錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

【速報】錦織圭 ロジャーズカップ2018 自滅?まさかのストレートで初戦敗退!

スポンサードリンク

Embed from Getty Images

ストレートで初戦敗退!  

 

先程行われた、ロジャーズカップの1回戦。

 

今大会ノーシードで世界ランク22位の錦織圭が、世界ランク39位のロビン・ハーセ(オランダ)に5-7、1-6のストレートで破れ、2年連続で初戦敗退となってしまいました。

   

f:id:orangemajochie:20180808013808p:plain

 

残念!

  

いやぁ、まさかまさかの2年連続で初戦敗退ですよ。

 

第1セットを先取され、それはそれで悔しかったですが、いつもの錦織なら第2セットで立て直し、どうにか巻き返してくると思っていたんですけどね。。。

 

まさか第2セットに入っても調子が上がらないとは思いませんでした。

 

しかも運にも見放され、今日は全くどうにもならなかったですね。

 

この初戦敗退は非常に痛いですが、受け入れるしかないのですね。(-_-;)  

自滅と焦りで勝利を手放した?

Embed from Getty Images

今日の錦織の敗因はなんだったのでしょうか。

 

一言で言えば、自滅と焦りだったのかなと思いました。

 

勝てる試合を自ら手放し、焦って取り返そうとするも、力んでミスを重ね、更に焦るという悪循環。

 

その悪い流れを今日は止めることが出来なかったのだと思います。

 

改めて振り返ってみると、あくまでも個人的な意見ですが、錦織が入場した際の顔の表情がなんとなく眠そうで、むくんだ感じだったんですよね。

 

いつもの気合いの入った精悍な表情ではなく、どこか痛めているのか?調子がイマイチ良くないのか?そんな感じの表情に見えました。

 

以前もそういう顔で入場してきたことがあったのですが、やはり調子が上がらず敗けてしまったことがあったので、何か嫌な感じがしたんですよね。

 

でもすぐに気のせいだと思い直したんですよ。

 

というのも第1セットの第1ゲームでラブゲームキープ、第2ゲームでいきなりブレーク、第3ゲームでもラブゲームキープという圧巻の立ち上がりを見せたからです。

 

ただサーブの威力がいつもより少し弱かったので、多少の不安は正直ありましたが、それでもいきなり3-0なんですから、これはいつもの調子でストレートで勝てると思ったんですよね。

 

きっと試合を観ていた人は、この時点で今日の錦織の勝利を確信したと思います。

 

それがどうしたことでしょう。

 

まさか第5ゲームで3本のダブルフォルトを犯し、ブレークバックされてしまうとは誰も想像だにしませんでした。

 

そしてここから錦織の焦りが焦りを呼び、ミスの連続、運にも見放され、自身のミスで2つ目のブレークも許し、5-7でハーセに第1セットを先取されてしまいます。

 

第2セットは気持ちを切り替えて欲しかったのですが、気持ちを切り替えられないまま、第1ゲームでいきなりまたブレークされ、第2セットは結局3つのブレークを許し、1-6という圧倒的スコアでストレートの初戦敗退です。

 

呆然自失。

 

今日はいったいなんだったのでしょうか。

 

まぁテニスの世界ですから、初戦敗退はたまにはありますが、それでもロジャーズカップは比較的相性の良い大会だと思っていただけに、2年連続で初戦敗退とは、なんとも微妙で複雑な心境です。

 

顔の表情といい、サーブのスピードがあまり出ていなかったり、途中で肩を少し触るしぐさがありましたが、やはりどこか肩?などの痛みがあったのでしょうか。

 

そうだとしたら、ある意味では納得の敗戦なのですが、そういうこともなかったということなら、今日の試合は錦織の日ではなかったんだと開き直るしかないってことですよね。

 

いずれにしても初戦敗退は本当に残念だし、かなり悔しいですが、それも受け止め、次の試合に向けていくしかないですね。

 

試合の振り返り  

Embed from Getty Images

現地時間で午前11時07分。

 

今日の天気は雲が多めの晴れ。

 

日本時間の午前0時07分に、白いバンダナ、白いウェアで錦織圭が入場してきました。

なんとなく今日の錦織は眠そうな、むくんだような顔をしています。

 

コイントスにハーセが勝って、レシーブを選びました。

  

ウォームアップ後、試合がスタート。

   

錦織のサービスから試合がスタートします。

 

まずは第1セット。 

 

第1ゲームは、錦織がストロークで押してラブゲームキープ!

 

第2ゲームは、ハーセのダブルフォルトや錦織のウィナーなどで40-15と2本のブレークポイントが来て、1本返されるもリターンウィナーでブレークに成功!

 

第3ゲームも錦織のストロークが冴え、ラブゲームキープ!

 

第4ゲームでは、ハーセのサービスポイントやドロップショットなどウィナーが決まりキープ。

 

第5ゲームは、錦織の2本のダブルフォルトなどで30-40とブレークポイントを与え、更に3本目のダブルフォルトでハーセにブレークバックされてしまいます。

 

第6ゲームは、ハーセが1本ウィナーを打ったところで、足か膝かを痛めたのか、痛そうにする場面があるも、大丈夫ということで試合が再開されます。

その後ハーセのサービスポイントなどでラブゲームキープ!

 

第7ゲームは、錦織のサービスポイントやウィナーなどでラブゲームキープ!

 

チェンジエンドの時間で錦織はガットを替える指示を主審に伝えています。

 

ここで錦織はラケットを替えます。

 

NEWボールになります。

 

第8ゲームは、 ハーセのサービスポイントなどで難なくキープ。

 

第9ゲームは、錦織のフォアやバックのウィナー、サービスエースなどで難なくキープ。

 

第10ゲームは、ハーセのネットプレーやサービスエースがあるも、錦織のフォアのウィナーなどで40-40に追いつくもハーセがキープ。

 

第11ゲームは、錦織のミスショットが続き0-40と3本のブレークポイントを与え、1本返すもまたミスショットでブレークされてしまいます。

 

第12ゲームは、ハーセのパッシングショットやサービスポイントなどで難なくキープ。

 

第1セットはハーセが5-7で先取しました。

 

f:id:orangemajochie:20180808005744p:plain

 

ここまでの試合時間は40分でした。

Embed from Getty Images

続いて気持ちを切り替えたい第2セット。

 

錦織のサービスからゲームがスタート。

 

第1ゲームは、ハーセのウィナーや錦織のミスなどで15-40と2本のブレークポイントを与え、1本返すもハーセのバックウィナーでブレークされてしまいます。

 

第2ゲームでは、ハーセのサービスポイントなどでラブゲームキープ!

  

第3ゲームでは、錦織のミスショットがあるもサービスポイントやバックウィナーで難なくキープ。

 

第4ゲームは、ハーセがストロークで押すも、錦織のスマッシュなどで押し返し40-40に追いつきます。

錦織が粘り、4度のデュースになるも、最後はハーセのサービスエースでキープ。

 

ここでNEWボールになります。

 

第5ゲームは、錦織のミスショットなどで30-40とブレークポイントを与え、錦織のミスショットでハーセに2つめのブレークを与えてしまいます。

 

チェンジエンドの時間で、しばらくの間、タオルで顔を覆った錦織。

 

第6ゲームは、ハーセのミスショットなどで40-30とブレークポイントが来るも、40-40に追いつかれます。

5度目のデュースを経て、最後はハーセにエースを決められキープ。

 

第7ゲームは、錦織のダブルフォルトなど連続ミスで0-40と3本のマッチポイントを与え

1本返すもブレーク。

 

第2セットもハーセが1-6で取り、セットカウント0-2のストレートでハーセが2回戦進出を決めました。

 

f:id:orangemajochie:20180808013823p:plain

 

トータル試合時間は1時間16分でした。

 

お疲れ様でした。 

Embed from Getty Images

ファーストサーブはどうだった? 

f:id:orangemajochie:20180808022400p:plain

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか? 

 

今日のファーストサーブの確率はトータルで、64と、まずまずでした。

 

ただ第1セットの第5ゲームで3本のダブルフォルトが本当に痛く、あそこで流れが完全に行ってしまいましたよね。

 

ハーセのサーブの入りはそんなに良くなかったですし、ミスも割とありましたが、それでも要所で決めてくるサービスエースや、ダブルスで培ってきたネットプレーが光り、錦織がミスをすればする程、ハーセがどんどん生き返っていくのも目に見えてわかりました。

 

運も流れも完全にハーセに行ってしまい、そのまま今日は返って来なかったんですよね。

 

錦織もブレークバックのチャンスがいくつかありましたが、いずれも決めきれないあたり、今日はまったく持ってなかったです。

 

そういう日はもうお酒でも飲んで、ベッドに包まって早めに寝ちゃった方がいいですね。

 

そして何が良くなかったのか、しっかりコーチと反省し、次に向けて活かして行って欲しいと思います。 

 

錦織の試合後のコメントとは

 

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「ミスが多かった。

(第1セットで)先にブレークしたが、リードを広げていればもう少し楽に進められたかもしれない。

徐々に相手のいいプレーを引き出させてしまった」

 

そうですね。

 

第1セットの第5ゲームで、ダブルフォルト3本を犯してブレークバックされていなければ、あのまま第1セットは取れていたと思うので、そしたら恐らく勝てていたと思います。

 

テニスは本当に1つのプレーで流れがガラリと変わってしまいますから、それを切り替えて取り戻せればまだ良かったのですが、今日の錦織はそれが出来なかったので、敗けに繋がってしまったということですね。

 

まぁこういうこともあるでしょうということで、次の試合に切り替えていくしかないですね。

 

次戦の試合は?

 

錦織の次戦は、8月12日(日)からアメリカ・シンシナティで開幕する、ATP1000マスターズ・ウェスタン&サザンオープンになります。  

  

まぁロジャーズカップで勝ち上がっていけば連戦に次ぐ連戦になるところでしたが、1週間の休みが出来てしまいましたので、上手く調整して欲しいです。

 

シンシナティに期待しましょう。

  

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。    

  

 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

 

スポンサードリンク