錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

マイケルチャンはコーチだけでなくプレーヤーとしても凄かった!全仏最年少優勝&世界ランキング2位の実力とは?

スポンサードリンク

 

 

なぜ錦織のコーチになったのか?

 

 

素晴らしい実績、経験を持ったマイケル・チャン。

 

 

 

 

 

過去に、現役プロテニスプレーヤーからのコーチ依頼は、

 

 

 

 

 

すべて断ってきたのに、

 

 

 

 

 

錦織のコーチ依頼を快諾してくれた背景には、

 

 

 

 

 

同じアジア人で、身長も同じくらい(錦織の身長は178cm)で、

 

 

 

 

 

プレースタイルも似ている錦織に、頑張って欲しいと思ったからとのこと。

 

 

 

 

 

何か、同じアジア人として感じるものがあったのでしょう。

 

 

 

 

コーチとしてのマイケル・チャンの指導力とは?

 

 

マイケル・チャンは、2013年12月から、錦織圭のコーチに就任して以来、

 

 

 

 

 

錦織が飛躍的に活躍したのを受け、そのチャンの指導力が、

 

 

 

 

 

各方面から絶賛され始め、評価もぐんぐんうなぎ上りになってきています。

 

 

 

 

 

実際に、チャンがコーチに就任してからの錦織の成績は、

 

 

 

 

 

言わずもがな、世界ランキング4位までの実力に押し上げてくれました。

 

 

 

 

 

技術はあっても、それはあくまでも天才肌の錦織独自の技術

 

 

 

 

 

チャンは相当細かい部分にまで口を挟んで、

 

 

 

 

 

徹底的に、錦織が苦手な基礎トレーニングさせたようですね。

 

 

 

 

 

他にもメンタルブロックがあり、中々トップ10に入れない

 

 

 

 

 

錦織の精神的弱さを見抜き、チャンコーチのメンタルトレーニングにより、

 

 

 

 

 

昨年の全米オープンでは、『勝てない相手ももういない!』という名言まで

 

 

 

 

 

錦織の口から飛び出すほど、完全に自信を持たせる指導に成功したのです。

 

 

 

 

 

そして、惜しくも全米オープン制覇には届かなかったものの、

 

 

 

 

 

日本人史上初の、全米オープンファイナリストにまで上り詰めました。

 

 

 

 

 

昨年だけで、ツアー優勝4回、世界ランク5位、ATPツアーファイナル出場と、

 

 

 

 

 

素晴らしい成績や、日本人史上初の快挙を成し遂げたのです。

 

 

 

 

 

もちろん、錦織自身の努力やセンスも当然あるでしょう。

 

 

 

 

 

ただ、その原動力となる礎を築いたのは、紛れもなくチャンコーチの影響や、

 

 

 

 

 

指導力といっても過言ではなかったと思います。

 

 

 

 

 

錦織自身も、『自分のテニスが良くなっているのは、彼のおかげ』

 

 

 

 

 

と、感謝しているようですね。

 

 

 

 

マイケル・チャンは、プレーヤーとしても凄かった!

 

 

【マイケル・チャン プロフィール】

国籍:アメリカ合衆国

生年月日:1972年2月22日(43歳)

身長:175cm

体重:72kg

利き手:右

バックハンド:両手打ち

●ツアー経歴●

デビュー:1988年

引退:2003年

ツアー通算:34勝

シングルス:34勝

ダブルス:0勝

生涯通算成績:673勝345敗

シングルス:662勝312敗

ダブルス:11勝33敗

生涯獲得賞金:$19,145,632

★4大大会最高成績(シングルス)★

全豪オープン:準優勝(1996年)

全仏オープン:優勝(1989年)

全英オープン:ベスト8(1994年)

全米オープン:準優勝(1996年)

優勝回数:1回(仏1回)

■キャリア自己最高ランキング■

シングルス:2位(1996年9月9日)

ダブルス:199位(1993年4月19日)

 

 

 

 

 

マイケル・チャンの現役時代、テニスプレーヤーとしての実力を

 

 

 

 

 

ご存じの方もいるとは思いますが、とにかく”本当に凄かった” 

 

 

 

 

 

の一言に尽きる活躍っぷりでしたよね。

 

 

 

 

 

まず、史上最年少17歳3か月で、

 

 

 

 

 

グランドスラム全仏オープン初優勝をしています。

 

 

 

 

 

この記録は、4大大会合わせて26年経った今でも、

 

 

 

 

 

未だに破られていない記録なのですから、

 

 

 

 

 

本当に恐ろしくスゴイ記録だと言えます。

 

 

 

 

 

また、175cmというテニス界では小柄ながら、

 

 

 

 

 

絶対に諦めない、どこまでもボールを拾いまくるプレーで、

 

 

 

 

 

大柄なビッグサーバー達を、次々となぎ倒し、

 

 

 

 

 

トップにのし上がっていったチャン。

 

 

 

 

 

1996年には、世界ランキング2位まで上り詰めたのです。

 

 

 

 

 

観ていて本当に面白かったですし、思わず大声で応援したくなるような、

 

 

 

 

 

そんなプレースタイルでしたね。

 

 

 

 

 

参考までに、こちらの動画をどうぞ。

 

1989年全仏オープン決勝!エドバーグVSマイケルチャン

 

https://youtu.be/8uAelr2GHBk

 

 

 

これからも、チャンコーチの熱い指導で、

 

 

 

 

 

錦織が、グランドスラム制覇&世界ランキング1位になるべく

 

 

 

 

 

全力で押し上げて行って欲しいですね。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

この記事がお役に立てたならば、幸いです。

 

 

 

ツイートやいいね!でシェアして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク