【速報】錦織圭 ドバイテニス選手権2019 フルセットで2回戦敗退!世界77位に自滅のなぜ?

ドバイテニス選手権
Sponsored Link

フルセットで2回戦敗退!

先程行われた、ドバイテニス選手権の2回戦。

今大会第1シードで世界ランク6位の錦織圭が、世界ランク77位のフベルト・フルカチ(ポーランド)に、5-7、7-5、2-6のフルセットの末、2回戦敗退となってしまいました

f:id:orangemajochie:20190227213054j:plain

残念!

えっ?負けた??

嘘でしょう~???

そんな反応になってしまう程、今日の錦織はなんだか様子がおかしかったですよね。

いったいどうしたというのでしょうか。

世界77位のフルカチ相手に、間違いなく今日は勝てた試合だったと思いますし、実際に途中まで勝っていたのに、まさかまさかの自滅です。(-_-;)

これで錦織の初出場のドバイは閉幕となってしまいました。

大事なところでなぜ自滅?

今日の錦織は本当にどうしたのでしょうか。

錦織のメンタルにいったい何があったのか、本当に最後までよくわからないまま負けてしまったような気がしています。

実際、途中まではいい感じで勝っていましたよね。

フルカチはポーランド人選手ということですが、全豪オープン初戦で対戦したマイクシャクを思い出してしまいました。

マイクシャクはフルカチと同じポーランド人選手でしたよね。

ちょっとした錦織のミスから一転して流れがマイクシャクに行ってしまい、完全にゾーンに入ってしまったという展開でした。

2セットダウンの大ピンチになり、負けを覚悟してからのまさかの大逆転で勝ちに繋げた試合でしたよね。

ただ、マイクシャクの痙攣でチャンスをもらっての勝利という部分もあり、完全勝利だったとは言い難い内容でしたが、その試合を今日は思い出していました。

でもあの時は、結果として逆転して勝てたわけですから、今回も最後には逆転して勝ってくれるだろうと思っていたのです。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

今回初対戦となったフルカチですが、まず第1セットは第8ゲームまではお互い様子見のキープ合戦でしたよね。

しかも錦織は自分のサービスゲームは、ここまで全てラブゲームキープという最高の立ち上がりでしたし、トントン拍子に試合も進んでいきました。

そして試合が動いたのは第9ゲームでした。

錦織が先にブレークして、次の第10ゲームのServing for 1stset.

ここで今まで1ポイントも許してなかったのに、錦織は何のプレッシャーを感じたのか、いきなり2ポイント落とし0-30になり、なんとか30-30に戻すも、自身のダブルフォルトでブレークポイントを許し、一気にブレークされてしまったんですよね。

どうした錦織?と思いましたが、なんとか持ち直してくれると信じていました。

第11ゲームもフルカチにキープされ、第12ゲームの錦織のサービスゲーム。

ここでキープしてタイブレークでなんとか取ってもらおうと思っていたのですが、まさかのラブゲームでブレークという最悪の結果で第1セットを先取されてしまったのです。

この結果に思わず絶句でしたし、思わず放心状態。

それでも気持ちを切り替えて、第2セットはあっさり取ってもらおうと思い、臨んだ第2セットは、幸先良く第1ゲームからブレークを奪い、その後の第3ゲームでも2度目のブレークを奪い、これは楽勝で第2セットは取れるなぁと思っていたのです。

ところがどっこい、第8ゲームのServing for 2ndset.

ここで第1セットと全く同じように、自身のミスで2ポイント先取され、イヤな予感が。

それでもなんとか錦織も粘って40-40に追いつくも、そこから決めきれずに5度のデュースを経て、ブレークバックされてしまったのです。

え?また同じ展開?

ちょっと本当にどうしたのか?と思いましたが、2度のブレークを先にしていたので、次のサービスゲームで決めてもらおうと思っていたのですが、第10ゲームのServing for 2ndsetでも、0-40とラブゲームでブレークバックされ、イーブンに戻されてしまったのです。

え~っ?こんなことってある~???

もうわけわからない状態でしたが、なんとか錦織も意地を見せ、次の第11ゲームをブレークで奪い返し、第12ゲームで3度目のServing for 2ndsetを何とか取り切って、7-5でセットを取り返したのでした。

本当に焦りましたが、なんとか第2セットは取れたので、セット間ブレークでトイレットブレークを取ってしっかり気持ちを切り替え、一気に行ってくれるものと信じていました。

ところが、第3セットの第4ゲームで、またしてもダブルフォルトやミスなどで15-40とブレークポイントを握られてしまい、一気にブレークを先に許し、まさかの劣勢の展開に。

それでもファイナルセットには滅法強い錦織ですから、なんとかブレークバックしてくれると思っていたのですが、最後まで流れを引き寄せることが出来ず、最後もブレークでゲームを取られ敗退となってしまいました。

まぁ率直に一言で言うと、完全にプレッシャーに負けての自滅ですよね。

何のプレッシャーなのか良くわかりませんが、勝ちを目の前にして、気負い過ぎてしまったのでしょうか。

もしかしたらちょっとした感覚のズレだったのかも知れません。

それでも一度相手に行ってしまった流れを、完全に手繰り寄せることが出来ないまま、自身のミスからの自滅。

残念ですが、今日は一切言い訳が出来ないと思います。

今日のフルカチが、全豪のマイクシャクと同等に凄かったというわけではなく、今日は錦織が完全に自滅しての敗戦だったと思います。

勝ってただけに、本当にもったいない敗戦でした。

第1シードが世界77位に敗れる波乱となってしまったドバイ。

なんかめっちゃ悔しいですが、長いシーズン、こういうゲームもありますよね。

残念ですが、この結果を真摯に受け止めたいと思います。(-_-;)

試合の振り返り

センターコートに予定通り、日本時間午後19時04分頃、白いキャップと白の4色ウェアで錦織圭が入場してきました。

気温は26度、湿度30%、上空は晴れ。

日差しが暑そうです。

コイントスに錦織が勝って、いつものようにレシーブを選びました。

フルカチのサービスから試合がスタートします。

まずは第1セット。

第1ゲームは、フルカチのサービスポイントやストロークで攻めて難なくキープ。

第2ゲームは、錦織のサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第3ゲームは、フルカチがストロークで攻めるも、ミスショットなどで錦織が40-40に追いつきます。

フルカチがストロークで攻めてキープ。

第4ゲームは、錦織のサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第5ゲームは、錦織がストロークで攻めて40-15と2本のブレークポイントが来るも、サービスで2本凌がれ40-40に。

錦織のミスやフルカチが攻めてキープ。

第6ゲームは、錦織のサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第7ゲームは、錦織がストロークで攻めてるも、フルカチのサービスポイントなどに押されキープ。

ここでNEWボールになります。

第8ゲームは、錦織がストロークで攻めてラブゲームキープ!

第9ゲームは、フルカチのミスや錦織がウィナーなどストロークで攻めて40-30とブレークポイントが来て、一気にブレークに成功!

第10ゲームは、錦織のServing for 1stset.

錦織のファーストが入らず、連続ミスで0-30になるも、フルカチのミスや錦織のストロークで30-30に。

そこから錦織が痛恨のダブルフォルトで30-40とブレークポイントを与えてしまい、そこからフルカチに攻められてブレークされてしまいます。

第11ゲームは、フルカチがストロークで攻めて難なくキープ。

第12ゲームは、錦織のダブルフォルトなどミスショットや、フルカチに攻められ0-40と3本のブレークポイントを与えてしまい、一気にブレークされてしまいました。

第1セットは、フルカチが5-7で先取しました。

f:id:orangemajochie:20190227200131j:plain

ここまでの試合時間は41分でした。

気持ちを切り替えたい第2セット。

フルカチのサービスからゲームがスタート。

第1ゲームは、錦織がストロークで攻め、ロングラリーを制し40-15と2本のブレークポイントが来て、1本戻されるも攻めてブレークに成功!

第2ゲームでは、錦織のダブルフォルトなどのミスで0-30になるも、そこから冷静にストロークで攻めてキープ。

第3ゲームは、フルカチのミスショットなどで40-15と2本のブレークポイントが来て、1本ボレーで戻されるも、錦織がドロップショットで2度目のブレークに成功!

第4ゲームは、錦織がサービスポイントなどでラブゲームキープ!

第5ゲームは、フルカチのサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第6ゲームは、錦織のミスショットがあるもストロークで攻めてキープ。

第7ゲームは、フルカチのミスショットがあるも、ストロークで攻めてキープ。

第8ゲームは、錦織のServing for 2ndset.

フルカチのウィナーや錦織のミスで0-30に。

そこから冷静にストロークで攻めるも40-40に追いつかれます。

5度のデュースを経て、フルカチに攻められブレークバックを許します。

第9ゲームは、フルカチのサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第10ゲームは、錦織の2度目のServing for 2ndset.

錦織の連続ミスで0-40で3本のブレークポイントを与えてしまい、最後もフルカチのウィナーで一気にブレークバックされイーブンに戻されてしまいます。

第11ゲームは、フルカチのミスショットなどで40-30と錦織にブレークポイントが来て、一気にブレークに成功!

第12ゲームは、錦織の3度目のServing for 2ndset.

錦織のウィナーなどエアーケイも飛び出し難なくキープ。

第2セットは錦織が7-5で取りました。

f:id:orangemajochie:20190227215759j:plain

ここまでの試合時間は1時間31でした。

ここで錦織はトイレットブレークを取ります。

勝負のファイナルセット。

フルカチのサービスからゲームがスタート。

第1ゲームは、フルカチのミスがあるも、サービスポイントやストロークで攻めてキープ。

第2ゲームは、錦織がストロークで攻めて難なくキープ。

第3ゲームは、フルカチがストロークで攻めて難なくキープ。

第4ゲームは、錦織のダブルフォルトなどのミスやアンラッキーなコードボールで15-40と2本のブレークポイントを与え、一気にブレークされてしまいます。

第5ゲームは、錦織のミスやフルカチフルカチのミスで40-40に追いつきます。

錦織のショットはロングで思わずラケットを投げつけます。

最後はフルカチのエースでキープ。

第6ゲームは、錦織のミスショットがあるも、なんとかサービスやストロークで攻めてキープ。

第7ゲームは、フルカチのサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第8ゲームは、錦織の連続ミスショットやフルカチの連続ダウンザラインで15-40と2本のマッチポイントを与えてしまいます。

最後も錦織のミスでブレークされてしまいました。

ファイナルセットもフルカチが2-6で勝ち、セットカウント1-2でフルカチが準々決勝進出を決めました。

f:id:orangemajochie:20190227215846j:plain

トータル試合時間は2時間3分でした。

お疲れ様でした。

ファーストサーブはどうだった?

f:id:orangemajochie:20190227211944j:plain

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか?

今日のファーストサーブの確率は、フルカチの74%に対し、トータルで61でした。

特に第1セットは38%ということで、これ程までに悪い数字はここ最近ではなかったですよね。

そこから第2セットで66%、ファイナルセットで81%に戻せたのは良かったのですが、第1セットだけ見たら、どうなることかと思いました。

ファーストサーブが入った時のポイント獲得率は、フルカチの65%に対し、錦織はトータルで61%

セカンドサービスのポイント獲得率を見ると、フルカチの58%に対し、錦織は53%ということで、大差があったわけではないんですよね。

ただ今日の錦織はとにかく大事なポイントでギアを上げることが出来ず、痛恨のダブルフォルトなどミスも多く、そういったことが引き金となって負けてしまったような気がします。

とにかく勝てる試合だったと思いますし、実際途中まで勝ってた試合だったから余計になんだか、悔しい思いがいつもより倍増しますが、まぁしょうがないですね。

この悔しさを胸に、よく反省して頂き、次の試合に活かして頂きたいですね。

錦織の敗戦の弁とは

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「ファーストサーブが大事な時に入らなかったのが、一番リズムが崩れる要因になった。

相手がいいプレーをし、自分は完璧なプレーはできなかった」

次戦の試合予定は?

錦織の次戦の試合予定は、3月7日(木)からアメリカ・インディアンウェルズで開幕する『ATP1000BNPパリバオープン』になります。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

10日以上空きますので、上手く調整して今シーズン初のマスターズに備えて欲しいなと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

コメント