【速報】錦織圭 ツアーファイナル2016 ワウリンカにリベンジ勝ち!次戦の相手は?

Sponsored Link

ワウリンカにリベンジ!

先程行われた、ATPワールドツアーファイナルズ2016。

我らが錦織圭の予選となるラウンドロビン初戦。

格上である世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)を、

6-2、6-3のストレートで破り、見事初戦を突破しました。

おめでとうございます!

やった~!!

n15

いや~、今日は完璧な試合内容でしたね。

確かに錦織は、パリでツォンガに敗けてから少し時間もありましたから、

エネルギーチャージは出来ていたとは思いますよ。

でも、まさか全米オープンで逆転敗けを喫した、格上のワウリンカに、

ここまであっさりと完勝できるとは、正直想像していませんでした。

基本的にワウリンカは、好不調の波が激しい選手という印象がありますが、

どうやら今日は不調の方のワウリンカだったようですね。

また、バーゼルで痛めたらしい膝の調子が良くなかったのか、

テーピングをして試合に臨んでいましたね。

その膝が影響した可能性も少なからずあったかもしれません。

ただ、その不調のワウリンカに対して、逆に錦織は絶好調の内容でしたから、

どちらにしても、錦織の今日の様子であれば、ワウリンカの膝が良好でも勝てた気がします。

それくらい今日は完璧な内容でした。

2セット共に、2ブレークアップでの勝利ですからね。

驚きと共に、錦織がどんどん強くなっているということを実感しました。

本当に凄かったですし、かっこよかったです。

錦織にとって、今年で3回目のツアーファイナルですが、錦織自身も言っていた通り、

出場することは当たり前な状態になってきていると思います。

何よりも安定感のある戦いぶりは、まさに圧巻。

まずは初戦をストレートで飾れて、良かったです。

これで錦織は、ワウリンカに全米オープンの雪辱を果たせましたね。

良かった、良かった。

試合の振り返り

それでは今日の試合を振り返っていきましょう。

今日の錦織の試合は、O2アリーナの第2試合に組まれ、

日本時間の23時より開始予定でしたが、遅れることなく

予定通りとなる23時過ぎに、錦織とワウリンカが、

幻想的な演出に包まれたO2アリーナに登場してきました。

錦織は真っ赤なウェアとシューズ。

頭には気合いの紺色ハチマキをしています。

表情は落ち着いている中でも、集中した表情をしています。

コイントスにワウリンカが勝ち、ワウリンカはサーブを選びました。

まずは第1セット。

n12

ワウリンカのサービスから試合がスタート。

第1ゲームから、いきなりワウリンカの不調を感じました。

ただ錦織もブレークチャンスを握りながら、中々決めきれず、

その結果、ワウリンカがなんとかサービスキープ。

そのまま両者は第4ゲームまでキープし合いますが、

迎えた第5ゲームで、錦織にチャンスが来ます。

今度こそ決めたいブレークチャンスを、ネット際でのキレのあるスマッシュで最後は決め、

ブレークに成功します。

その後も錦織の勢いは続きます。

一方のワウリンカは、膝を庇っているのか、消極的プレーが目立つ中、

迎えた第7ゲーム。

ワウリンカのダブルフォルトなどもミスで、再びブレークチャンス!

錦織が2つめのブレークに成功!

最後はキープし、第1セットをあっという間の29分で錦織が獲りました。

続いて第2セット。

n14

第2セットも、錦織の勢いはそのままに、サーブ&ボレーなど色々な積極的プレーで、

ワウリンカを追い詰めていきます。

そして第1セット同様に、第5ゲームでブレークに成功!

迎えた第9ゲーム。

最後もワウリンカのサービスゲームをブレークし、勝負あり。

ラウンドロビンの初戦を勝利で飾れてよかったです。

また、ようやくワウリンカにリベンジすることが出来て、本当に良かったですよね。

試合時間は、1時間7分でということで、あっという間のストレート勝ちでした。

ファーストサーブはどうだった?

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、

今回の調子はどうだったのでしょうか?

n16

詳細なスタッツを見ると、2セット平均で47ということで、

ここ最近では一番悪い確率でしたね。

ただ、ファーストサーブが入らなくても、今日はセカンドサーブの調子が良かったですよね。

ポイント獲得率も、2セット平均で75%超えだったことや、

得意のストロークでワウリンカを圧倒していました。

球足が少々遅いコートは錦織の好きなサーフェスです。

長いラリーが何度かありましたが、すべて錦織が打ち勝っていましたし、

ショットに威力やキレがありましたよね。

正直ワウリンカ相手に、ここまで圧倒的なプレーが観れるとは思わなかったです。

でも錦織はワウリンカ相手に、しっかり戦術を練り、

得意のストローク戦に引き込み、いつもの攻撃的プレーで勝つことが出来たわけですね。

ツアーファイナル初戦で、緊張感などがあるかと思いましたが、

3年目ともなると全くなかったようで、初戦にしては上出来過ぎる程の

上出来だったと思います。

ストレートで勝てたことや、1時間強で勝てたことで、体力も温存できましたよね。

この調子で、引き続き次戦も頑張って欲しいです。

錦織の試合後のコメントとは

早速錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「すごく良かったですね。

出だしからしっかりプランを持ってプレーできたので。

なるべく速いプレーを心がけた。

時間を持ってプレーさせると強い相手だし。

相手のファーストサービスが良くなかったり、アンフォーストエラーも続いていたので。

なるべく2セットで終わらせられるように頑張りました。

ちょっと遅めなので自分に合っている。

ラリーが長くなることも多いので、しっかり自分で組み立てて、

自分から攻撃できるよう意識してやりたいと思います。

全体的にいいプレーで終われた。

次につながる。

世界4位、3位に行きたい。

ランキングを上げたい」

世界ランク4位、3位はもう夢ではないと思います。

すぐそこにある現実と捉えていいでしょうね。

今回のツアーファイナルでの錦織の活躍次第では、3位に上がる可能性もありますから、

そこに向かってこれからも頑張って欲しいですね。

次戦の対戦相手と試合日時は?

錦織の次戦となる試合は、この後日本時間午前5時から始まる、

世界ランク1位のアンディー・マレー(イギリス)と、世界ランク7位の

マリン・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する予定です。

錦織の次戦となる試合日時は、現時点でまだ未発表です。

詳細が決まり次第追記します。

追記:錦織の次戦は、アンディー・マレーに決まりました。

試合日時は、16日(水)23時より試合開始予定です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。
ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。
 

コメント