【ウィンブルドン】2回戦は本日深夜0時よりセンターコートで開始予定!ジョコビッチのマネした?棄権する可能性は?

Sponsored Link

本日深夜0時より、ウィンブルドン2回戦、錦織-ヒラルド戦の試合

センターコートの第2試合に行われます。

初戦は3時間22分、フルセットでの接戦を制し、2回戦に進出したわけですが、

中1日空けて、今日の左脚の状態はいかがでしょうか?

昨日は、ダンテコーチと40分位の軽めの調整のみ行ったようですが、

1回戦終盤でテーピング巻き直しをした、あの左脚の具合がどうしても気になっています。

錦織自身は、それ程状態は悪くないと言っていましたし、痛みがあっても言わないと言っていました。

ということは、それ程までに、このウィンブルドンに掛けているという気持ちなんでしょうね。

錦織が以前から言っていたことですが、トップ選手になれば、大なり小なりどこか痛みや故障はしているものだと。

でもその痛みが我慢できるものならば、最善のケアという準備をして、試合に臨むことを優先すると。

今回のウィンブルドンも、錦織にとっては、きっとそういう状態なのでしょうね。

棄権する可能性はあるのか?

試合を棄権する可能性はないとは言えないでしょうね。

前回のゲリーウェバーオープン準決勝でも、試合途中で棄権をしましたが、

左脚の痛みが増して、試合が出来る状態でなくなった場合は、棄権する可能性も当然あるでしょう。

グランドスラムの試合スケジュールは、基本、中1日空いてはいますが、

最大5セットマッチですし、ストレートで3セット勝ちすれば省エネできますが、

今回の初戦のように、5セットまでもつれる試合となれば、サーブやストロークによって、

当然ですが、どんどん体が疲弊していくことになります。

そうなると、左脚にも負担が増しますので、痛みの度合も大きくなる可能性はありますね。

ですので、このウィンブルドンでは、いかに省エネで試合を勝ち進めるかにかかっています。

できるだけ、3セットのストレート勝ちができるように、

集中力を切らさず、まずはベスト8までは頑張って欲しいなと思います。

ヒラルド戦でのポイントは?

世界ランク60位のヒラルド選手は、過去の対戦成績を見ても、

錦織が6勝1敗と勝ち越していること、あまりグラスコート向きの選手ではないことや、

錦織がヒラルドと何度も試合や練習をしているので、戦い方を知っているという点で、

対策が練りやすいということで、脚の具合がよっぽど悪くない限りは、勝てる選手だと思います。

ただ、当然油断はできませんが、集中して試合を進めていけば、特別問題はないでしょう。

ジョコビッチのスライド技術をマネした?

錦織は、1回戦の試合前に、ジョコビッチの試合を観戦して、

ジョコビッチがどんなサーフェスでも、スライディングしながら、

ボールをレシーブしていく技術を参考にしたと言っていましたね。

確かに、ジョコビッチのこのスライドは、世界一のスライド技術ですし、

きっと股関節が柔らかいのでしょうね。

グラスコートで、錦織がうまくこのスライディングができれば、脚の負担は軽減されるのでしょうか。

だとしたら、見よう見まねでも、うまく取り入れたい技術ですね。

テレビ中継は?

今日も、NHKとWOWOWが、試合を生中継してくれますが、

平日深夜0時頃スタートということで、寝不足になること必至ですが、

頑張って、日本から錦織を応援していきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたならば、幸いです。

ツイートやいいね!でシェアして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント