錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

ジョコビッチ 上海マスターズ2016準決勝敗退!怒りでラケット折り&着用ウェア破り!

スポンサードリンク

n1

ジョコビッチ準決勝敗退!

n2

上海ロレックスマスターズ2016準決勝。

 

今大会第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、

 

第15シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に、

 

4-6、4-6のストレートで、初めて敗れ、2連覇ならず、

 

準決勝で敗退してしまいました。

 

残念!

 

昨日の準々決勝の、ミーシャ・ズべレフとの試合でも、第1セットを落とし、

 

いつものジョコビッチらしからぬ、精彩を欠くプレーが見受けられていましたが、

 

それでも何とかフルセットで勝って、準決勝進出となりましたよね。

 

ジョコビッチでも、そんな日もあるのかなとは思っていましたが、

 

今日の準決勝でも、更に精彩を欠いたプレーでびっくりしました。

 

とにかくアンフォーストエラーが多かったですし、

 

いつもの鉄壁ジョコビッチではなかったですね。

 

それでも昨日と同様に、最後はなんだかんだいっても、ジョコが勝ってしまうのだろうと

 

思っていたのですが、一度も敗けたことのない、バウティスタアグートに

 

敗けてしまったわけですから、内心そりゃ穏やかではなかったでしょう。 

 

怒りでラケット折り&着用ウェア破り!

n2

 

第1セット終了時には、ラケットを叩き割り、怒りを爆発!

 

第2セットでも、劣勢の展開になってしまった時に、着ているウェアを思わず破り、

 

ムカつき感を全面に出していたジョコビッチ。

 

このようにジョコビッチは、時々プレー中にイライラすると、

 

ラケットに当たったりすることはけっこうありましたし、このようなシーンも

 

今まで何度も見たことありましたが、今日も思いっきりラケットを叩きつけていましたね。

 

今大会では、アレキサンダー・ズべレフも、ツォンガとの試合中にブレークを許し、

 

ラケットを思いっきり派手に叩き割っていましたが、

 

ジョコビッチも今日は、かなり思い切って叩いていました。

 

でもこういう行為って、観ていてとてもイヤですよね。

 

悔しい気持ちはすごくわかりますが、世界NO.1の選手がやることではないと思います。

 

そのジョコビッチとは対照的に、バウティスタアグートが

 

とても良い試合をしていましたから、余計にジョコビッチのイライラは

 

どんどん募っていったのでしょうけどね。

 

結局第2セットも、最後にバウティスタ・アグートにブレークされ、

 

ストレートで準決勝敗退してしまったわけです。

 

試合時間は、1時間48分でした。 

 

試合後のジョコビッチのコメントとは

n

 

試合後にジョコビッチは、

「すっきりしていない。」

と言っていました。

 

更に怒りの矛先を主審にぶつけ、試合中も試合後にも文句を言っていましたが、

 

主審に対して、

「彼の下した判断については、ただただ理解できない。

 

ラケットを替えたり、(破れた)シャツを替えたりしにいったら、警告を与えられた。

 

まぁ、彼がショーのスターだったのさ。

 

今日は彼がそうなりたがっていたんだ。」

 

と言っていましたが、このコメントは残念でした。

 

いくらムカついているからとはいえ、審判にあれだけ文句を言って批判を繰り返しても

 

しょうがないですし、世界NO.1プレーヤーであれば、

 

プレーで勝利を勝ち取って欲しかったですよね。

ジョコビッチの不調はケガが原因なのか?

n

 

ナダル程ではないにせよ、ジョコビッチもリオオリンピック以降、

 

らしからぬプレーが続いていますよね。

 

いわゆる不調ということでしょうか。

 

ジョコビッチが今まで圧倒的に強すぎたので、もしかしたらこれが

 

普通なのかもしれませんが、それにしても、ロジャーズカップ以降、

 

ジョコビッチが優勝から遠ざかっていますので、なんとなく違和感があります。

 

プレーの内容を観ても、やはり精彩を欠いたようなプレーを観掛けますし、

 

確かに手首や肘などの故障で、試合を欠場したりしていましたから、

 

不調の原因は、そういったケガによるものなのかも知れません。

 

特にシーズン終盤は、なにかしら体のどこかに出てくるものですよね。

 

実際、錦織も蓄積疲労などが原因かわかりませんが、今回のように、

 

突然臀部に痛みが出てしまうこともあるのですから、タフなスケジュールで試合をしている

 

選手には、やはり相当な負担がかかっているのだと思います。

 

ですから、食事や栄養管理、トレーニングの細部にまで徹底的にこだわって、

 

気をつかっている世界NO.1のジョコビッチでさえも、

 

やはり体への負担はあったのでしょう。

 

それは、いくら最強のジョコビッチと言えども、ロボットではないのですから、

 

ケガもたまにはありますよね。

 

BIG4のフェデラーは、現在欠場中、ナダルも欠場を検討しているくらい不調続き。

 

そしてジョコビッチまでもが好調を維持できないとなると、

 

なんとなく違和感があります。

 

もちろん、そういったところに我らが錦織圭に、是非とも突け入って欲しいわけですが、

 

錦織も現在リハビリ中ですからね。

 

とにかくBIG4がこれからどうなっていくのか、今後も注目ですね。 

 

上海マスターズ決勝は? 

 

明日の上海マスターズ2016の決勝は、

 

アンディー・マレーと、ロベルタ・バウティスタアグートで行います。

 

試合時間は、17時30分からです。

 

マレーはBIG4で唯一絶好調ですから、5年ぶりに優勝できるかどうかですね。

 

ジョコビッチに初めて勝って、初の決勝に進んだバウティスタアグートにも

 

是非頑張ってもらいたいですね。

 

n1

テレビ放送予定

  

上海ロレックスマスターズ2016の決勝戦は、

 

NHK・BS1とGAORAで生中継で放送が予定されています。

 

見逃せませんね。

 

n3

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

スポンサードリンク