錦織圭試合結果速報!

グランドスラム制覇、世界ランキング1位を目指して、世界の舞台で活躍する日本テニス界のスター錦織圭選手の試合やニュースを随時速報していきます。

【速報】錦織圭 BNLイタリア国際(ローマ)2019 ストレートでシュワルツマンに屈しベスト8敗退

スポンサードリンク

ストレートでベスト8敗退!      

 

先程行われた、BNLイタリア国際の準々決勝。

 

今大会第6シードで世界ランク6位の錦織圭が、世界ランク24位のディエゴ・シュワルツマンに、4-6、2-6のストレートで屈し、準々決勝敗退となってしまいました。 

    

f:id:orangemajochie:20190517222004j:plain

 

残念!! 

 

あ~、負けてしまいました~・・・。

 

まぁあれだけミスが多いんじゃ、どうしようもないですね。

 

できればもう少し頑張って欲しかったです。

 

残念ですが、これで錦織のBNLイタリア国際2019は閉幕となってしまいました。 

あと一歩も集中力持続せず

 

ちょっと今日の錦織はミスが多すぎでした。

 

第1セット序盤からミスのオンパレード。

 

これは昨日のダブルヘッダーが影響しているのか?など心配しながら観ていました。

 

実際第1セットは、自身のサービスゲームを1つもキープできず、0-5となった時には、さすがにもう終わったと思いました。

 

でもせめて1ゲームくらいキープして欲しいと祈っていた第6ゲーム。

 

このゲームでフットワークの軽さや、サーブ&ボレーなどを見せ、難なくキープできたのです。

 

これで勢いに乗ってきたのか、このゲーム含めて4ゲーム連取!

 

シュワルツマンには、2度のブレークをされていましたので、さすがにもう挽回することは出来ないと思っていたのですが、本当にまさかまさかの展開に、嬉しさと、錦織の底力を感じました。

 

動きも良くなり、ミスショットも減り、もう完全に錦織にエンジンがかかった状態になったのです。

 

錦織が完全に息を吹き返したかのように見えましたが、それはどうやら第9ゲームまでだったのでした。

 

これなら逆転で第1セットも取れるだろうと思った第10ゲームのサービスゲーム。

 

錦織にまたフォアのミスが出始め、結局セットポイントを与えて勝負あり。

 

詰めの甘さを露呈してしまいました。

 

ここまで追い上げたのなら、出来ればもう少し頑張って欲しかったんですけど、最後まで集中力が持続しなかったようです。

 

それでも昨日の試合のように、逆転でフルセット勝利の可能性もまだあります。

 

第1セットではあと一歩及ばなかったですが、それでもここまで追い上げられたのですが、その流れを第2セット以降にも繋げて欲しいと思っていたのですが、第2セットは第1セット序盤に逆戻り。

 

またミスを増やし、その後は最後まで錦織に流れが来ることはありませんでした。

 

残念ですが、2年連続でベスト8敗退です。

 

ミス連発の背景は疲労?

 

今日の敗因は、昨日のダブルヘッダーでの蓄積疲労が原因だったのでしょうか。

 

確かに昨日は、めっちゃくちゃタフだったと思いますし、疲労も当然残っていたとは思います。

 

仮にフィジカルコンディションに問題があったとしても、やはりもう1歩踏み込めない自信のなさがミスを引き起こし、こういう結果に繋がったのかなと思いました。

 

ひとつ気になったのは、第1セット終了時にベンチで右手首に触れ、少し抑えるようなしぐさをしていたんですね。

 

また痛みが再発していなければ良いのですが、どうなんでしょうか。

 

いずれにしても今回の敗戦は、受け入れるしかないですし、実際全仏前に無理は出来ないですからね。

 

ただ、2年連続でベスト8まで勝ち上がれたことは良かったと思います。

 

まぁ若干物足りなさはありますが、これで全仏前の前哨戦は終了となりました。

   

試合の振り返り  

 

今日のローマは晴れ。

  

日本時間で20時30分に、白いバンダナといつものウェアで錦織圭がグランドスタンドコートに入場してきました。

 

コイントスに錦織が勝って、レシーブを選びました。

      

ウォームアップ後、試合がスタートします。

 

シュワルツマンのサービスで試合がスタート。

 

まずは第1セット。 

 

第1ゲームは、錦織のウィナーが決まるも、シュワルツマンがストロークで攻めてキープ。

 

第2ゲームは、錦織のミスショットなどで15-40と2本のブレークポイントを与えるも、40-40に戻します。

3度のデュースを経て、錦織のミスショットでいきなりブレークされます。

 

第3ゲームは、シュワルツマンのミスショットや錦織のウィナーがあるも、シュワルツマンがストロークで攻めてキープ。

 

第4ゲームは、錦織のミスショットやシュワルツマンのウィナーなどで15-40と2本のブレークポイントを与えてしまいます。

フォアのミスで一気に2度目のブレークされてしまいます。

 

第5ゲームは、シュワルツマンのミスショットがあるも、ストロークで攻めてキープ。

 

第6ゲームは、錦織のサービスポイントやサーブ&ボレーなどストロークで攻めて難なくキープ。

 

第7ゲームは、シュワルツマンのServing for 1stset.

シュワルツマンのミスや錦織のリターンエースなどで40-15と2本のブレークポイントが来て、錦織がリターンエースを決めてブレークに成功!

 

ここでNEWボールになります。

 

錦織はラケットを替えます。

  

第8ゲームは、錦織がウィナーやボレーなど、ストロークで攻めてラブゲームキープ!

 

第9ゲームは、シュワルツマンの2度目のServing for 1stset.

シュワルツマンのダブルフォルトなどのミスなど40-30と錦織にブレークポイントが来るも、ウィナーで40-40に戻されます。

錦織がストロークで攻めてブレークに成功!

 

第10ゲームは、錦織の連続ミスショットなどで30-40とセットポイントを与えるも、40-40に戻します。

錦織のミスが重なり、シュワルツマンがブレーク!

 

第1セットはシュワルツマンが4-6で先取しました。

  

f:id:orangemajochie:20190517215310j:plain

 

ここまでの試合時間は46分でした。

 

 

シュワルツマンがトイレットブレークを取ります。

 

ここで錦織はベンチで休憩しながら、右手首を少し抑えるしぐさを見せました。

 

続いて第2セット。

 

シュワルツマンのサービスからゲームがスタート。

 

第1ゲームは、シュワルツマンがストロークで攻めてラブゲームキープ!

 

第2ゲームは、錦織がストロークで攻めてキープ。

 

第3ゲームは、シュワルツマンがストロークで攻めて難なくキープ。

  

第4ゲームは、錦織がストロークで攻めて難なくキープ。

 

第5ゲームは、シュワルツマンのミスが続き、40-40に追いつくも、シュワルツマンがストロークで攻めてキープ。

  

第6ゲームは、錦織のダブルフォルトなどのミスや、シュワルツマンのウィナーで0-40と3本のブレークポイントを与えてしまいます。

1本返すもブレークされてしまいます。

 

第7ゲームは、シュワルツマンがウィナーなどストロークで攻めて難なくキープ。

 

第8ゲームは、錦織のミスショットが重なり40-40に追いつかれます。

2度のデュースを経て、最後は錦織のダブルフォルトでブレーク!

  

第2セットも、シュワルツマンが2-6で取り、セットカウント0-2でシュワルツマンがベスト4進出を決めました。

 

f:id:orangemajochie:20190517221010j:plain

 

トータル試合時間は1時間27でした。

   

お疲れ様でした。 

 

ファーストサーブはどうだった?     

f:id:orangemajochie:20190517221151j:plain


錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか? 

 

今日のファーストサーブの確率は、シュワルツマンの62%に対し、錦織はトータルで65ということで、割と良かったんですよね。

   

ファーストサーブが入った時のポイント獲得率は、トータルで59%で、シュワルツマンは67と、ここはシュワルツマンの方がやはり上回っていました。

   

また、セカンドサービスは、錦織がトータルで33%で、シュワルツマンは55ということで、ここで差が出てしまいました。

 

とにかく今日の敗因は錦織のミスに尽きます。

 

特にフォアハンドのミスが痛かったなぁと思いました。

 

数字もシュワルツマンの12に対し、錦織は倍の24ものミスを犯したわけですからね。

 

昨日の試合でもミスはありましたが、それでも試合の中できっちり修正してきていましたし、それで結果的に試合に勝ってきたわけです。

 

でも今回は、最後まで修正できずに負けてしまいました。

 

この反省を活かしていくしかないですね。

 

もうすぐそこまで全仏は来ているのですから。

 

錦織の敗戦の弁とは

 

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

 

「勢いをつかめそうなタイミングを逃した。

シュワルツマンは間違いなくいいプレーをしていた。

もし(第1セットの)5-4の時にゲームを取れていたら、状況を変えられただろう。でも彼はフォアとバック共に攻撃的なプレーをし、とても強かった。

いいプレーがまだ続かない」

 

確かにシュワルツマンの今日のプレーは、いつもよりアグレッシブでしたし、良かったとは思いますが、錦織程ではないにせよミスもそれなりにありましたし、いくらでも突け入る隙はあったはず。

 

それを取り切れなかったのは、今の錦織の現状を物語っていると思います。

 

中々良いプレーが続かない・・・というのは、やはり強い気持ちと、高い集中力が不足しているからなのではないか思いました。

 

次戦の試合は?

 

錦織の次戦の試合は、いよいよグランドスラム・全仏オープンになります。

  

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

 

開幕まであと10日程ありますので、それまでしっかり休養と、調整に充てて、万全の状態でローランギャロスに乗り込んで来てほしいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事がお役に立てたなら幸いです。

 

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。  

 

 

スポンサードリンク