錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭 スイスインドア2016結果速報!苦戦するも大逆転勝利で決勝進出!対戦相手は?

スポンサードリンク

n

  

逆転で決勝進出!

 

先程行われた、スイスインドア2016の準決勝。

 

第3シードで世界ランク5位の錦織圭が、世界ランク37位のジレ・ミュラー

 

(ルクセンブルク)を、4-6、7-6(7-2)、6-3の逆転で破り、

 

決勝進出を決めました。

 

おめでとうございます!

 

やった~!!

 

n

 

しかし今日の試合はかなり苦戦しましたね~。

 

最後に両者が戦ったのが2011年ということで、5年ぶりの対戦でしたが、

 

本当に厳しい戦いでした。

 

錦織は今大会、セットはおろか、ブレークさえ一度も許していなかったのに、

 

第1セットは2度のブレークを許し、セットも先に取られてしまう展開に。

 

同じビッグサーバーでも、デルポトロとミュラーは全然違いましたね。

 

むしろ今となっては、デルポトロの方がやりやすかったかも。

 

というのも、今日のミュラーはサーブもストロークも好調で、逆に錦織の方はミスが多く、

 

中々上手く流れを引き寄せることが出来ず。

 

それでも第2セットのタイブレークを制したのが大きかったですね。

 

ここで流れが変わり、第3セットを取り返し、

 

見事5年ぶりの決勝進出を決めたというわけです。

 

2度のマッチポイントを握られた時は、正直どうなるかとハラハラ・ドキドキしましたが、

 

とりあえず勝てて良かったですね。

 

 

試合の振り返り

n

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

まずは第1セット。

 

n2

 

今日も黄色いウェアで、予定通り日本時間の21時30分過ぎに登場した錦織圭。

 

ミュラーのサービスから試合がスタート。

 

いきなりサービスエースをガンガン決めてくるミュラー。

 

それでも迎えた第3ゲーム。

 

ミュラーのミスなどで、先にブレークに成功します。

 

ここまではミュラーのサーブは際立っていたものの、ストロークは錦織が圧倒していたので、

 

すんなりストレートで勝てるかなと思っていたのですが、

 

この後、徐々に錦織にミスが出始めます。

 

それでもサービスゲームはキープしていたのですが、

 

迎えた第8ゲーム。

 

30-40とブレークポイントをミュラーに握られ、

 

錦織のリターンミスで、あっさりブレークバックされてしまい、タイに。

 

そこから、錦織の集中力が途切れてしまったのか、

 

第10ゲームでデュースまで粘るも、またブレークされ、

 

ついに第1セットを落としてしまいます。

 

錦織は、第1セット終了後のベンチで、集中力を高めているのか、反省しているのか、

 

うなだれているのか、とにかくタオルを頭からかぶって何か考えていたようです。

 

n3

 

続いて第2セット。

 

このセットを取らなければ、もう後がありませんから、

 

気持ちを切り替えていくしかありません。

 

それでも、うまく気持ちが切り替えられているのか、いないのか、

 

第1セットとあまり変わり映えしないまま、お互いサービスキープが続きます。

 

表情はなんとなく悲壮感が漂う雰囲気で、モヤモヤした中試合をしている感じでしょうか。

 

4-5で迎えた第10ゲーム。

 

ミューラーにマッチポイントを握られ、絶体絶命のピンチに。

 

それでも、錦織のサービスエースが決まり、デュースに。

 

それでもアドバンテージを握られ、2度目のマッチポイント。

 

それでも錦織のサービスエースでここを凌ぎ、サービスキープ!

 

結局、6-6のタイブレークに突入。

 

錦織の驚異の集中力と、ミュラーのミスで、7-2でタイブレークを制し、

 

錦織が第2セットをなんとか獲ることに成功。

 

ここで、両者トイレットブレーク。

 

n2

 

第2セットのタイブレークを制し、第2セットを獲ることに成功したので、

 

錦織の気分も上がったのか、なんとなく表情にも明るさが戻ります。

 

迎えた第6ゲーム。

 

ミュラーがダブルフォルトを連続で犯し、錦織にブレークチャンスが訪れます。

 

錦織がすかさず畳みかけ、ブレークに成功!

 

ここで勝負あり。

 

最後は錦織はきっちりキープして、無事に第3セットを獲り、見事決勝進出を決めました。

 

とりあえず、勝ててホッとしましたね。

 

試合時間は、2時間14分でした。

 

 

ファーストサーブはどうだった?

n1

 

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n

 

詳細なスタッツを見ると、3セット平均で65ということで、

 

今大会一番確率は良かったですね。

 

サービスエースが効果的に良く決まっていました。

 

準々決勝では7本のサービスエースでしたが、

 

今回は8本のサービスエースということで、錦織のサーブの好調さが伺えます。

 

一方のミュラーの確率も同じく65%でしたが、

 

何といってもサービスエースが20本と圧倒的でしたね。

 

ただ、ビッグサーバーの選手との対戦は、正直本当に微妙な気持ちになります。

 

もちろんそれも戦術ですし、それがその選手の持っている特徴であり、武器なのですけど、

 

錦織のプレーをいつも見ている我々からすると、

 

なんともつまらない気持ちになってしまうのですよね。

 

ただ、そんなビッグサーバーを制して勝った時の解放感というか優越感は、

 

なんとも格別なものがあります。

 

 

錦織の試合後のコメントとは

 

 

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「ずっと冷静だったし、自信を持って戦っていた。

 

第2セットの相手のマッチポイントでは、

 

ミュラーがネットにつきそうなほど前にいたので、ロブを打った。

 

とにかく厳しい試合だった。」

ずっと冷静だったのですね。(^_^;)

 

厳しい中でもチャンスをモノにする錦織は、やはりさすがだなと思いました。

 

ここで勝つか敗けるかでは、雲泥の差ですからね。

 

そこを勝ち切る強さが、今の錦織のランキングを作っているんだなと思いましたね。

 

 

優勝に王手!

n

 

今シーズンのツアーでの優勝は、2月のATP250のメンフィスオープンだけです。

 

あと1つ勝てば優勝です。

 

ここまできたら、是非、今シーズンの2度目の優勝をして欲しいですね。

 

今シーズンの勝ち星も、55勝⇒56勝に伸ばしました。

 

是非、優勝を勝ち取って欲しいですし、今の錦織だったら優勝できると思います。

 

頑張って欲しいですね。

 

 

決勝の対戦相手と試合日時は?

 

 

ついに次戦は、スイスインドア2016の決勝戦です。

 

対戦相手は、現在試合が行われている、マリン・チリッチとミーシャ・ズべレフ

 

の勝者と戦います。

 

試合日時は30日(日)22時30分より試合開始予定です。

 

対戦相手が決まり次第、追記します。

 

追記:決勝戦は、マリン・チリッチ(クロアチア)と

 

対戦が決まりました。

  

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

  

 

スポンサードリンク