錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

錦織圭ロジャーズカップ2016初優勝の可能性は?ケガが治らずオリンピックは辞退?

スポンサードリンク

 

ロジャーズカップ2016開幕!

 

6月27日~7月10日の2週間で行われた、グランドスラム・ウィンブルドン。

 

アンディー・マレーの優勝で幕を閉じてから、舞台をハードコートに移し、

 

いよいよ夏の暑く熱いシーズンがやってきます。

 

錦織の、この夏のシーズン初戦は、カナダのトロントで行われる、

 

ロジャーズカップからスタート。

 

そこから、リオオリンピック、シンシナティマスターズ、そして全米オープンと、

 

6週間の間に4つのビッグな大会が続きますので、

 

とてもハードでタフな日程というのがわかりますね。

 

錦織は、このハードでタフな日程を無事に乗り切ることができるのか、

 

というのが最大の注目ポイントになるかと思います。

 

さて、7月25日(月)から開幕するロジャーズカップですが、

 

ドロー表が既に発表になっています。

 

錦織は、マスターズでは自己最高位の第3シードが決定しました。

 

というのも、今回のロジャースカップは、BIG4のうちの3人、

 

マレー、フェデラー、ナダルが欠場を発表したからですね。

 

ということは、マスターズでの初優勝のチャンスもあるということ。

 

錦織が今年の目標として掲げている、マスターズでの初優勝は叶うのか、

 

その展望について考えてみたいと思います。

 

 

大会展望!初優勝の可能性とは?

 

昨年の錦織のロジャーズカップでの成績は、ベスト4でした。

 

その時は、あのナダルに初めて勝ってベスト4進出を果たしたんですよね。

 

ただ、準決勝で、マレーと対戦した時は、棄権こそしなかったものの、

 

殆ど体が動かず、どこかフィジカル的に問題があったようで、

 

残念ながら準決勝で敗退してしまったんですよね。

 

あれから1年。

 

今年のロジャーズカップは、

 

マレー、フェデラー、ナダルが欠場するとのことですから、

 

錦織にも初優勝のチャンスが、いつもよりあると言ってもいいでしょう。

 

もちろん世界NO.1のジョコビッチは、予定通り出場しますから、

 

仮に決勝まで勝ち上がったとしても、ジョコビッチを倒さなければ、

 

優勝はできないのですから、まずはそこが最後の大きな関門ですね。

 

それでも勝ち進めば、必ず対戦することになる可能性があるジョコビッチ。

 

今シーズン、何度か、準決勝または決勝でジョコビッチと対戦していますが、

 

いずれもまだ今年は勝てていません。

 

ただ、今年最後に対戦したローマでは、

 

かなりいいところまでいっての惜敗だっただけに、本当に残念でしたよね。

 

でもあの時に、ある種の勝てる感触を掴めたのではないかと思ったのです。

 

確かに、その時はクレーコートですし、2ヵ月以上前の試合になりますから、

 

感覚など忘れてしまってなければの話ではありますが、

 

錦織が持っている、多彩なショットと、超攻撃的プレーで、ジョコビッチを追い込んで、

 

揺さぶりをかけ続ければ、鉄壁のジョコビッチと言えど、ミスも出てくるはず。

 

そこをいかに突け込めるかということですね。

 

ただ、その決勝までにもまだ倒すべき強豪もいますね。

 

準決勝には、おそらくワウリンカが勝ち上がってくるでしょうし、

 

準々決勝には、ウィンブルドン4回戦で棄権してしまいましたが、

 

チリッチも順当に行けば、間違いなく対戦することになるでしょう。

 

そんな強者を倒さなければ、決勝の舞台には立てないわけですから、

 

なんとか一戦一戦頑張って勝ち上がって欲しいと思います。

 

今年はどんな戦い方を魅せてくれるのか、楽しみですね。

 

 

錦織のケガは完治したのか?ブログ更新!

 

ゲリーウェバーで左脇腹のケガをし、ウィンブルドンでケガが悪化し、

 

4回戦で棄権敗退してしまった錦織。

 

あれから2週間。

 

錦織のケガの具合はどうなのでしょうか。

 

約3ヵ月ぶりに自身のブログを更新した錦織。

 

そのブログによると、

こんにちは

 

今はカリフォルニアに来て練習を再開しました。

 

まだ少し横腹に痛みがあるので練習は少しずつ始めています。

 

これから夏のシーズンは大きな大会が連続してあるので様子をみながらやっていきます。

 

今回のヨーロッパシーズンは怪我をして最後ウィンブルドン終わってしまいましたがポジティブな面もあったので収穫はありました。

 

痛みがありながらも3試合戦い勝てたこと、微量ながらもこのポイントは大きいです。

 

あとクレーコートシーズンは今までで一番良かったです。

 

優勝こそ早くもぎ取りたいですが、これだけ安定して結果が出たのは嬉しかったです!

 

これからハードコートシーズンが続くのでまたハードコートでの感覚を思い出してまた頑張ります!

その後、2週間経っても、まだ痛みがあるとのこと。

 

確かにウィンブルドンでは、相当痛みがあったようですから、

 

2週間程度では完治は厳しいのでしょう。

 

今大会錦織は第3シードですので、初戦は2回戦からになります。

 

まだあと1週間はありますが、逆に言えば、

 

あと1週間で完治するとも思えず、それでもウィンブルドン開幕前くらいの状態に

 

持っていけるのであれば、試合は出来ますよね。

 

ただ、そういった状態で、どこまでベストなパフォーマンスが出来るか、

 

まだまだ心配要素が拭いきれません。

 

 

リオオリンピックは辞退の可能性も。

 

まだケガが完治せず、痛みが残っている錦織ですが、

 

来週から始まるロジャーズカップでの試合で、また左脇腹を痛めて、

 

悪化させてしまう可能性はどれくらいあるのでしょうか。

 

痛みを庇いながらのプレーですから、

 

ベストなパフォーマンスが出せないかもしれませんし、

 

なんとかウィンブルドンのように勝ち進んだとして、途中でまたケガが悪化し、

 

途中棄権の可能性すらあるかもしれません。

 

ということは、ロジャーズカップ後の、リオオリンピックは、

 

直前で辞退する可能性も。

 

無理してオリンピックに出て、その後のシンシナティーマスターズ、

 

一番の本丸である、全米オープンも8月末には控えています。

 

マイケル・チャンコーチも、オリンピックよりも、

 

優先すべきは、全米オープンだと公言していましたからね。

 

そういった意味でも、錦織のケガの具合は、

 

今後、多方面に影響が及ぶ可能性があります。

 

なんとかあと1週間で、良い状態になることを祈りたいと思います。

 

そして、錦織が一番得意としているサーフェス、ハードコートシーズンの幕開けが、

 

素晴らしいものになるように、今回も日本より全力で応援していきたいと思います。

 

頑張れ!錦織圭!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク