錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016結果速報!ツォンガに逆転敗け!ベスト8ならず!

スポンサードリンク

n2

ツォンガに逆転敗け!

n

先程行われた、BNPパリバマスターズ2016の3回戦。

第5シードで世界ランク4位の錦織圭が、世界ランク13位の

ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に、

6-0、3-6、6-7(3-7)のフルセットで、

逆転敗けを喫してしまいました

残念!

n7

この試合は本当にもったいなかったですね~。

第1セットから、6-0というスコアで調子が良かった錦織だったですし、

ツォンガもあまり調子が良くない感じでしたから、ストレートで勝てると思ってただけに、

第2セット以降、どんどん流れがツォンガに行ってしまっていたので心配でしたが、

それでも第3セットで、錦織はダブルのマッチポイントを握ったところで、

勝ったと思ったのですが、そう簡単には行きませんでしたね。

ツォンガのラッキーなネットポイントで、一気にまた流れが向こうに行ってしまいました。

勝てたと思ってた試合だっただけに、この敗戦は残念でなりません。

でもしょうがないですね。

ツアーファイナルを残し、今季最後のツアー、マスターズは、

無念の3回戦敗退となってしまいました。

 

試合の振り返り

n

今日の試合は、センターコートの第5試合に組まれていましたから、

日本時間で午前3時30分以降に試合開始ということでしたが、

やはり前の試合が長引き、遅れたことから、結局錦織が入場してきたのは、

約1時間遅れの午前4時30分頃となりました。

コイントスに錦織が勝ち、いつものようにレシーブを選びます。

まずは第1セット。

n7

ツォンガのサービスから試合がスタート。

いきなりダブルフォルトなど、ツォンガにサーブのミス。

15-40で、錦織がバックのウィナーを決め、いきなりブレークに成功!

そこから、ツォンガのサーブやショットにことごとくミスが出て、

2ブレーク含む怒涛の6ゲーム連取。

結局、6-0であっという間に第1セットを獲ります。

ただ第1セット終了時、試合中に痛めたのか、

錦織が太もものマッサージを受ける場面がありました。

続いて第2セット。

n8

第1セットを圧勝で獲ったので、このセットも決めてストレートで決めたいところ。

それが第1セットでは、まったくサーブもショットもミスだらけだったツォンガが、

修正してきます。

ミスが減り、良いショットを打ってくるように。

逆に錦織にミスが出始めます。

それでも第5ゲームまでは、お互いサービスキープが続き、迎えた第6ゲーム。

錦織のミスで、0-40に。

ここでツォンガに先にブレークを許し、勝負あり。

その後ブレークバックできず、第2セットをツォンガが取ります。

敗けられない第3セット。

n9

第7ゲームまでは、お互いサービスキープが続くも、

錦織から4-3で迎えた第8ゲーム。

ここで、錦織がブレークに成功し、5-3。

第9ゲームで、serving for the match。

40-15で、もうほぼ勝ったと思っていた時、ツォンガのショットがネットに引っかかり、

錦織のコートにポトリと落ち、ラッキーポイントに。

ここで流れがツォンガに。

その後追いつかれ、40-40。

結局、錦織のミスショットでブレークバックされてしまいます。

その後お互いキープし合い、6-6のタイブレークに突入。

しかし、ここでも錦織にミスが出て、3-7でこのセットもツォンガに取られ、

セットカウント1-2で、ツォンガに逆転で敗れてしまいました。

ツォンガは地元の大声援に答え、ツォンガの派手でノリノリなガッツポーズ!

正直見たくなかった・・・。

ダブルのマッチポイントを握りながらの敗戦は、全く気分がいいものではありませんでした。

悔しい3回戦敗戦となりました。

 

ファーストサーブはどうだった?

n5

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

今回の調子はどうだったのでしょうか?

n

詳細なスタッツを見ると、3セット平均で53ということで、

あまり良くなかったですね。

ダブルフォルトも今日は6本もあり、プレッシャーのかかるところでの、

ダブルフォルトは痛かったです。

今日は第1セットでは、6-0の圧勝だったからこそ、余計に第2セット以降の

ミスがもったいなかったと思います。

一番のターニングポイントは、やはり第3セットのマッチポイントの場面ですね。

あそこで決めきれなかったのが、すべてだったと思います。

n

錦織の試合後のコメントとは

 

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「ボールが重い分、サーブがなかなか入ってくれなかった。

場面、場面で消極的になってしまった。

特にファイナル(最終セット)はチャンスもあった。

第3セットで取り切れなかったのが悔やまれる。

もちろん自分にも原因はあるだろうし、

第2セットからツォンガもしっかりプレーしてきた。」

残念ですが、反省するべきところは反省して、次に生かしていくしかないと思います。

実際ツォンガは地元選手ですから、応援もすごくてアウェー感はありました。

でも、あのマッチポイントさえ取っていれば・・・悔やまれる試合でした。

 

世界ランク4位から5位へ転落

 

先週世界ランク5位から、キャリアハイの4位へ浮上したばかりでしたが、

今日の敗戦で、またもや5位へ転落することが確定しました。

残念ですね。

決勝まで進んでいれば、キャリアハイとなる世界ランク3位だったんですけどね。

n1

次はツアーファイナル!

 

マスターズは残念ながら、3回戦敗退で終わってしまいましたが、

既に確定しているツアファイナルへの出場がまだ残っています。

今年1年頑張ってきた選手、上位8名が参加の権利があるエリートの試合。

『ATPワールドツアーファイナルズ2016』

ロンドンで11月14日(月)から開幕するということで、

来週は1週間空きますが、連戦の疲れを癒し、しっかり体を休めて、調整して、

今年最後の締めくくりの試合を、悔いなく、是非楽しんでもらいたいと思います。

 

※関連記事

BNPパリバマスターズ 錦織圭の3回戦の試合時間は?300勝達成の重みとは 

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016初戦(2回戦)の試合時間は?ツアー300勝へ!

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016 共同記者会見のコメントとは!初戦の試合はいつ?

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016ドロー発表!第5シードで2回戦から出場!

錦織圭BNPパリバマスターズ2016試合予定とテレビ放送予定(NHK)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク