錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭 ウェスタン&サザンオープン2017試合予定やドロー、テレビ放送予定(NHK BS1、GAORA、スポナビ)

スポンサードリンク

f:id:orangemajochie:20170809014216j:plain

モントリオール ⇒ シンシナティー 

ロジャーズカップ終了後はすぐにウェスタン&サザンオープンが始まります。

 

カナダ・モントリオールからアメリカ・オハイオ州のシンシナティーに移動し、14日より開幕するATP1000シンシナティーマスターズに出場するのです。

 

全米オープンの前哨戦最後の大会であるウェスタン&サザンオープン。

 

錦織は今年この大会で結果を残すことができるのでしょうか。 

 

相性がよくないのか?スタミナ切れなのか? 

f:id:orangemajochie:20170812133418j:plain

実は錦織としては、あまりこの大会とは相性がよくないんですよね。

 

一昨年の2015年はケガで欠場していますし、昨年の2016年はトミックに敗れて3回戦敗退となっています。

 

というのも、やはりハードスケジュールがゆえのスタミナ切れということもあるのだと思います。

 

例年ウィンブルドンが終わってから、その後はワシントン、そしてモントリオール(トロント)と2週連続でハードスケジュールをこなしてからのシンシナティーですから、やはり正直フィジカル的には相当キツイものがあるのだと思います。

 

また、このシンシナティーであまり無理をしてしまうと、その後に開幕する一番の本丸、全米オープンに影響が及んでしまうというリスク回避があるからということなんでしょう。

 

モントリオールでの初戦敗退は吉か凶か?

 

先日のワシントンで行われたシティーオープンでは、深夜の連戦で相当な疲労が溜まっていたことが大きく影響して、残念ながらベスト4で敗退となってしまいました。

 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

その後相性の良いモントリオールで迎えたロジャーズカップでは、まさかの初戦(2回戦)敗退という結果に終わってしまいました。

  

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

私は、今回の敗戦ばかりは正直イライラがMAXになってしまい、なんでこんなことになってしまったのか?と試合が終わってからも色々考えていました。

 

確かに初戦からモンフィスという強豪だったということもありますが、それでも過去3戦3勝の相手であり、実際今回も勝てた試合だったにも拘らず、ほぼ錦織の自滅で4本のマッチポイントを凌がれ、まさかの敗けを喫してしまったのです。

 

今回の敗戦は、まさに勝ちが見えた時のプレッシャーに押しつぶされての敗けだったのだと思います。

 

でもこんなことでは、グランドスラムやマスターズで優勝はおろか、今後ATP500や250でも優勝できなくなってしまいます。

 

実際に今シーズンはまだ優勝ゼロですし、昨年から数えて決勝で6連敗中なのですから。

 

まぁ冷静に考えてみれば、こういうこともたまには起こり得るミスといえばそうなのかもしれないですし、実際に今回はティエムも同じような自滅によるミスで初戦敗退してしまっていました。

 

ただ、それでいいのか?という見方も同時にあるわけで。

 

特に今シーズンは、格下相手に敗けてしまうケースも多く見られているだけに、どうしちゃったのかと心配になっているのです。

 

フルセットに強い錦織は本当にどこに行ってしまったのでしょうか。

 

まぁいずれにしても、もう終わってしまったからには切り替えていくしかないですし、錦織としてもいつも相性のよりモントリオールで、しかも優勢からの逆転敗けだったのですから、少なからずショックもあったと思います。

 

でもこれを機にもう一度襟を正し、気合いを入れ直していくしかないでしょう。

 

シンシナティーは相性がよくないとはいえ、モントリオールで初戦敗退だったのですから、今十分に体は休めているはず。

 

これを敢えて凶と捉えず、と捉えてもうやるしかない、そんな心境です。

 

ということで、充電はMAX状態で試合に臨めるはずなのですから、今年はこのシンシナティマスターズで納得のいく結果を残して、是非優勝タイトルを狙って欲しいなと思います。 

  

錦織は第5シード

f:id:orangemajochie:20170812123219j:plain

 

W&Sオープンの昨年の優勝者は、マリン・チリッチでした。

 

私は個人的に錦織のライバルは、チリッチとラオニッチだと勝手に思っています。

 

というのも2人は錦織と同世代ですし、ランキングもいつも似たようなところにいるからなのです。

 

その3人の中でもチリッチだけは、頭一つ抜き出ていて個人的に悔しい思いと、すごいなぁという思いがあります。

 

というのも、まだ錦織とラオニッチが達成していないマスターズとグランドスラムをどっちも制覇しているからなんですよね。

 

チリッチは、先週のモントリオールはケガで欠場していましたが、このシンシナティーは、ディフェンディングチャンピオンですし出場するかと思いましたが、今回も欠場のようです。

 

フェデラーは先日36歳の誕生日を迎え、この年齢で奇跡の活躍を今シーズンも繰り広げているのは本当に素晴らしいと思いますが、一般的にプロのテニスプレーヤーとして、トップレベルの現役を長く続けられる選手はそうはいませんから、現在27歳の錦織がどこまでトップレベルで活躍できるのかは未知数ですし、実際にこのランキングを維持できるのは、あと数年というところなのかも知れません。

 

そう考えると、あまり時間はないんですよね。

 

年間4回しかないグランドスラム、年間9回しかないマスターズです。

 

現役引退するまでに、どちらも1回は最低でも制覇して欲しいですし、できればたった1週間でも世界ランキング1位も取って欲しいです。

 

近い将来、我々錦織圭ファンの夢が叶う日が来ることを祈っています。

 

シンシナティーマスターズ展望

 

今回のシンシナティーも、マレーはでん部の故障、チリッチも転筋の故障が原因で欠場することが決まりました。

 

思った以上に2人とも長引いていますよね。

 

今回のドローを見ると、錦織はまず初戦の2回戦からジョンソンとフェレールとの勝者と対戦ということは、モントリオールに続き、けっこうな強豪と初っ端当たることになりますね。(^_^;)

 

そこを突破することができれば、3回戦ではズべレフ兄とベルダスコの勝者、そこを突破すると準々決勝でティエム、準決勝でナダル、決勝でフェデラーということになりますかね。

 

けっこう今回も厳しいドローですし、どの戦いもハードで気が抜けません。

 

一戦一戦すべてが大事な戦いになってきますので、プレッシャーがどうのこうの言っている場合ではありません。

 

今度こそ悲願のマスターズ優勝できるように頑張って欲しいですね。

 

全力で応援していきたいと思います!

 

※錦織圭は右手首の痛みにより欠場が決定しました。 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

大会概要

 

・正式名:ウェスタン&サザンオープン(シンシナティマスターズ)

 

・日程:2017年8月14日(月)~8月20日(日)

 

・開催地:アメリカ・オハイオ州・シンシナティー.

 

・会場: リンドナー・ファミリー・テニスセンター

 

・サーフェス:ハードコート

 

・ドロー数:56

 

・日本との時差:-13時間

 

・大会グレード:1000(優勝者は1000ポイントもらえます)

 

・昨年の優勝者:マリン・チリッチ(クロアチア)

 

・錦織の2016年の結果:3回戦 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

試合日程

 

8/14(月)、8/15(火):1回戦

8/16(水):2回戦

8/17(木):3回戦

8/18(金):準々決勝

8/19(土):準決勝

8/20(日):決勝

 

出場予定選手

 

ATP1000マスターズの大会は、基本的にランキング上位の選手は出場義務があるため、

ケガなどの故障がない限りは出場します。

 

※トップ選手7名が欠場

 

1. MURRAY, Andy GBR
2. NADAL, Rafael ESP
3. WAWRINKA, Stan SUI
4. DJOKOVIC, Novak SRB
5. FEDERER, Roger SUI
6. CILIC, Marin CRO
7. RAONIC, Milos CAN
8. THIEM, Dominic AUT
9. NISHIKORI, Kei JPN
10. TSONGA, Jo-Wilfried FRA 10
11. DIMITROV, Grigor BUL 11
12. ZVEREV, Alexander GER 12
13. GOFFIN, David BEL 13
14. BERDYCH, Tomas CZE 14
15. POUILLE, Lucas FRA 15
16. MONFILS, Gaël FRA 16
17. CARRENO BUSTA, Pablo ESP 17
18. SOCK, Jack USA 18
19. BAUTISTA AGUT, Roberto ESP 19
20. KYRGIOS, Nick AUS 20
21. ISNER, John USA 21
22. RAMOS-VINOLAS, Albert ESP 22
23. KARLOVIC, Ivo CRO 23
24. CUEVAS, Pablo URU 24
25. LOPEZ, Feliciano ESP 25
26. MULLER, Gilles LUX 26
27. GASQUET, Richard FRA 27
28. QUERREY, Sam USA 28
29. FOGNINI, Fabio ITA 29
30. ZVEREV, Mischa GER 30
31. JOHNSON, Steve USA 31
32. DEL POTRO, Juan Martin ARG 32
33. LORENZI, Paolo ITA 33
34. KHACHANOV, Karen RUS 34
35. VERDASCO, Fernando ESP 35
36. SIMON, Gilles FRA 36
37. SCHWARTZMAN, Diego ARG 37
38. HAASE, Robin NED 38
39. FERRER, David ESP 39
40. TROICKI, Viktor SRB 40
41. HARRISON, Ryan USA 41
42. CORIC, Borna CRO 42
43. PAIRE, Benoît FRA 43
44. KLIZAN, Martin SVK 44
45. Exemption spéciale / Special Exempt (SE)
46. POSPISIL, Vasek (WC) CAN 74
47. SHAPOVALOV, Denis (WC) CAN 164
48. AUGER-ALIASSIME, Félix (WC) CAN 229

 

ドロー・トーナメント表

 f:id:orangemajochie:20170812121103j:plain

f:id:orangemajochie:20170812121114j:plain

                          ※nikkansportsより出典   

 

※錦織圭は右手首の痛みにより欠場が決定しました。

                            

テレビ放送予定

 

●スカパーGAORAが生中継!

 

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

●NHK・BS1でも生中継!

 

BS1では錦織の試合を中心に生中継の予定です。

 

●ネット中継では、スポナビライブでも生中継!

(1回戦、2回戦は無料ライブ配信)

 

スポナビライブ

 

※スポナビの詳細については以下の記事を参照ください。↓ 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

スポンサードリンク