錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭 ツアーファイナル2016今夜(13日)開幕!記者会見で語った熱い思いとは

スポンサードリンク

cs_im

ATPワールドツアーファイナルズ2016開幕

n1

 

いよいよ本日夜から、ATPワールドツアーファイナルズ2016が開幕します。

 

錦織の初戦は明日14日の夜11時以降に試合開始予定ですが、

 

今夜から開幕するんだなぁと思うと、ちょっと既にワクワク、ドキドキしています。

 

このツアーファイナルが、今年の公式戦最後の試合になりますし、

 

1年の締めくくりとなる最後の戦いにふさわしい、今季活躍したトップ8で争う試合です。

 

本当に強い選手だけの戦いって、すごく見応えがありますよね。

 

開幕前のレセプションパーティーでのスーツ写真は、

 

みんなかっこ良く映っていて、爽やかな表情をしていますよね。

 

今夜からそれぞれ8人の選手の、熱い戦いを存分に観ていきたいと思います。 

 

錦織が記者会見で語ったこととは

n9

 

パリバマスターズでツォンガに敗れてしまったことで、

 

せっかく4位に上がったランキングを、またもやラオニッチに抜かれ、

 

ツアーファイナル2016を、今回世界ランキング5位で迎える錦織圭。

 

今季最後の公式戦で、ポイントを上積みして、来年4位以上で迎えたいところですが、

 

果たしてどうなるのでしょうか。

 

開幕前の記者会見で、錦織が熱い胸の内を語ったとのこと。

「タフな戦いになると思います。

 

初戦のスタンは素晴らしいシーズンを送ってきました。

 

グループは経験豊富な選手ばかりですし、簡単ではありません。

 

スタンとアンディがいて、マリンも今季は好調です。

 

だけど、僕も充実したシーズンを送れたと思っています。

 

たくさんの試合を戦い、ここまですごく良い感じで来れています。

 

問題はどう締めくくるかです。

 

この大会に出るのも当たり前になってきました。

 

今年で3年目で、いつも僕にとっての大きな目標です。

 

ここでのプレーはいつだって気持ちが高ぶります。

 

これを機会に、良い形でシーズンを終えたいと思っています。

 

デビスカップは僕にとって分岐点でした。

 

負けはしましたけど、アンディ相手にすごく良いプレーができた。

 

彼に勝てそうだと感じることはほとんどないのですが、

 

あの試合はいい感触があって、十分に勝てるチャンスがありました。

 

それが自信につながり、全米では勝つことができた。

 

僕にとってすごく大きな経験で、すごく自信になりました。

 

あの2試合からはたくさんのことを学べたんです。

 

アンディが1位を奪ったのにはびっくりしました。

 

最高の一年を送っていて、見ていてすごいと思いました。

 

だけどノバクが1位を奪い返して今年を終える可能性もあると思います。

 

ここ数か月間の彼はベストじゃありませんでした。

 

でもファイナルは最高の舞台ですから、きっとベストの状態に戻してくるはずです。」

 

n

 

錦織にとっての分岐点は、今年3月のデビスカップで、マレーと戦った時だったのですね。

 

確かにその時は、惜しくも敗戦となってしまいましたが、

 

5セットまでもつれた大接戦だったんですよね。

 

 

錦織はその後、今年9月の全米オープン2016準々決勝で、やはり5セットまでもつれる

 

大接戦を制して、見事錦織がデビスカップとリオオリンピックのリベンジを果たし、

 

マレーに今季初勝利を挙げることが出来たわけですが、その原動力になったのが、

 

3月のデビスカップだったというわけですね。

  

もちろんその前の8月のリオオリンピック準決勝で、

 

まんまとストレート敗けを喫しているわけですが、それも伏線と考えれば、

 

中々面白いストーリーだったと思います。(^_^;)

  

錦織がマレーに初めて勝ったのは、ちょうど2年前となる2014年の

 

ツアーファイナルでしたよね。

 

あの時は、まだマレーもケガ明けだったりと、今思えば、

 

今程の勢いはなかった時だったと思います。

 

それでも、一度も勝ったことがなかったマレーに、初めて勝ったことは、

 

錦織にとっても自信になったのでは?と思ったのですが、

 

そこからまた長いトンネルに入ってしまい、

 

今年の全米オープンまで勝てなかったんですよね。

 

でも、ようやくそのトンネルを抜け、全く違う気持ちで、今年マレーに勝てたのは、

 

やはり錦織が言うように、大きなターニングポイントを経ての

 

勝利だったに違いないと思います。

 

今回のツアーファイナルでは、マレーと同じ組に入ったわけですが、

 

世界NO.1になったマレーと、改めてどう戦うのか、

 

色んな気持ちや考えがあると思いますが、錦織らしく、自分のプレーに徹して、

 

面白い見応えのあるプレーを魅せて欲しいですね。

 

そして、錦織も言っていた通り、ジョコビッチが世界1位奪取に、なりふり構わず

 

また全力で突進してくるだろうと思いますので、そんなところも

 

今回注目していきたいと思います。

 

楽しみですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク