【速報】錦織圭 ウィンブルドン2019 フェデラー撃破ならず!逆転でベスト8敗退

フェデラー

スポンサードリンク



スポンサードリンク



逆転でベスト8敗退!

先程行われた、ウィンブルドン準々決勝。

今大会第8シードで世界ランク7位の錦織圭が、第2シードで世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)に、6-4、1-6、4‐6、4‐6の4セットの逆転でフェデラーに敗れ、準々決勝敗退を喫してしまいました!

f:id:orangemajochie:20190711022558p:plain

残念!

う~む、負けちゃいましたね~。

第1セットは第1ゲームでいきなりブレークするなど、勢いに乗れるかと思ったのですが、さすが芝の皇帝・フェデラーの壁は、想像以上に分厚く大きいものでした。

ここまで頑張って勝ち上がってきましたが、今年もベスト8で錦織のウィンブルドン、今年のグラスコートシーズンは、閉幕となってしまいました。

フェデラーの壁崩せず

今日は、フェデラー相手にどこまで食い下がれるかと期待していました。

実際、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークした時は、さすがに痺れましたし、フェデラーも意外に緊張してたのか、最初は動きも硬くてミスも多く、錦織のバックハンドのリターンを警戒してか、今日はダブルフォルトも多かったですよね。

フェデラーと言えども、恐らくプレッシャーを感じていたのかも知れません。

第1セットを錦織がしっかり取り切った時には、さすがに今日は錦織が勝てるのか?と期待感でいっぱいだったのですが、ウィンブルドンでの優勝回数歴代NO.1のフェデラーは、やはりそう簡単な相手ではありませんでした。

第2セット以降は、フェデラーがしっかり修正し、主導権を完全に握られてしまいましたから。

フェデラーのスイングスピードはかなり速いですし、ポイントを取るのも早く、あっという間に試合が進んでいきました。

錦織も今日は、ある程度の余力を残して迎えた準々決勝でしたし、記者会見でも勝てると思うと語っていた通り、ある程度の自信はあったのだと思います。

それが第2セット以降は、フェデラーのサーブやネットプレーで主導権を握られ、錦織はミスがどんどん増え、逆にフェデラーには走らされたり、ストロークで翻弄され、為す術がなくなってしまったんですよね。

それでも、今日の錦織は良く頑張ったと思います。

もちろん出来れば勝ちたかったですが、まぁしょうがないです。

第1セット取れただけでも見せ場は作れたのかなと思いました。(^_^;)

一方のフェデラーは、この試合の勝利で、ウィンブルドン100勝目を達成したわけですね。

凄いなぁと改めて思いました。

結局、準決勝進出を決めたのは、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルのBIG3と、バウティスタアグートが初のベスト4入りとのこと。

まだまだBIG3の勢いは健在ですね。

錦織も頑張りはしましたが、芝での戦い方を十二分に理解しているフェデラーの方が、今日はやはり一枚上手だったということです。

残念でしたが、ウィンブルドン、グラスコートシーズン、お疲れ様でした。

試合の振り返り

今日のロンドンは、雲が多めの晴れ。

気温は25度ですが、今日も過ごしやすい天候のようです。

日本時間の午後11時38分に、白いバンダナ、白いパーカーと上下のウェアで錦織圭とフェデラーが、センターコートに入場してきました。

ユニクロ対決になります。

コイントスにフェデラーが勝って、サーブを選びました。

ウォームアップ後、試合がスタート。

フェデラーのサービスから試合がスタート。

まずは第1セット。

第1ゲームは、錦織のリターンエースが2本決まるなど40‐15と2本のブレークポイントが来て、いきなりブレークに成功!

第2ゲームは、フェデラーのバックウィナーやリターンエースが決まるも、錦織のサービスポイントなどでキープ。

第3ゲームは、フェデラーのダブルフォルトなどのミスや、錦織のウィナーで40‐0と3本のブレークポイントが来ます。

フェデラーのサービスポイントやストロークで3本戻され40‐40に。

フェデラーのサービスポイントなどでキープ。

第4ゲームは、錦織のミスショットがあるも、ストロークで攻めてキープ。

第5ゲームは、錦織のリターンエースやロブショット、フェデラーのダブルフォルトもあり、40‐30とブレークポイントが来るも、エースで40‐40に。

2度のデュースを経て、フェデラーのサービスポイントでキープ。

第6ゲームは、錦織のミスショットなどで40‐40に追いつかれます。

2度のデュースを経て、錦織がストロークで攻めてキープ。

第7ゲームは、フェデラーがストロークで攻めてラブゲームキープ!

ここでNEWボールになります。

第8ゲームは、錦織のミスショットやフェデラーのリターンエースなどで40‐40に。

2度のデュースを経て、錦織が攻めてキープ。

第9ゲームは、フェデラーのサービスポイントなどで難なくキープ。

第10ゲームは、錦織のServing for 1stset.

フェデラーのスマッシュ、錦織がサーブ&ボレーなどストロークで攻めてキープ。

第1セットは錦織が6‐4で先取しました。

f:id:orangemajochie:20190711005427p:plain

ここまでの試合時間は44分でした。

ここで錦織はウェアを着替えます。

続いて第2セット。

フェデラーのサービスからゲームがスタート。

第1ゲームは、フェデラーのサービスポイントやドロップショットなどで難なくキープ。

第2ゲームは、錦織のミスショットなどで0‐40と3本のブレークポイントを与えてしまいます。

フェデラーのウィナーでブレークされてしまいます。

第3ゲームは、フェデラーの速い攻撃とストロークでラブゲームキープ!

第4ゲームは、錦織のミスショットがあるも、サービスポイントやストロークで攻めてキープ。

第5ゲームは、フェデラーがサービスポイントやストロークで攻めてラブゲームキープ!

第6ゲームは、錦織のミスショットなどで15‐40と2本のブレークポイントを与えてしまいます。

錦織のミスで2度目のブレーク!

ここでNEWボールになります。

第7ゲームは、フェデラーのServing for 2ndset.

ラッキーなコードボールがあるも、フェデラーのサービスポイントなどでキープ。

第2セットは、フェデラーが1‐6で取りました。

f:id:orangemajochie:20190711005545p:plain

ここまでの試合時間は1時間06分でした。

ここで錦織はトイレットブレークを取ります。

続いて気持ちを切り替えたい第3セット。

錦織のサービスからゲームがスタート。

第1ゲームは、フェデラーのリターンエースや錦織のミス、ストロークなどで40‐40に追いつかれます。

4度のデュースを経て、錦織がサービスポイントでキープ。

第2ゲームは、フェデラーのサービスポイントなどで難なくキープ。

第3ゲームは、錦織のミスやフェデラーのウィナーがあるも、サービスポイントでキープ。

第4ゲームは、錦織のリターンエースがあるも、フェデラーのサービスポイントやストロークで難なくキープ。

第5ゲームは、フェデラーのウィナーがあるも、錦織のバックハンドでリズムを戻してキープ。

第6ゲームは、フェデラーのダブルフォルトがあるも、サービスポイントなどで難なくキープ。

第7ゲームは、フェデラーのショットが深く、錦織のミスショットを誘い、15‐40と2本のブレークポイントを与えてしまいます。

錦織がロングラリーとエースで40‐40に戻します。

4度のデュースを経て、フェデラーのウィナーでブレークされてしまいます。

第8ゲームは、フェデラーのサービスポイントなどでラブゲームキープ!

第9ゲームは、錦織のサービスポイントなどで難なくキープ。

ここで錦織はウェアを着替えます。

第10ゲームは、フェデラーのServing for 3rdset.

錦織の連続ウィナーやリターンエースで40‐30とブレークポイントが来るも、40‐40に戻されます。

2度のデュースを経て、フェデラーのウィナーでキープ。

第3セットもフェデラーが4‐6で取りました。

f:id:orangemajochie:20190711014214p:plain

トータル試合時間は1時間54分です。

続いて絶対に負けられない第4セット。

錦織のサービスから試合がスタート。

第1ゲームは、フェデラーのウィナーなどで0‐30になるも、落ち着いて連続ウィナーを奪うも、30‐40とブレークポイントを与えてしまいます。

サービスで40‐40に戻します。

サービスポイントでキープ。

第2ゲームは、フェデラーのミスショットがあるも、サービスポイントでキープ。

第3ゲームは、フェデラーのウィナーや錦織のミスで30‐40とブレークポイントを与えてしまうも、すぐに40‐40に戻します。

2度のデュースを経て、錦織のサービスポイントでキープ。

第4ゲームは、フェデラーのサービスポイントなどで難なくキープ。

第5ゲームは、フェデラーのウィナーなどで15‐40と2本のブレークポイントを与えてしまいます。

ネットプレーとサービスで40‐40に戻します。

2度のデュースを経て、錦織がキープ。

第6ゲームは、フェデラーのサービスポイントなどで難なくキープ。

ここでフェデラーはラケットを替えます。

第7ゲームは、錦織のダブルフォルトがあるも、サービスポイントや、ウィナーなどで攻めてキープ。

第8ゲームは、錦織のウィナーがあるも、フェデラーのサービスポイントなどでキープ。

第9ゲームは、錦織のダブルフォルトなどのミスで15‐30になったところで、錦織はラケットを替えます。

錦織のミスで、15‐40と2本のブレークポイントを与えてしまいます。

1本戻すも、錦織のミスでブレークされてしまいます。

第10ゲームは、フェデラーのServing for match.

フェデラーのサービスポイントなどでラブゲームキープ!

第4セットもフェデラーが4‐6で取り、セットカウント1‐3でフェデラーが準決勝進出を決めました。

f:id:orangemajochie:20190711022500p:plain

トータル試合時間は2時間36分でした。

お疲れ様でした。

ファーストサーブはどうだった?

f:id:orangemajochie:20190711025207j:plain

錦織自身も課題として挙げているファーストサーブですが、今回の調子はどうだったのでしょうか?

今日のファーストサーブの確率は、4セットトータルで、なんと57ということで、ここ4試合に比べると、一番低い確率でしたね。

というか、ポイント獲得率も、ネットポイントなども全てフェデラーが上回っていました。

錦織は、何度もブレークポイントを握られながらも、しっかりセーブして守り切り、サービスゲームをキープしていましたが、第2セット以降は、甘く入ったセカンドサーブを強打されたりなど、完全に戦略を読まれていたと思います。

4セットで2時間半以上でしたが、なんとなくあっという間に終わってしまったようにも感じました。

錦織の敗戦の弁とは

錦織の試合後のコメントが入ってきました。

「焦ってしまった。

先にブレークできそうという光が2セット目以降、見えなかった。

1セット目はリターンが合っていました。

徐々に彼(フェデラー)のファーストサーブの確率が上がって、リターンゲームではほぼチャンスがなかった。

2セット目以降は苦しかったです。

タイミングが合わなくなってきた。

自分のファーストサービスの確率が低かった。

どのゲームもプレッシャーを感じながらやっていた。

出し切りましたけど、自分のプレーが継続できなかった」

とのことでした。

こういう大事な時にファーストが中々入らなかったり、ミスが多かったりというのが残念でしたが、それ以上に、フェデラーが第2セット以降修正してしまってからは、いずれにしても難しかったのかなと思います。

芝のフェデラー、恐るべし!

切り替えて、夏のハードコートシーズンに期待したいと思います。

次戦の試合予定は?

さて、錦織の次戦は、7月29日(月)からアメリカ・ワシントンD.C.で開幕するATP500シティオープンになります。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

まだ大会までに2週間以上ありますので、まずはゆっくり休養して、ハードコートシーズンに向けて、しっかり調整して欲しいなと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

ツイートやいいね!をして頂けると、もっと嬉しいです。

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

www.xn--8dsoxh92gv4owod.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました