錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

【速報】錦織圭 全米オープン2016 苦戦するも2回戦突破!3回戦の対戦相手は?

スポンサードリンク

n14

苦戦するも2回突破!

  

先程行われた、全米オープンテニス2016の2回戦。

 

第6シードで世界ランク7位の錦織が、世界ランク95位のK・カチャノフ(ロシア)を、6-4、4-6、6-4、6-3で破り、全米オープン2回戦を突破しました。

 

おめでとうございます!

 

n5

 

今日はいきなりの悪天候で、まず開始時間が1時間以上遅れ、その後試合途中で試合中断を余儀なくされ、

 

深夜に観戦している我々にとっては、大打撃でした。(^_^;)

 

試合が中断する前までは、ほぼ互角の戦いという感じでしたが、第3セット、第8ゲームで、錦織はブレークチャンスを何度も掴みながらも、結局ものに出来ず、流れがカチャノフに移りそうだったところで雨が降ってきて、試合が一時中断になってしまいます。

 

ただこの雨は、結果的に錦織にとっては恵みの雨になってくれたようですね。

 

本当に勝てて良かったですし、ホッとしました。

 

というのも20歳の新鋭カチャノフは、錦織と初対戦ということで、どんな戦いになるのかと思っていたのですが、やはり期待の若手というだけあって、すごく見応えのある試合を魅せてくれましたよね。

 

カチャノフは、世界95位とは到底思えない程、堂々とした戦いっぷりで、圧倒されてしまいました。

 

特にあの198cmからのビッグサーブは、本当に凄かったと思います。

 

今回の試合を観て思ったのは、カチャノフは今後間違いなくトップ20には入ってくる選手になるでしょうね。

 

キリオスやトミック、ズべレフやティエムと同じような、若手でも勢いのある選手に、今後必ずなってくるような気がします。

 

n13

試合の振り返り 

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

今日は朝から雨模様のニューヨーク。

 

厚い雲に覆われ、これで試合ができるのか?!という感じでしたが、深夜0時になった頃にようやく雨が止み、そこからコート整備に1時間程の時間を要し、結局午前1時10分くらいに選手が入場となりました。

 

初戦と同じ、鮮やかな水色のユニフォームに、頭にバンダナという出で立ちの錦織圭が現れました。

 

まず曇り空を一瞬目をやり、その後いつものルーティンの靴紐直しなどを行い、試合に入りました。

 

n

 

まずは、第1セット。

 

錦織のサービスで試合が始まりました。

 

第4ゲームまではお互いに様子見のキープが続いたものの、第5ゲームで、最初にカチャノフが、ダブルフォルトなどのミスをした錦織のサービスゲームをいきなりブレークします。

 

直後の第5ゲームで、カチャノフもダブルフォルトなどのミスで、錦織もすかさずブレーク!

 

その後、第9ゲームまではキープし合うも、迎えた第10ゲームで、カチャノフのダブルフォルトでブレーク第1セットを獲ります。

 

n1

 

第2セットに入ると、チャンスはありながらも、カチャノフのパワーサーブが凄くて、

何度もエースを取られてしまいます。

 

またカチャノフは、バックのリターンの調子が、このセットで勢いを増し、いいところでポイントを取られ始め、それでも錦織も善戦し、ほぼ互角の戦いが続きます。

 

錦織も中々ブレークチャンスが取れず、第8ゲームまでお互いキープが続くも、迎えた第9ゲーム。

 

錦織のミスで、カチャノフに先にブレークを許してしまいます。

 

そして第10ゲームは、カチャノフの強烈なサーブが決まり、第2セットを獲られてしまいました。

 

n3

 

そして、第3セット。

 

第3セットも、お互いのサービスキープは続きます。

 

ただ、第2セットを獲ったカチャノフのサーブの勢いや、バックハンドのショットが効果的に決まり始め、それでも錦織も苦戦しながらもキープ。

 

第8ゲームでブレークチャンスがようやく来るも、そのチャンスを決めきれず、カチャノフの強烈なサービスの阻まれ、キープ。

 

そこで、雨がまた降り始めます。

 

雨脚が強くなり、試合が一時中断になります。

 

n8

 

n6

 

約2時間半の雨で中断後、試合がようやく再開され、第3セットの第9ゲーム、錦織のサービスから再開。

 

中断前は、カチャノフに流れが行きかけたところ、途中中断でリフレッシュできたのか、錦織が集中力を取り戻し、キープ。

 

そして、第10ゲームも錦織は一気にギアを上げ、このセット初のブレークに成功し、

第3セットを奪います。

 

n4

 

そして運命の第4セット。

 

このセットでなんとか決めたい錦織でしたが、第3ゲームで、またもや錦織のミスショットから、カチャノフに先にブレークを許してしまいます。

 

一瞬ここで焦りました。

 

第4ゲームも、サービスエースがバンバン決まり、このまま一気に畳みかけられたらどうしようと思い、固唾を飲んで観ていました。

 

第6ゲームで、バックのラリーの応酬でお互い譲らず、それでも錦織のウィナーが決まり、ここでブレークバックに成功します。

 

そして錦織はもう1段ギアを上げ始め、深いショットを連発し、またブレーク!

 

これで勝負あり。

 

最後は錦織のサービスエースが決まり、第4セットを獲り、初戦に続き4セットまでもつれるも、終わってみれば錦織の貫禄の勝利となりました。

 

途中のイヤな流れや、苦しんだ場面もありましたし、雨で中断もありましたが、ある意味この中断が良かったのかも知れません。

 

いずれにしても、長い試合が勝利で終わって本当に良かったです。

 

これで、2年ぶりに3回戦進出となり、順調に勝ち上がってきていますね。

 

次戦も楽しみです。

 

n10

ファーストサーブはどうだった?

  

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n15

 

詳細なスタッツを見ると、4セット平均で55ということでした。

 

ダブルフォルトも今回7つあり、けっこうサービスには苦戦していましたね。

 

カチャノフの強烈なサービスと、意外にバックハンドにも苦戦を強いられ、ウィナーの数も錦織が下回りましたが、それでも要所でギアを上げ、ストロークで打ち勝ったかなと思います。

 

この調子で、引き続き3回戦も頑張って欲しいと思います。

  

錦織の試合後のコメント

n12

 

早速、錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「第2、第3セットは相手のサーブがよくて大変だった。 

中断後にいろいろと戦術を変えてうまくいった。 

中断前の最後の2ゲームはリズムがつかめてかなりよかった。 

本当はあのままいきたかった。 

ただ、中断中にコーチと相談して作戦を変え、第3、第4セットを取れたので助かった部分もあった 

今日も苦しい場面がたくさんあったが、勝ちきることができた。 

強くなっていると思う。」

 

第1セット途中で、何度も目をこすったり気にする場面がありました。

 

ドクターに目薬を差してもらう場面があり、それについて

 

「ゴミが入ったわけでなく、まぶたがどうかしているのかも。

最近多い。

たまにボールが見えなくて、あまり集中できなかった。」

 

なんでしょう、、、少々心配ですね。 

 

次戦(3回戦)の対戦相手と試合日時は?

  

錦織の次戦(3回戦)の対戦相手は、世界ランク42位のニコラ・マユ(フランス)に決定しました。

 

9月4日(日)の深夜の時間帯になるかと思いますが、

 

時間の詳細が決まったら、また追記しますね。

 

追記:錦織の3回戦の試合日時が決定しました。

 

9月4日(日)午前6時30分以降に試合開始予定です。

 

グランドスタジアムコートの第4試合に組まれましたので、前の試合によっては、開始時間が遅れる可能があります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。 

 

スポンサードリンク