錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

BNPパリバマスターズ2016 なぜ錦織圭は敗けたのか?ツォンガのコメントも!

スポンサードリンク

n

なぜ錦織圭は敗けたのか?

 

n9

昨日のBNPパリバマスターズ2016の3回戦で、錦織圭はツォンガに、

悔しい逆転敗けを喫してしまってから、なぜ錦織はツォンガに敗けたのかということを、

ずっと考えていました。

先週のスイスインドアの決勝戦でも、過去5勝2敗で勝ち越しているチリッチに敗れ、

今回ツォンガにも、同じく過去5勝2敗で勝ち越している相手に敗れてしまったわけです。

錦織はいったい何がいけなかったのでしょうか。

もちろん先週と今週では、同じ室内ハードコートとはいえ、ボールもサーフェスも違います。

先週はケガ明けからの復帰戦でしたが、今週は、先週決勝まで5試合戦っての

今週ですから、疲労度などは全然違いますよね。

n7

今回のツォンガ戦での第1セットが、6-0という圧倒的な楽勝ムードでセットを獲ったことで、

若干の油断が生まれたのでしょうか。

或いは、第1セット終了後に太もものマッサージを受けていましたが、

蓄積疲労による何か痛みなどがあったからでしょうか。

いずれにしても、第2セットをツォンガに取られてしまったのはしょうがないとしても、

第3セットでようやくブレークし、なんだかんだ言ってもダブルのマッチポイントを

握ったわけですから、いつもの錦織だったら、絶対勝ってた試合でした。

ところがどっこい、取り切れないどころかブレークまでされ、結果敗けてしまった。

なぜあの時取り切れなかったのか、やはりここですよね。

確かに全体を通して振り返ってみても、蓄積疲労はあったと思います。

サーブやショットの威力が、いつもより2割くらいは弱いように感じていましたし、

それでも、要所要所でギアを上げてゲームメークしてたのは、

さすが錦織だなとも思っていましたが、ただ、第3セットのあの場面は、

絶対に取らなければいけない場面だったんですよね。

そこはやはり、先週のチリッチ戦と同じように、プレッシャーによる

力みが出てしまったのかなと、正直私はそう思いました。

 

ツォンガの試合後のコメントとは

n3

ツォンガは試合後に、錦織との試合をこんな風に振り返ってコメントをしていました。

 「僕は最初、少しストレスを感じていた。

何でかはわからない。

いいプレーをしていたから勝ちたいと思いすぎていたのかもしれない。

それで硬くなってしまい、対照的にケイはすごくいいプレーをしていた。

彼はいいリターンを入れ、大いにプレッシャーをかけてきた。

第2セットではサービスをよくするように努め、

よりアグレッシブに戦おうとした。

違いはそれだけなんだ。

最後、マッチポイントでのリターンはちょっぴりラッキーだった。

リターンがネットに当たってぽとりと落ち、

それでポイントを取ることができたわけだからね。

そのあと彼は2つのダブルフォールトをおかした。

彼が僕にカムバックするチャンスを与えてくれたんだ。」

恐らく、ほんの紙一重の差なのかも知れませんが、勝敗を分けたのは、

勝ちたいと思う気持ちが強すぎたことかも知れません。

その思いが強すぎてしまうと、つい力んでしまい、本来のパフォーマンスが出来ず、

ミスしてしまったり、プレーが消極的になってしまうのかもしれないです。

錦織もまさに、マッチポイントを掴んでから、ツォンガにラッキーなネットインをされ、

ダブルフォルトのミスから、一気に流れをひっくり返されてしまったのですから。

 

今季の優勝回数は1回のみ!

n4

今季の錦織は、とても良い成績を残していますが、その反面、

優勝回数はわずか1回に留まっているという、なんとも皮肉な結果になっています。

準優勝は、4回もあるのですが、やはり優勝して初めてタイトルが付きますから、

準優勝ではなく、優勝したいところなのですが、そこは錦織も感じているようで、

今回のマスターズ初戦で、トロイツキに勝った試合後に、

記者から、今季は良い成績を残している一方で、

優勝が1回しかないことについて聞かれ、こんなことを言っていました。

「痛いところをつかれましたけど、

確かに優勝が少ないのは少し気にはなっている。

今回も(バーゼルで)決勝にいったけれど、勝てないのはともかく、

決勝であまりいいテニスができてないというのが続いている。

その“やるせない感”というのはあるし、何か足りてないんだろうな、と感じている。

大事なのはマスターズ(ATP1000)やグランドスラムで活躍することなので、

目標はそちらにおいている。

マスターズの準優勝、ベスト4などが増えてきているという面での充実感は、

昨年と比べてもまったく違う。

それプラス、ATP250や500レベルの優勝などがついてくれば、

もう少しうれしさは増すだろう。」

今季の目標の1つだったマスターズでの優勝は、今季も残念ながら叶わなかったわけですが、

準優勝が2回ありましたので、あと一歩のところまで来ているのは間違いないでしょう。

本当に時間の問題だと思います。

n5

今季の公式戦は、あとツアーファイナルを残すのみになっていますが、

錦織も今回の敗戦後、こんなことを言っていました。

「ここでもっと上に勝ち上がれば、今季を4位で終わらせる可能性も増えていた。

もう少し上に行きたかったけれど、しっかり準備してロンドンに向かいたい。

ATPファイナルズまで、まだ一週間あるので、まずは休んでしっかり練習し、

特にストロークをもう少し調整して調子を上げていくようにしたい。」

もちろん、せっかく世界ランク4位に上がったばかりだったのに、

週明けにはまた5位に落ちるのはイヤですよね。

4位と5位では、来季のドローがかなり変わってきますから。

でも終わってしまったことはしょうがない。

ツアーファイナルまで、調子をまた一段上げて、最高の試合で、

今季を締めくくって欲しいなと思います。

 頑張れ錦織圭

※関連記事

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016結果速報!ツォンガに逆転敗け!ベスト8ならず!

BNPパリバマスターズ 錦織圭の3回戦の試合時間は?300勝達成の重みとは

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016結果速報!初戦突破で3回戦進出!通算300勝達成!

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016初戦(2回戦)の試合時間は?ツアー300勝へ!

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016 共同記者会見のコメントとは!初戦の試合はいつ?

錦織圭 BNPパリバマスターズ2016ドロー発表!第5シードで2回戦から出場!

錦織圭BNPパリバマスターズ2016試合予定とテレビ放送予定(NHK)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

スポンサードリンク