【速報】錦織圭BNLイタリア国際2016 貫禄勝ちでベスト4!次はまたジョコビッチ!

Sponsored Link

ティエムに貫禄勝ちでベスト4!

先程、BNLイタリア国際2016の準々決勝が行われ、第6シードの錦織圭が、第13シードの22歳の新鋭ドミニク・ティエム(オーストリア)を、6-3、7-5のストレートで破り、2週連続での準決勝進出を決めました!

おめでとうございます!

ヨッシャー!!

今大会初のナイトセッションということで、夜行われた試合でしたが、今日の錦織も本当に素晴らしかったですね~。

深夜からテンション上がりまくりでした。

オーストリアの22歳の新鋭ティエムとどんな戦いぶりを魅せてくれるのかと、今日は期待をしていたのですが、蓋を開けてみたら案の定、さすがの貫禄勝ちでしたね。

錦織は我々の期待を裏切りません!

確かにティエムは、魅力的ないい選手だと思います。

今回も、フェデラーを破って勝ち上がってきた選手でもありますし、今季も3度決勝進出を果たしたうち、2度の優勝をしている選手ですので、若手の中でも躍進率が半端ないということで、非常に注目されていますよね。

ただ我らが錦織圭も、そんな期待の若手選手だろうがイケメンだろうが、まだまだ敗けるわけにはいきません!

今日の試合でも、格の違いを見せつけた格好になりました。

試合前は軽めに調整

今日のティエムとの試合前には、ボッティーニコーチと、30分くらいの軽めの練習に留めた調整をしたとのこと。

連戦続きのATPツアー。

ある意味、体力が勝負の鍵を握ります。

今大会初戦(2回戦)でも、目に見えた疲労感でいっぱいだった錦織も、なんとか調整して、ここまで勝ち上がってきたわけです。

もし体力の問題で負けてしまうのだとしたら、それはもったいないことですよね。

トップ選手と言われる選手は、自分のフィジカル部分もよく理解しているので、どれくらいの調整をすれば良いのかというのを、きちんとコントロールできているからこそ、

体力面で負けないのですね。

とはいえ、試合の展開次第では、予想外に試合が長引いてしまう場合もありますし、中1日も調整できない日程でもあります。

今日のティエムとの試合は、結果的に快勝となりましたが、第2セット途中でメディカルタイムアウトを取る場面がありましたね。

体力面で少し不安を残してしまいました。

試合内容の振り返り

さて、今日のティエム戦ですが、試合内容としては本当に素晴らしかったです。

ただ、第1セットが始まり、第3ゲームで判定の不運もあり、先にブレークされてしまった時は、一瞬イヤなムードが漂いましたが、それでも今日も錦織は、非常に落ち着いていましたね。

第5ゲームからは、怒涛の5ゲーム連取で第1セットを取り、続く第2セットは、お互いサービスゲームのキープ合戦の展開に。

そして、ようやく第11ゲームでブレークチャンスが来て、それをモノにし、ストレートでティエムを下しての貫禄勝利となったわけです。

なぜ貫禄なのかというと、錦織も格上選手と対戦した時など、まだ負けてもいないのに、試合中にどんどん勝手に自分を追い込み、凡ミスを増やし、自滅してしまうことがありますが、今日のティエムがまさにそうだったからです。

錦織もそんな立ち位置の選手になったのかと、少々感慨深いものを感じました。(^_^;)

ファーストサーブはどうだった?

それではいつものように、錦織のファーストサーブの確率など、どうだったか検証してみましょう。

今日の試合は錦織のサーブは素晴らしかったですね。

実際スタッツを見ると、71ということで、好調をキープしています。

ここ最近は、本当にサーブが安定していますよね。

やはり意識して取り組んできたサーブの練習が、活きてきています。

ただ注目すべきは、今回ウイナーの数が錦織が18本で、ティエムは21本と、

珍しく下回ってしまったものの、アンフォーストエラーの数が、錦織が14本に対して、ティエムはなんと39本でした。

ティエムが力んだり焦ったりして、凡ミスしてしまったのが、数字で見ると、一目瞭然でわかりますよね。

さぁもうここまできたら、マスターズの初優勝の頂きも見えてきました!

いつもベスト4止まりではなく、あと2つの試合に勝てれば優勝なのですから、あともう少し気持ちを切らさず、頑張って欲しいなと思います。

錦織の試合後のコメントとは

錦織の試合後のコメントが早速入ってきました。

「我慢してプレーできた。

難しい相手だったが、重いボールを深く入れて焦らせたり、ミスを誘ったりできた部分もあった。

(ジョコビッチ戦へ)少し光は見えている。

体調さえ戻れば可能性がある試合はできると思う。

出だしから難しい試合だった。

彼のボールが重くて自分のやりたいことができなかった。

ただ、彼のミスが多かったので、相手のミスを誘うという点ではいいプレーができた。

タイプが違う選手との対戦が続く中で自分らしいプレーも織り交ぜられているし、そういう部分では(調子が)上がってきてると思います」

やはり体力のリカバリーは、絶対的な鍵になりますよね。

時間もないですが、体をできるだけ休めて、準決勝に臨んで欲しいと思います。

準決勝の相手はまたもやジョコビッチ!

そして、明日はいよいよ準決勝です。

さて、準決勝の対戦相手ですが、またもや第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦になります。

マイアミオープンの準決勝、マドリードオープンでの準決勝、そして今回と、ここ4試合中、3試合の準決勝でジョコビッチと対戦というめぐり合わせ。

まぁ当然と言えば当然なんですよね。

勝ち上がれば勝ち上がる程、格上選手となるBIG4の選手らと戦う確率は、間違いなく高まるわけですから。

そういう意味では、2014年の全米オープン準決勝で勝って以来、ここ2年ジョコビッチに勝ててない錦織ではありますが、今回のティエムのように、勝手にミスして自滅というパターンから、マドリードで魅せた、ジョコビッチに食い下がる攻撃的プレー。

あの攻撃力を、今回も鉄壁ジョコビッチを前に、どこまで出せるかかがポイントになりそうですね。

錦織が自滅さえしなければ、恐らくチャンスはあると思います。

錦織のスピード感溢れる攻撃的プレーで、最初から飛ばしていけば、ジョコビッチとはいえ、必ず動揺し、チャンスは来るはず。

そこをいかに突けるかにかかっていますね。

試合日時は?

準決勝の試合日時ですが、またナイトセッションになりますので、日本時間5月15日(日)午前3時試合開始予定です。

前回のマドリードより、あと一歩、二歩前に出れるか。

楽しみにしたいと思います。

久しぶりにジョコビッチに勝つ錦織が観たいですね。

とりあえず、深夜の時間帯の試合になりますが、是非リアルタイムで全力で応援していきましょう!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。
ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント