にもなっていたはずですが、残念な結果に終わってしまいました。

  

W&Sオープン/シンシナティーでの収穫

n

 

3年ぶりに出場した、ウェスタン&サザンオープン2016でしたが、

 

3回戦敗退に終わってしまい、残念でした。

 

他の選手はどうかというと、ナダル、ワウリンカ、モンフィス、ツォンガ、

 

ゴフィン、ガスケ、キリオスなど、軒並みシード選手が敗退していて、

 

これまたびっくりでしたね。

 

恐らくここで無理せず、全米オープンに照準を合わせたいと思っての敗退だったと思います。

 

リオデジャネイロから休みなく戦ってきた疲労も、本人も体が限界に近いと言っていた通り、

 

一番ピークなのでしょうし、まずは連戦の疲れを癒して欲しいなと思います。

 

ここシンシナティーでは、繋ぎの試合的な感じで終わってしまいましたが、

 

昨年はこの大会に出ていなかったため、初戦勝ったポイントが少しでも付いたのは救いです。

 

どうしてもこの時期、夏のハードスケジュールですから、疲労もたまりやすいので、

 

全米前のシンシナティーは、スキップしてしまうこともあったと思いますが、

 

今年は出れて良かったのではないでしょうか。ということにしておきましょう。(^_^;)

  

次戦は全米オープン!

  

錦織の次戦は、今年最後のグランドスラム『全米オープン』が、

 

8月29日(月)から開幕します。

 

思い出されるのは、やはり2年前の2014年の全米オープンですよね。

 

錦織が日本人として初めて、ファイナリストとして決勝に大舞台に立った時です。

 

その時は残念ながら、チリッチに敗れ、惜しくも準優勝になってしまいましたが、

 

錦織が、一番結果を出しやすい場所は、やはりこの全米だと思います。

 

今年はどんなドラマが待っているのか、楽しみですね。

 

それまで、錦織はしばし休息と調整に充て、万全の状態で、

 

挑んできてもらいたいと思います。 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

 

スポンサードリンク