錦織圭2016年の上半期出場試合成績まとめ

Sponsored Link

n

2016年の上半期出場試合成績まとめ

錦織の上半期の出場全試合を以下にまとめてみました。

<全仏オープン>5月22日〜6月5日

n2

n3

n4

n5

<BNLイタリア国際>5月8日~5月15日

n7

n9

n10

<マドリード・オープン>5月1日~5月8日

n2

n3

<バルセロナ・オープン>4月18日~4月24日

n1

n2

n3

n5

<マイアミ・オープン>3月23日~4月3日

n1

n3

n4

n6

<BNPパリバ・オープン>3月10日~3月20日

n1

n3

n4

<国別対抗戦デビスカップ>3月4日〜6日

ワールドグループ・日本-イギリス

n1

<メキシコ・オープン>2月22日〜27日

n1

n2

<メンフィス・オープン>2月8日〜14日

n1

n3

n4

<全豪オープン>1月18日〜31日

n1

n3

n2

n4

n5

<ブリスベン国際>1月4日〜10日

n1

n2

上半期の収穫とは

現在もまだ行われている全仏オープン2016ですが、

錦織圭は、ガスケに4回戦で敗れてしまったため、ATPツアー上半期は、

これで終了したことになります。

色々なことがあった2016年の上半期ですが、

一つ言えることは、錦織はこの半年で着実にステップアップをし、

進化を遂げているということだと思います。

上半期の優勝は、2月に4連覇した、ATP250メンフィスオープンのみでした。

ただ、準優勝が2回、ベスト4も2回ということで、

かなり善戦した試合も多かったですよね。

何よりも上半期の収穫は、ケガや棄権がなかったということです。

試合によっては、途中でメディカルタイムアウトを取る場面もありましたが、

大事には至らなかったこと、そしてタフなATPツアーのスケジュールを

順調にこなすことが出来ているということが、最大の収穫と言っていいでしょう。

フィジカルもメンタルも強くなってきている証拠だと思いますし、

この状態を、下半期もキープして頑張ってもらいたいですね。

下半期に向けての展望

ATPツアー下半期にあたる後半戦が、6月からサーフェスをグラス(芝)コートに移し、

まずは、6/13~開幕するウィンブルドン前哨戦、

ゲリーウェバーオープン(ドイツ)から始まります。

そこで、グラスコートでの試合に慣れたら、

いよいよ6/27~開幕する、ウィンブルドンに挑むということになります。

錦織はここ数年、このウィンブルドンの時期は、

いつもATPツアーのタフなスケジュールと、ケガに悩まされてきました。

ですからグランドスラムの中で唯一、このウィンブルドンだけが、

未だ4回戦以上に勝ち上がったことがないのです。

とはいえ、錦織がこのグラスコートが苦手かというとそんなことはなく、

攻撃型の錦織にとってはむしろ、十分にアジャストできるコートだと思います。

あとは、フィジカル面を十分に整えて試合に臨めば、

ベスト8以上に進出できる可能性は十分にあるでしょう。

ということで、ウィンブルドンは期待大ですね。

そして、7月のロジャーズカップを経て、

8月のリオオリンピックということになります。

デビスカップとは違った意味で、国を背負って戦うオリンピックは、

また違った刺激を受けると思いますし、その後のツアーへのモチベーションにも

きっと繋がると思います。

そして、シンシナティーマスターズを挟んで、全米オープンが8/29~開幕ですね。

昨年は、まさかの1回戦敗けでしたからね。

今年は並々ならぬ思いで、挑んでくるでしょう。

そして、9月のデビスカップを挟み、

10月から、楽天オープン、上海マスターズ、スイスインドア、パリバマスターズと続きます。

11月のATPツアーファイナルに、今年も絶対出場したいですからね。

なんとしても、できるだけポイントを重ね、

できれば、後半戦4試合あるマスターズのどこかで優勝できればいいいですね。

もちろん、ウィンブルドンや全米オープンも今年は大いに期待したいと思います。

まずは後半に向けて、体を整え、グラスコートで大暴れして欲しいです。

下半期も是非応援していきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。
ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

コメント