錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭全米オープン2016結果速報!マレーに勝ってベスト4!準決勝の相手は?

スポンサードリンク

n

マレーに勝った!ベスト4進出!

 

先程行われた、全米オープンテニス2016の準々決勝。

 

第6シードで世界ランク7位の錦織が、

 

第2シードで世界ランク2位のアンディー・マレー(イギリス)を、

 

1-6、6-4、4-6、6-1、7-5の大接戦の末、フルセットで破り、

 

準々決勝を突破しました。

 

おめでとうございます!

 

n3

 

ヨッシャー!!

 

今日は本当に凄い戦いでしたね~

 

試合後には思わずテレビ前で、スタンディングオーベーションしてしまったくらい、

 

ものすごい感動した試合を魅せてもらいました。

 

それもそのはず、今最も勢いのあるマレーを、錦織の積極的且つ攻撃的プレーで追い込み、

 

過去1勝しかしたことなかったマレーに、錦織はついに勝ってしまったのですから、

 

こんなに嬉しいことはないですよね。

 

今年NO.1の試合になったのではないでしょうか。

 

ただ正直、最後の最後までどうなるかわからない戦いだっただけに、

 

ハラハラ・ドキドキしながら、まさに固唾を飲んで試合を観ていましたが、

 

本当に勝ってくれて良かったです。

 

しかし今日の錦織は、ものすごく集中していましたよね。

 

雨で試合が一時中断になるも、その雨をも味方につけてしまった錦織。

 

第1セット終了時、いえ、第2セット途中までは、

 

マレーが圧倒的に優勢でしたし、今日の前半のマレーは相変わらず良いプレーを

 

していましたので、勝ち目を見出すのは正直難しかったです。

 

そんな中、ターニングポイントになったのは、第2セット途中の雨の中断だったと思います。

 

たった15分程の中断でしたが、あそこで流れが一気に変わった気がします。

 

まぁそれでもお互いに粘って、ファイナルセットまでもつれ、

 

それこそブレーク合戦で、シーソーゲームのような一進一退の攻防が続いたわけですが、

 

それを錦織が見事に突破し、あのマレーを攻略したのですから本当に凄かったです。

 

疲労やプレッシャーなど大変だったと思いますが、それでも驚異の集中力で試合を制し、

 

これで2年ぶりにベスト4進出が決定したというわけですね。

 

この調子で、次戦の準決勝も頑張って欲しいです。

 

n1

試合の振り返り

n3

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

今日も快晴のニューヨーク。

 

当初、試合開始予定時刻は、日本時間の午前2時以降ということでしたが、

 

選手が実際に入場してきたのは、日本時間の午前2時35分頃でした。

 

1回戦、2回戦と同じ水色のユニフォーム、頭に同色のハチマキというスタイルで

 

登場した錦織圭。

 

今日は絶対負けられないマレー戦というだけあって、

 

かなり気合いがみなぎっているという感じでしたね。

 

今日の試合のWOWOW解説は、前回の4回戦と同じく松岡修造氏でした。

 

今日も熱い応援や実況、そしてユニーク解説が期待できそうです。

 

n3

 

まずは、第1セット。

 

マレーのサービスで試合がスタート。

 

第3ゲームまでは、お互いに様子見のキープが続いたものの、第4ゲームで、

 

錦織に痛いダブルフォルトやミスが出て、マレーに先にブレークを許します。

 

そこから錦織のミスもあり、ブレーク含む怒涛の4ゲームを連取され、

 

マレーに屈辱の1-6で、第1セットを取られます。

 

n4

 

気持ちを切り替えて臨む第2セット。

 

第3ゲームまで、お互いサービスをキープし合いますが、第4ゲーム途中で、

 

さっきまで快晴だった天気が、一転して雨が降り始めます。

 

一旦ベンチで5分程待機となりますが、雨が上がり試合が続行。

 

マレーがしっかりキープ。

 

第5ゲームで錦織のミスが重なり、マレーにここでブレークを許します。

 

すぐさま第6ゲームで錦織がギアを上げ、ラリー戦を制しブレークバックに成功!

 

迎えた第7ゲーム。

 

錦織のサービスゲームですが、苦しみながら40-30になった時に、

 

また雨が強く降り始め、センターコートの屋根を閉めることに。

 

ここで一時中断となり、選手はローカーへ引き揚げます。

 

15分程で屋根が閉まり、もう一度ウォーミングアップ後に試合再開。

 

戻ってきた後は、あっさり錦織がキープ!

 

錦織にとって恵みの雨になったのか、第1セットとは別人の雰囲気の錦織。

 

更に気合いが入っています。

 

迎えた第10ゲーム。

 

長いラリー戦を錦織が制し、粘ってブレークに成功!

 

ここで第2セットを錦織が獲ります。

 

n5

 

そして、第3セット。

 

第1ゲームでいきなりマレーにブレークされますが、

 

第2ゲームですかさずブレークバックに成功する錦織。

 

その後、第6ゲームまでお互いサービスキープし合う、我慢の展開に。

 

そして迎えた第7ゲームで、またマレーにブレークを許してしまいますが、

 

第8ゲームでブレークバックに成功するも、第9ゲームで、

 

またマレーにブレークされてしまい勝負あり。

 

第3セットは、マレーにセットを奪われます。

 

n6

 

迎えた第4セット。

 

錦織はここで負けるわけにはいきません。

 

更なるギアを上げる錦織。

 

第3ゲームまではお互いキープが続くも、迎えた第4ゲームでマレーにミスが出て

 

すかさず錦織がブレーク!

 

その後第6ゲームでもマレーのミスが重なり、錦織がブレークに成功し勝負あり。

 

第4セットは錦織が獲ります。

 

n7

 

運命の第5セット。

 

第4セットの流れをそのままに、第1ゲームで錦織がこの試合初めて先にブレークします。

 

ただ諦めないマレーは、第4ゲームでブレークバックに成功!

 

錦織は思わずラケットを投げます。

 

ショックを受ける錦織でしたが、気持ちを切り替え臨んだ第5ゲームで、

 

マレーがミスを重ね、錦織が再度ブレーク!

 

このまま逃げ切るかと思いきや、第8ゲームで錦織のミスでマレーが再度ブレークバック!

 

もうこの時点で、神様に祈るような気持ちで迎えた第11ゲームで、

 

錦織が執念のブレークに成功!これで勝負あり。

 

2年ぶりにベスト4進出となりました!

 

試合時間は、驚異の3時間58分でした。

 

お疲れ様でした。

 

思わず松岡修造氏も、感極まっていましたね。

 

本当に良かったです。

 

そして次戦の準決勝も楽しみです。

 

n2

ファーストサーブはどうだった? 

 

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n8

 

詳細なスタッツを見ると、5セット平均で約60ということでした。

 

ただ、第1セットとかは50%切っていましたが、尻上がりに良くなっていき、

 

結果60%程に落ち着いた格好になりました。

 

ファーストサーブも確かにもちろん大事でしたが、今日のマレーとの闘いは、

 

サーブ云々だけに限らず、最後は精神力で勝ったと思います。

 

鉄壁のマレーを打ち崩したのは、錦織の執念と攻撃的プレーで戦った結果です。

 

絶対諦めないとされるマレーをも、錦織の驚異の粘りで飲み込んでしまった、

 

粘り勝ちだったと思います。

 

ダブルフォルトも4本もありましたし、ミスもかなりあって、

 

途中でラケットを投げてしまい、錦織も限界の一歩手前のような精神状態だったと思います。

 

それでも、諦めずに自分を最後まで信じて戦った結果、マレーを上回るウィナー叩き出し、

 

ブレークも何度も奪い、ようやくマレーに勝ったのです。

 

本当に感動をありがとうと言いたいですが、

 

まだここで全米が終わったわけではありません。

 

疲れもあると思いますが、全米初制覇まであと2試合がまだ残っているのです。

 

マレーという最大の山は越えましたが、ここからもまだまだ険しい道は続きます。

 

錦織も、最後派手なガッツポーズはしていなかったので、

 

優勝時まで温存しておくのかなと思いました。

 

一旦冷静になり、次の戦いに備えてもらいたいと思います。

 

n3

雨と音響と蝶々が錦織に味方してくれた?! 

 

今日錦織が勝てた要因のひとつに、雨での一時中断がありました。

 

やはりこの一時中断で、錦織が本来の自分のテニスを思い出す時間や、

 

リズムや流れを引き寄せたのではないかと思いますし、

 

中断中に、マイケルチャンコーチらと作戦の練り直しもしたようですから、

 

錦織にとって結果的にこの雨が、「恵みの雨」になってくれたようですね。

 

それ以外にも、錦織に味方してくれたものがありました。

 

それは、第4セットの第3ゲームの試合中に、突然音響システムの音が、

 

バーンと鈍く試合会場中に響いたのです。

 

その音により、審判の判断でゲームのやり直しということがあったのですが、

 

そのことで、マレーが不満に思ったのか、ずーっと文句を言い始めたのです。

 

それこそ永延文句を言い、独り言でもずっとイライラしながら眉間にしわを寄せ、

 

何やらブツブツ文句を言い続けていて、それが結果的にイライラに繋がったのか、

 

その後のマレーは、精彩を欠いたミスを連発するようになったのです。

 

ラケットを叩きつけるしぐさや、実際にネットには叩きつけたりもしていました。

 

n

 

それと同じく第4セットで、どこから入ったのか大きい蝶々が、

 

コートのネット付近にウロウロ飛び回り、試合の妨げになるような動きをし始めたのです。

 

いずれも錦織は全く意に介さず、自分に集中していたので問題はなかったのですが、

 

マレーはいちいち難癖をつけ、審判に文句を言ったりして、

 

結果冷静さを失い、ミスを連発し、ある意味では自滅した感もあったような気もします。

 

ただマレーはいつも、自分を鼓舞するために、『カモ―ン!』とか『レッツゴー!』

 

などと大きな声で叫んだりするのですが、それは自分のためでもあり、

 

相手選手にそういう大声や、派手なガッツポーズを見せて、プレッシャーをかける

 

戦略でもあるようなんですね。

 

でも今日の錦織は、そのマレーの反応に乗ることなく、

 

自分に集中し聞く耳を持たなかったのが良かったのだと思います。

 

それが結果的に奏功したのか、ついにはマレーに勝ってしまったのですから、

 

そういった意味でも、雨や音響や、蝶々までもが錦織に結果的に

 

味方してくれたのかなと思います。

 

いずれにしても、勝てて良かったです。

  

錦織とマレーの試合後のコメントとは

  

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「ワクワクしすぎて、冷静さを保つのが大変だった。

 

アップダウンはありましたが、最後に勝てて良かったです。

 

最後まで諦めずにやれた。

 

出だしが悪かったが、落ち着いて2、3セット目はいけた。

 

長めのラリーを我慢できた。

 

雨の後は本当に集中した。

 

どんどん自信が増してきた。

 

ずっとマレーには負けていたから、特にこの舞台で勝てたのは大きい。

 

デビスカップで長い試合(5セットマッチ)で負けていたから最高のリベンジになった。」

 

n5

 

一方、敗れたマレーのコメントも入ってきました。

 

「自分に流れがある時にサービスゲームを落としてしまった。

 

(第2セット途中に)屋根が閉じてからサーブが狂った。

 

落胆はしていないし、できるだけのことはやった。

 

でも確実に勝てる試合だった。

 

勝利に必要なだけのブレークは奪っていた。

 

ただ、勝利に必要なだけのサービスをキープ出来なかった。

 

それが勝敗を分けてしまった。

 

もっと上へ勝ち上がりたかったが、今日はそれを許してくれなかった。」

 

確かに屋根が閉じてからと言いますか、雨で中断後から流れが変わったのは事実ですし、

 

マレーのサーブの狂いというよりは、イライラしていて、集中力を欠いてしまったのが

 

今回の敗因だったと思います。

 

これまでのマレーにしては、今日はかなり精彩を欠いてしまったプレーが目立ちました。

 

マレーが確実に勝てた試合だったかどうかはわかりませんが、

 

これでマレーは、6大会連続決勝進出で記録はストップしてしまったとのこと。 

 

準々決勝の対戦相手と試合日時は?

n2

 

錦織の次戦(準決勝)の対戦相手は、

 

この後試合が行われる、ワウリンカとデルポトロの勝者になります。

 

対戦相手と詳細な時間が決まったら、また追記しますね。

 

追記:錦織の準決勝の対戦相手が決定しました。

 

第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦します。

 

準決勝は、9月10日(土)午前5時30分以降に試合開始予定です。

 

※前の試合によって開始時間が遅れる可能性があります。

 

n4

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

スポンサードリンク