錦織圭2016年の進化!ブリスベン国際でのファーストサーブ確率が上昇!

Sponsored Link

錦織圭2016年の進化!

錦織圭の2016年シーズンが、ブリスベン国際を皮切りに始まりました。

ここまで順調に進化を続けてきている錦織ですが、

やはりどうしても更に上にいくためには、

今ある課題とどう向き合っていくかということだと思います。

錦織の一番の課題は、やはりサービスの確率をいかに上げていくかというところですね。

サービスは、ファーストサーブもセカンドサーブもどちらも非常に大事なのですが、

今回ブリスベン国際の開幕戦で見た、

錦織のファーストサーブの確率について考察してみました。

ブリスベン国際でのファーストサーブ確率が上昇!

ブリスベン国際の2回戦、錦織のシングルスでの初戦。

世界ランク65位のククシュキン(カザフスタン)に、

6-3、6-4のストレートで勝って、4年連続でベスト8に進んだわけですが、

錦織の課題だったファーストサーブの確率が、なんと66%に上昇していたのです。

s2

だから、今回あんなに楽に勝てたんだなと。

更に第2セットでは、ファーストサーブの確率が80%超えもあったとのこと。

確かに素晴らしいサーブの進化だと思います。

ファーストサーブが入ると、見ている側としてもドキドキもイライラもせずに、

安心して試合を観ることができますよね。

このオフも、サーブの練習を徹底的に行ってきた成果が出たのでしょう。

ということで、サーブ中心の組み立てで楽に試合運びができる、

2016年進化形の錦織圭が初戦でみられたわけです。

ただ錦織自身も、サービスが課題だということはわかっていますから、

ここ数年、ずっとその課題には取り組んできたわけですから、

それが数字にも現れてきていて、

サービスについても、全体的に上昇傾向にはなってきていたんですね。

s1

上の表を見ると、サービスエースも2014年に比べて、2015年は増えてきていますし、

ダブルフォルトも、減ってきているのがわかりますね。

ただ、ファーストサーブの確率が平均60%ということで、変わりがなかったのですが、

今回のブリスベン国際初戦の66%くらいの確率が、1年通して平均で取れるようになると、

随分と楽に勝てるようになるのだと思います。

そうなると、早い時間で試合を終わらせることができる可能性が上がりますし、

ミスも減り、ケガのリスクも軽減されますからね。

ストロークではもう既にトップレベルなのですから、

あとは、ファーストサーブをいかに年間通して高確率で入れていくことができるか。

そこに今年2016年の錦織圭の、真の進化というものが現実になるのだと思います。

今後も期待して観ていきたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント