錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭全米オープン2016結果速報!逆転で3回戦突破!4回戦の相手は?

スポンサードリンク

n1

苦戦するも3回突破!

 

先程行われた、全米オープンテニス2016の3回戦。

第6シードで世界ランク7位の錦織が、

世界ランク42位のニコラ・マウ(フランス)を、

4-6、6-1、6-2、6-2で破り、全米オープン3回戦を突破しました。

おめでとうございます!

n5

今日は、今大会初めて第1セットを落とすという劣勢のスタートになりました。

ファーストサーブが全米オープンに入ってから、ずっと良くないのですが、

今回も中々ファーストが入ってこなかったことで、かなり苦戦を強いられましたね。

特に第1セットでは、ダブルス世界NO.1のマウのネットプレーに翻弄され、

錦織の積極的プレーが影を潜めてしまいます。

ただ、第2セット以降は、錦織も本来の調子を徐々に取り戻し、

ブレーク出来たり、ウィナーが取れたりと、プレーが安定してきたのは良かったです。

結果、今日も勝てて本当に良かったですし、ホッとしました。

これで2年ぶりにベスト16進出が決定したわけですね。

全米オープンも2週目に入りますから、更に強い相手との対戦が予想されます。

気合いを入れて、次戦も頑張って欲しいですね。

 

 

試合の振り返り

n1

それでは試合を振り返っていきましょう。

今日は朝から快晴のニューヨーク。

錦織の試合としては、今大会初めて現地時間で夕方から夜にかけての

ナイトセッションで行われました。

日本時間の朝6時40分頃、選手が入場。

真っ白なユニフォーム、頭に白いハチマキという出で立ちで錦織圭が現れました。

n

まずは、第1セット。

錦織のサービスで試合がスタート。

第4ゲームまでは、お互いに様子見のキープが続いたものの、第5ゲームで、

錦織のミスが重なり、最初にマウが錦織のサービスゲームブレークします。

その後、なんとか錦織もサービスゲームをキープするも、

マウのスライスに中々対応出来ず、

そのまま1ゲームダウンで、マウに第1セットを取られてしまいます。

錦織の攻撃力が、まったく出てこない第1セットに、

観ていてヤキモキしました。

n1

第2セットに入り、チャンスはありながらも、

マウのスライスやネットプレーに手こずり、相変わらずブレイク出来ません。

しかし、第4ゲームで、ようやくブレークのチャンスが訪れ、フォアのウィナーが決まり、

ようやく初めてのブレークに成功!

そこから苦しみながらも、本来の錦織のテニスを取り戻し、

第6ゲームでもブレーク!

2ゲームアップで第2セットを獲りました。

第2セット終了後、マウがメディカルタイムアウトを取り、

手首のマッサージを受けていました。

どうやら痛めていた手首の痛みが悪化したようで、念入りにマッサージを受け、

けっこう痛そうにする素振りが見られましたね。

n3

そして、第3セット。

第3セットは、マウのダブルフォルトなどで、

いきなり第1ゲームで錦織がブレークに成功します。

でもすぐその後の第2ゲームでブレークバックされてしまう展開に。

それでも続く第3ゲームで、ギアを上げ、再び錦織がブレークに成功。

錦織は落ち着きを取り戻し、ショットにも安定感が見え始め、

迎えた第7ゲームでもブレークに成功!で勝負あり。

錦織が第3セットも奪います。

n4

そして運命の第4セット。

このセットでなんとか決めたい錦織が、更にギアを上げていきます。

マウのダブルフォルトや、錦織のウィナーが決まり、第1ゲームから錦織がブレーク!

なんとなくマウが手首を気にしたり、焦りが見え始め、

第3ゲームでも、マウのダブルフォルトからのミスと錦織のウィナーで、

このゲームもブレークに成功!

これで勝負あり。

最後は錦織がラブゲームでキープし、第4セットを獲り、

初戦から全て4セットでの勝利となりました。

第1セットは本当にイヤな流れだったり、ファーストが入らず、

ミスもあり、苦しんだ場面もありましたが、

その後、第2セット以降は、調子を取り戻し、

無事に3回戦も勝てて良かったですね。

試合時間は2時間16分でした。

次戦も楽しみです。

 

 

ファーストサーブはどうだった?

n

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

今回の調子はどうだったのでしょうか?

n7

詳細なスタッツを見ると、4セット平均で46ということでした。

ファーストが50%以下ですから、どうりで苦しいはずです。

ダブルフォルトも今回4つあり、けっこうサービスにはかなり苦戦していました。

それでも、マウもファーストは51%で、ダブルフォルト8つ

手首の痛みがあったからか、サービスにかなりマウも苦戦していたことから、

錦織も随分助かった部分もあったと思います。

初対戦ということで、マウ対策のスライスなどの練習は、事前にやっていたようですが、

やはり実際に対戦してみて、初めてわかったことなどもあったと思います。

そういった意味でも、第1セットを先に取られはしましたが、

第2セット以降は、ウィナーの数も上がり、要所でギアを上げ、

ストロークで打ち勝ったかなと思います。

それでも、ファーストサーブ対策はしっかりしておかないと、

この先はかなり厳しくなると思います。

せめて60%くらいにはしておきたいところですね。

疲れもあると思いますが、中1日空いて2年ぶりの4回戦です。

引き続き頑張って欲しいと思います。

n1

錦織の試合後のコメント

 

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「スタートは良くなかった。

中に入られて攻め込まれたが、第2セット以降はアグレッシブにできた。

第3セットが一番良かった。

リターンがさえ、そこからの組み立てが良くなった。

(この日は)トリッキーな相手だったので調子を取り戻したい。

早くリカバリーして4回戦に備えたい」

n3

次戦(4回戦)の対戦相手と試合日時は?

 

錦織の次戦(3回戦)の対戦相手は、

現在試合が行われている、カルロビッチとドナルドソンの勝者になります。

対戦相手と詳細な時間が決まったら、また追記しますね。

追記:錦織の4回戦の対戦相手が決まりました。

第21シードで世界ランク23位の

イボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦します。

追記:試合時間が決定しました。

9月6日(火)午前4時以降に試合開始です。

第3試合ですので、前の試合によっては、試合時間が遅れる可能性があります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク