錦織圭 怪我の診断結果は?ウィンブルドンには出場できるのか?公式アプリでコメント発表!

Sponsored Link

錦織圭の怪我について、その後の診断結果が出たようですね。

左ふくらはぎの筋膜炎とのこと。

わかりやすく言うと、筋膜炎とは、肉離れに近い症状だそうで、スポーツをしている人なら、よく聞くケガの名前の代表のようなものですよね。

特にテニス選手にとっては、頻繁に起きるケガらしく、別名『テニスレッグ』とも呼ばれているとのこと。

この筋膜炎がひどくなると、いわゆる肉離れになるのだそうです。

もしも肉離れだったら、来週から始まる全英オープンには出れないですよね。

それは困ったなと思っていたら、先程診断結果が出たようです。

気になる診断結果は?

今回のケガは、ゲリーウェバーオープン準々決勝の試合中に痛めたということで、

翌日の準決勝で無念の途中棄権をしたわけですが、 そのままドイツの病院にて、左ふくらはぎの検査を受けた結果、、、

特に大きな異常はなかったとのこと。

良かった~!!\(^o^)/

これで、来週29日に開幕する『全英オープン』に向けて、リハビリしながら練習も再開できるようで、本当に安心しました。

でも、まぁ異常はなかったにせよ、いきなりハードな練習は出来ないでしょうから、

少しずつ様子を見ながら、練習をしていくということになるんでしょうね。

公式アプリで錦織のコメント発表!

n-31

昨日ロンドンに着きました。嬉しいお知らせがあります。

超音波検査したところ、特に問題は見つからなかったです。

今、毎日リハビリをしていて、明日初めて練習をします。

ここ2日間たくさんのメッセージをありがとう。

もうロンドン入りしたんですね。

しかも、なんだか元気そうなコメントだったので、本当に良かったなと思いますし、

安心しました。

でも考えてみたら、昨年の全米オープンも、足の指の手術をした後の出場だったんですよね。

それで、あの快挙がなされたわけですから、もしかして今回の全英オープンでも、もしかして、もしかすると自身初のグランドスラム制覇なるか???

まぁまぁまぁ、とにかくまずは、足の状態がある程度万全になって、ウィンブルドンで戦えるように頑張って調整してほしいですね。

そして、できればキャリアハイのベスト8以上に進出してくれたら、この上なく嬉しいです。

リハビリが順調ならば、26日からロンドンで行われるエキシビションマッチに調整を兼ねて、出場するかも知れないとのこと。

無理をしないように頑張ってほしいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたならば、幸いです。

ツイートやいいね!でシェアして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント