錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

【速報】錦織圭 BNPパリバマスターズ2016初戦突破で3回戦進出!通算300勝達成!

スポンサードリンク

ストレートで初戦突破! 

 

先程行われた、BNPパリバマスターズ2016の2回戦。

 

第5シードで世界ランク4位の錦織圭が、世界ランク28位の

 

ビクトル・トロイツキ(セルビア)を、6-2、7-5の

 

ストレートで破り、3回戦進出を決めました。

 

おめでとうございます!

 

n5

 

スイスインドア決勝の試合後から、すぐにパリに移動し、数日でマスターズの試合に挑むのは

 

いつもながら本当にハードスケジュールだなと思いますが、今季最後のマスターズ

 

ということで、錦織も気合いを入れて試合に臨んできていたと思います。

 

ただ初戦ということで、同じ室内のハードコートでもスイスインドアと若干違うでしょうし、

 

ボールの質も違うと思います。

 

そういう意味でも、試合に慣れるまでは多少時間がかかったり、

 

体が硬くなったりということもあると思いますが、実際に今日はどうだったのでしょうか。

  

トロイツキは自分のプレーに失望?

 

トロイツキは、昨日の1回戦で、アドリアン・マナリノ(フランス)をフルセットで破って

 

2回戦に進出しましたが、タイブレークを制しようやく勝ったからか、

 

試合後にこんなことを言っていました。

 

「全般的に見て、今季の自分のテニスにはがっかりしている。 

こうもひどいテニスをしていると、喜びを感じるのは難しい。 

少し考える時間を持ち、次のシーズンに向けてどうするか、 

よりよいプレーヤーになるにはどうすればいいか考えたい。」

 

今日のトロイツキは、錦織に対してリズムを崩すプレーをしたいと語っていましたが、

 

実際そのようなプレーが出来たのでしょうか。 

 

試合の振り返り

 

まずは第1セット。

 

n1

 

今日も黄色いウェアの出で立ちで、日本時間の19時過ぎに登場した錦織圭。

 

コイントスに錦織が勝ち、いつものようにレシーブを選びます。

 

トロイツキのサービスから試合がスタート。

 

いきなりダブルフォルトなど、トロイツキが連続でミスをし、

 

15-40のダブルでブレークチャンスとなるも、錦織がボールとラケットとの

 

相性が合わないのか、錦織もミスをし、結局トロイツキがキープ。

 

第2ゲームで、錦織のサービスゲーム途中で、いきなり「ボワ~ン」という

 

大音量が会場中鳴り響き、一瞬錦織もサーブを中断しますが、音響のミスだったようです。

 

全米オープン準々決勝のマレー戦でも同じようなことがありましたが、

 

錦織は全く文句ひとつ言わず、そのまま試合は続行しました。

 

迎えた第5ゲーム。

 

トロイツキのミスが続き、ダブルフォルトなどで、錦織がここでブレークに成功します。

 

第7ゲームでも、錦織のリターンが冴えわたり、2度目のブレークに成功。

 

結局第1セットは、あっという間の29分で錦織が試合を決めました。

 

続いて第2セット。

 

n4

 

いきなり第1ゲームも錦織のリターンがキレイに決まり、ラヴゲームでブレークに成功。

 

なんだか楽勝ムードかと思いきや、第2ゲームで錦織が油断したのか、

 

ブレークバックされます。

 

それでも第3ゲームで、再度トロイツキのミスを誘ってブレークに成功します。

 

このままいけるかと思いきや、第6ゲームで、錦織にミスが続き、

 

またもやブレークバックされる展開に。

 

そこから第10ゲームまではお互いキープが続きますが、

 

迎えた第11ゲーム。

 

トロイツキの連続ミスでようやくブレークに成功!

 

トロイツキは悔しさから、ラケットを投げつけますが、

 

ここで勝負あり。

 

結局、第2セットは7-5で獲り、ストレートで初戦となる2回戦を突破しました。

 

試合時間は、1時間14分でした。

  

ファーストサーブはどうだった?

 

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

 

今回の調子はどうだったのでしょうか?

 

n1

 

詳細なスタッツを見ると、2セット平均で69ということで、

 

ここ最近では良い確率だったと思います。

 

今日は第1セットでは、快勝という感じでしたが、第2セットは正直

 

少々油断した感じがしました。

 

だからか、3つのブレークを奪うも、2つブレークバックされるという展開で、

 

途中ミスも出たり、トロイツキも時折、素晴らしいショットやウィナーも決めたりなどで、

 

一進一退の攻防が続くことになってしまいましたが、それでも敗ける気はしませんでした。

 

第2セットは圧倒的な展開にはならなかったものの、とりあえず勝てて良かったです。

 

序盤こそ、ボールやラケット、コートの感覚などが合わなかったようでしたが、

 

それでも、初戦にしては上出来だと思います。

 

ストレートで勝てたことや、1時間強で勝てたことで、体力も温存できたと思います。

 

この調子で、引き続き3回戦も頑張って欲しいですね。

 

通算300勝達成!

 

今日の試合に勝ったことで、錦織はプロ転向後の2007年からATPツアー通算で、

 

日本人史上初となる300勝を達成しました。

 

おめでとうございます。

 

素晴らしいですね。

 

これからもこの勝利を積み上げていってもらいたいと思います。 

 

錦織の試合後のコメントとは

  

早速錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「完璧とは言えなかったけど、しっかり2セットで終えることができてよかった。 

初戦としては、まあまあいい試合だったと思う。 

第2セットではアップダウンが多く、多くのブレークがあった。 

もう少し集中できていれば、より簡単に終わらせることができたかもしれないが…。 

コンディションに慣れることができれば、よくなると思う。 

ボールの感覚がよくなかったりで、ショットを思うようにコントロールできない部分もあり、そういう苛立ちを感じてはいた。 

我慢してプレーしないといけなかったがなかなかそれができなかったり、第2セットは何回もブレークしているのにブレークバックされたり…。 

最後の2、3ゲームは、やっとボールを打った際の感覚がよくなり、いいプレーができた。

 

そうですね。

 

確かに今日は初戦ということで、ボールやコートに苦戦していたようですね。

 

だんだん試合を重ねていけば、良くなっていくと思いますので、

 

これからも頑張って欲しいですね。

  

次戦(3回戦)の対戦相手と試合日時は?

 

錦織の次戦となる3回戦は、この後行われる、第11シードのJW・ツォンガ(フランス)と、

 

A・ラモスヴィノラス(スペイン)の勝者と対戦する予定です。

 

試合日時は現時点でまだ未発表です。

 

詳細が決まり次第追記します。

 

追記:錦織の3回戦の対戦相手がツォンガに決定しました。

 

11月4日(金)午前3時30分より試合開始予定です。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  

この記事がお役に立てたなら幸いです。

  

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

 

 

 

スポンサードリンク