錦織圭 全豪オープン2016速報!ベスト8進出!準々決勝の相手は?試合日時は?

スポンサードリンク



スポンサードリンク



錦織圭ツォンガに勝ってベスト8進出!

全豪オープンテニス2016、4回戦が本日午前9時より行われ、

錦織が第9シードのJW・ツォンガ(フランス)を、

6-4,6-2,6-4のストレートで、

2年連続、準々決勝ベスト8入りを決めました!

おめでとうございます!

これで錦織は、全豪オープンでは、女子の杉山愛の記録を抜き、

日本勢最多の20勝目を挙げたとのこと。

n

しかし、今日の錦織は強かったですね~。

そして本当に素晴らしかったと思います。

もちろんツォンガ戦に向けて、入念に対策を練って準備していたでしょうし、

昨年の全仏オープンのリベンジも含めて、気合いも入っていたと思いますが、

まさに圧巻のプレーでした。

前回の試合で痛めたとされる手首の状態が心配されましたが、

そんな心配を微塵も感じさせないプレーで、

本当に安心して観ていられましたね。

今日のツォンガは、第2セットの途中で、

背中を痛めたのか、メディカルタイムアウトを取ってケアを受けていました。

その痛みがあったからかどうかはわかりませんが、

今日のツォンガは、調子の良いツォンガではありませんでしたよね。

いつもこの2人の対戦は、第5セットまでもつれることが多いのに、

今日は3セットで終わったということは、いかに錦織がツォンガとは対照的に

絶好調だったということがわかる試合だったと思います。

ライバルに雪辱

n5

今日は、ハイセンス・アリーナコートで行われましたが、

3戦連続で屋根が閉じられたインドアコートでの試合でした。

真夏のブリスベンですから、炎天下の中で試合となると、

それだけでエネルギーが奪われてしまいますから、

錦織にとっては、それだけで体力を温存できる分、

大きなアドバンテージになりますよね。

ファーストサーブも全体平均で60%と、安定していました。

エースは3つといつもより少なかったですが、数字以上に、

終始早い展開で試合運びが出来ていましたし、ツォンガを圧倒していましたね。

これで宿敵ツォンガに、昨年全仏の雪辱は果たせたということで、

本当に良かったなと思いました。

ただ、ここで満足してはいけません。

というのも、ここまでは想定内の展開だったからです。

ここからがある意味本番といっても過言ではないでしょう。

次戦、準々決勝の相手は?試合日時は?

次戦の準々決勝の相手ですが、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)か、

第14シードのジル・シモン(フランス)との勝者と対戦します。

恐らく、ジョコビッチになるのではないかと思いますが、

いずれにしても、今日の錦織の試合を観ていたら、

誰が相手でも敗ける気がしません!

それこそ、2014年全米オープンで、

錦織がインタビューで答えていた名言のように、

『勝てない相手はもういない』

本当に、今そんな状況になってきている気がしています。

全豪オープンテニス2016、2週目は、ドキドキ・ワクワクの試合展開が

待っていそうですね。

あと3回試合に勝てば優勝です。

これは、もしかしてひょっとしたらひょっとしますよ!

対戦相手と、試合日時は決定次第、また追記しますね。

追記:錦織の準々決勝の対戦相手は、予想通り、

第1シードのノバク・ジョコビッチに決定しました!

試合日時は、決まり次第、追記します。

追記:ジョコビッチ戦の試合日時が決定しました!

1月26日(火)午後17時15分より開始予定です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました