錦織圭 エルステバンクオープン2018 準決勝の試合時間が決定!対戦相手はククシュキン

エルステバンクオープン
Sponsored Link

準決勝の試合時間が決定!

エルステバンクオープン6日目。

本日夜、錦織圭の準決勝の試合が行われます。

センターコートの第1試合に組まれましたので、日本時間で本日夜21時に試合開始予定なります。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

今回もリアルタイムで応援したいと思います。

進化した錦織のメンタル

Embed from Getty Images


昨夜行われた錦織の準々決勝は、本当に素晴らしかったですよね。

いくら調子が良いとはいえ、シーズン後半の試合で、ここまで連日の圧勝劇を展開できるとは想像していなかっただけに、すごく嬉しかったです。

特に相手がティエムでしたし、錦織も序盤から高い集中力で試合に入っていったのだと思いますが、蓋を開けてみればこの圧勝劇。

本当に驚きでしたし、脱帽しました。

改めて錦織は、本当に強くなったなと思うわけです。

いや、元々強い選手ではありましたが、ケガをして更に強くなったという印象がありますね。

特に一番進化したと感じるのは、やはりメンタル面ではないでしょうか。

以前(ケガする前)の錦織は、試合に勝つことは出来ても、これほど内容の良いプレーで勝ち続けることは、それ程多くは無かったと記憶しています。

その一つの要因としては、まずはファーストサーブの改良と進化だと思います。

今シーズンケガから復帰後は、フォームをマイナーチェンジして試行錯誤を繰り返し、春くらいの段階では、全然良くない時期もありましたが、ウィンブルドン辺りから、安定してファーストがよく入って来るようになりましたよね。

それによってサービスエースも以前よりも多く取れるようにもなってきています。

ただ錦織は、相変わらずビッグサーバーではありませんし、速くて威力のあるサーブやフォアが打てるというわけではありません。

にもかかわらず、コースを読んだり、より深いボールを打ったり、ライン際ギリギリのダウンザラインなど、錦織の持っている高い技術でしっかりポイントを取ることができるんですよね。

最近は体に負担があるエアケイは、あまり観られなくなってしまいましたが、それでも特に力んだりすることなく、適度に体の力を抜いてスピンを掛けたり、サーブ&ボレーやドロップショットなど、多彩なショットも織り交ぜれば、もう錦織圭の独壇場の出来上がりです。

そういった試合を繰り返し、勝つことで自信を付けていった今シーズン。

その自信が、何より錦織の心を強くしたのではないかと思います。

以前より確実に進化しているであろう錦織の現在のメンタル。

今夜の準決勝もその強い気持ちを持って、是非とも決勝の舞台に勝ち上がって欲しいなと思います。

対戦相手はククシュキン

Embed from Getty Images


今大会第5シードである錦織のエルステバンクオープン準決勝は、世界ランク71位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)と対戦します。


両者は過去7度の対戦があり、錦織の7戦全勝。

最後に対戦したのは、昨年5月に行われたジュネーブオープンでしたが、その時は錦織がストレートで勝っていました。

※その時の記事はこちら↓↓

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

ククシュキンは、けっこう粘り強くプレーしてくるタイプだと思いますし、昨夜の準々決勝も3時間超えの熱戦でも、タイブレークを制しての逆転劇で、準決勝の切符を手にして準決勝に勝ち進んできたわけですから、少しでも隙を見せると、チャンスとばかりに、どんどん良いショットを打ち込んでくる選手だと思います。

ただ過去7戦全勝ということで、対戦の相性は良いとは思いますので、集中力を切らさず、今日も自分のプレーに徹して頑張って欲しいですね。

テレビ放送予定は?


さて、ATP500エルステバンクオープンのテレビ放送ですが、GAORAで生放送!!

※BS朝日は、放送時間はまだ未発表です!

ネット配信では、WOWOWオンデマンド GAORAオンデマンドでPC、タブレット、スマホで視聴できます。

▼WOWOWなら今シーズン残りすべての試合が観れられます▼

錦織の試合を是非皆で応援しましょう!

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

コメント