錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

【速報】錦織圭 ドバイテニス選手権2019 ペール撃破で初戦突破!2回戦の対戦相手は?

スポンサードリンク

ペール撃破で初戦突破!     

 

先程行われた、ドバイテニス選手権の1回戦。

 

今大会第1シードで世界ランク6位の錦織圭が、世界ランク65位のブノア・ペールを、6‐4、6-3のストレートで初戦(1回戦)を突破し、2回戦進出を決めました! 

   

f:id:orangemajochie:20190226224200j:plain

 

おめでとうございます。  

  

ヨッシャー!!

 

まずは初戦を無事に勝ててホッとしました。

  

ドバイは初出場の大会ですし、今日はその初戦ということで、サーフェスやボールの感触など、序盤はアジャスト出来ていない感じもありましたが、ペール相手に初戦をしっかり勝つことが出来ましたから、良かったなと思います。

 

この調子で次戦も頑張って欲しいですね。

手首は大丈夫なのか?

今大会のドバイは、錦織自身初めて出場する大会で、しかも相手はいきなりペール。

 

ということで今日はどんな試合になるのだろうと思っていました。

 

錦織がセンターコートに入場してきて、いきなり右手首にテーピングを巻いてもらう場面が映され、正直びっくり。

 

ここのところ手首を気にする素振りは一切なかったですし、むしろ調子も良い感じで来ていたので、どうしたのか?と心配しましたが、テーピングを巻いてもらって以降は、特に手首を気にすることなく、最後までプレーが出来ていたので、恐らく大丈夫なんだと思います。

 

テーピングはただの予防の意味というだけだったのかも知れませんが、あの場面を見たら、正直ちょっと焦りましたね。

 

特になんでもないことを祈りたいと思います。

 

要所でのポイントを制す

 

さて、実際の試合ですが、序盤はやはり初戦の緊張感なのか、サーフェスやボールに慣れていないからか、フォアのミスがけっこう目立ちましたね。

 

ただ、今日のペールはいつもに比べて、あまりトリッキーなプレーはそれ程出しませんでした。

 

しかもドロップショットの精度も良くなかったですし、ミスもかなり目立ちましたね。

 

今日の一番のターニングポイントになったのは、第1セットの第4ゲームでしょうか。

 

錦織のミスショットなどで40-40になってから、何度もペールにブレークポイントを握られるも、そこをどうにか凌いで、7度のデュースを経てキープしたゲームは、14分以上にも及びましたが、このゲームをキープできたのは相当大きかったと思います。

 

そして今日のペールはというと、少々大人しかったなという印象でしたね。

 

随所で良いショットを打ってはいたのですが、第2セットの第2ゲームで右膝を痛めたようで、終始気にしてはいましたが、とはいえプレーには特に影響もなく、強いショットも打っていましたので、それ程の痛みではなかったのかも知れません。

 

それでもペールは大事なところでのミスショットや、痛恨のダブルフォルトなどが痛かったですね。

 

ということで、錦織はいつもの”らしいプレー”も随所で観られましたし、初出場の初戦にしては、まずまずの出来だったのではないでしょうか。

 

これでどんどん波に乗って勝ち上がっていって欲しいですね。

   

試合の振り返り  

センターコートに予定通り、日本時間午後21時03分頃、白いキャップとオレンジの4色ウェアで錦織圭が入場してきました。

 

今日は風がけっこうあるようです。

  

いきなり入場して、錦織はトレーナーに右手首にテーピングを巻いてもらっています。

 

痛みがあるのか、予防のためか?

 

コイントスに錦織が勝って、レシーブを選びました。

  

ウォームアップ後、ペールのところにもドクターが行って何やら話をしていました。

   

ペールのサービスから試合がスタートします。

 

まずは第1セット。 

 

第1ゲームは、ペールがストロークで攻めてラブゲームキープ。

 

第2ゲームは、錦織のミスショットなどで30-40とペールにブレークポイントを与えるも、ペールのミスで凌ぎ40-40に。

錦織のサービスポイントやストロークで攻めてキープ。

 

第3ゲームは、ペールのミスや錦織がストロークで攻めて40-30とブレークポイントが来て、ペールが痛恨のダブルフォルトを犯し、錦織がブレークに成功!

 

第4ゲームは、錦織の連続ミスなどで30-40とブレークポイントを許すも、凌いで40-40に。

7度のデュースを経て、錦織のウィナーやサービスポイントなどでようやくキープ。

このゲームだけで14分以上かかりました。

 

第5ゲームは、ペールのサービスポイントなどでラブゲームキープ。

 

第6ゲームは、錦織のダブルフォルトなどミスがあるも、サービスポイントやストロークで攻めてキープ。

 

第7ゲームは、ペールのミスがあるも、サービスポイントやストロークで攻めてキープ。

 

ここでNEWボールになります。

  

第8ゲームは、錦織がストロークで攻めて難なくキープ。

 

第9ゲームは、ペールのミスがあるもストロークで攻めてキープ。

 

第10ゲームは、錦織のServing for 1stset.

錦織の連続ミスショットがあるも、そこからストロークで攻めてセットポイントを握ると、ペールは悔しさからラケットを叩きつけました。

そこからネット際のドロップショットでキープ。

 

第1セットは錦織が6-4で先取しました。 

 

f:id:orangemajochie:20190226223559j:plain

 

ここまでの試合時間は49分でした。

続いて第2セット。

 

ペールのサービスからゲームがスタート。

 

第1ゲームは、ペールがサーブ&ボレーなどストロークで攻めてキープ。

 

第2ゲームでは、錦織がストロークで攻めてラブゲームキープ!

 

ペールが右膝を気にしています。

 

第3ゲームでは、ペールがショットを打つたびに右膝を触って気にしています。

ペールがストロークで攻めて難なくキープ。

 

チェンジエンドの時間でも右膝を気にして、トレーナーを呼び、ドクターも来て痛み止めと思われる錠剤を飲みました。

 

試合再開です。

 

第4ゲームは、、錦織がストロークで攻めるも、ミスショットやペールのリターンエースやウィナーなどが決まって40-40に。

錦織のサービスポイントやストロークでキープ。

 

第5ゲームは、ペールのミスショットや錦織のウィナーなどで40-15と2本のブレークポイントが来て、ペールがここでまたもや痛恨のダブルフォルトを犯し錦織がブレークに成功!

  

第6ゲームは、錦織がサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

 

ここでNEWボールになります。

 

第7ゲームは、ペールのサービスポイントやストロークで攻めて難なくキープ。

 

チェンジエンドの時間でペールは汗も拭かず、何も飲んだり食べたりせず、ただボーっとしています。

 

第8ゲームは、錦織のサービスポイントやロングラリーなどストロークで攻めて難なくキープ。

 

第9ゲームは、ペールのダブルフォルトなどのミスで40-15と2本のブレークポイントが来て、

 

第2セットも錦織が6-3で制し、セットカウント2-0で錦織が2回戦進出を決めました。 

 

f:id:orangemajochie:20190226223618j:plain

 

トータル試合時間は1時間21分でした。

 

お疲れ様でした。 

 

ファーストサーブはどうだった?   

f:id:orangemajochie:20190226224100j:plain

 

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか? 

 

今日のファーストサーブの確率はトータルで65と、まぁまぁ良かったと思います。

  

ファーストサーブが入った時のポイント獲得率は、ペールの81%に対し、錦織はトータルで74%ということでペールの方が数字的には上回っていたんですよね。

 

ただセカンドサービスのポイント獲得率を見ると、ペールの40%に対し、錦織は57%ということでここで、多少差が付いたのかなと思います。

 

錦織は序盤はミスもけっこうありましたが、尻上がりに調子を上げ、ペールのミスを引き出し、第2セットは主導権を握っていましたよね。

 

ペールはミスが多かったので、錦織が要所でポイントを取れたことも勝因だったと思います。

 

試合後の錦織のコメントとは

 

試合後の錦織のコメントが入ってきました。

 

「ブノワとプレーするのは簡単ではない。

2-1(第1セットの第4ゲーム)の長かったゲームが鍵だったと思う。

相手はトリッキーでいいバックハンドも持っていたが、いい試合ができた。

この調子でいきたい」

 

とのことでした。

 

やはり14分を要した第1セット、第4ゲームをキープ出来たことは、錦織の中でも大きかったようですね。

 

そうですね、この調子でどんどん勝ち上がっていきましょう。

 

次戦(2回戦)の対戦相手は?

 

錦織の次戦(2回戦)は、世界ランク77位のフベルト・フルカチ(ポーランド)と対戦します。

  

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

2回戦は、日本時間の2/27(水)19時より試合開始予定です。

   

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。  

   

  

 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

 

スポンサードリンク